起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

BUSHIがKUSHIDAを「存在感」で上回った記念すべき日|新日本プロレス

f:id:seki77:20170628083426p:plain

 

2017.6.27 東京・後楽園ホールで行われた「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」KUSHIDA vs BUSHI。

 

puroresu.hatenablog.com

 


結果、KUSHIDAの勝利で終わり初防衛に成功したが、終始、会場から聞こえる声はBUSHIが圧倒した。


つまり、BUSHIがKUSHIDAを超えた日である。

 

 


BUSHIは、「ベスト・オブ・スーパージュニア24」の開幕前のインタービューでこのように答えている。


一部抜粋・・・

 

――以前からBUSHI選手は、「マスクマンとして、ライガー、タイガーを超える」というコメントを出してきました。

 

BUSHI そこはシングルで勝ってこそ、「超えた」っていう言葉が言えると思うんです。でも、その「超える」って言葉には、試合だけじゃなくて存在感も含まれると思うんで。

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 


存在感・・・


昨日の後楽園ホール大会、東京でタイトル戦ではあるが「1,544人」の観客が集まった。

 

この数字は、2017.5.29 東京・後楽園ホール大会「ベスト・オブ・スーパージュニア24」KUSHIDA vs 田口隆祐の「1,311人」よりも多い数字だ。


それでいて、平日。


この数字・・・チャンピオンでメインを張ったKUSHIDAの功績だが、歓声で勝ったのはBUSHI。


つまり、BUSHIの戴冠を見たくて会場にお客様が多く来場したと考えるのがセオリーではないか。


まぁ、チャンピオンにヘイトが集まるのは、ある意味チャンピオンの役目でもあるが、きっと、最後は「エンセリオ、マジで!」を大合唱したかったお客様が多かったのではないかと。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


高橋ヒロムの介入、毒霧と・・・ある意味、正々堂々と闘うということで言えばかけ離れているかもしれない。でも、それでもお客様が集まるのであれば・・・歓声がもらえるのであれば間違ったことではない。

 

 

BUSHIに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

柴田勝頼選手が「同名半盲」について情報を求めています。|日記「REAL TALK」2017.6.28更新|新日本プロレス

f:id:seki77:20170426065055p:plain

 

2017.6.28に更新された柴田勝頼選手の日記「REAL TALK」に書かれていたこと、私なりに府に落とし書きたいと思います。


前回までの感想記事はこちら

 

2017.6.28 更新 柴田勝頼選手の日記「REAL TALK

前回の日記で、なぜ、病名「同名半盲」と打ち明けたのか?

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


それは、今行っている治療で「手応え」があったから。もし、手応えがなければずっと伏せていた。


さらに、こんな理由もあるそうです。


病名「同名半盲」と打ち明けることで情報を頂きたい。

 

 


今回の日記で、柴田勝頼選手が「同名半盲」について情報を求めています。

 

  • 克服した方。
  • 少しでも良くなった方。

 


また・・・

 

  • 効果的な治療法やリハビリのやり方など・・・

 


何でもいいので情報を求めています。


メッセージはこちらまで。


プロレス/格闘技DX(プロ格)はマット界の情報を完全網羅!

 

【感想と追記】

こんなことを私の立場から申してもいいのか?分かりませんが、おそらく、「プロ格」さんのサイトは有料でメッセージも会員しか送れないと思います。


なので、会員ではない人が、素晴らしい情報を持っていても柴田勝頼選手にメッセージを送ることはできないと思う。


だから、もし、会員じゃない人でも何かしらの情報をお持ちの方がいましたら、当ブログコメント欄に書き込んでください。私が当ブログのコメントを「柴田勝頼選手」に送りたいと思います。


※何かしらのトラブルや不具合が出てきた場合はすぐに止めますのでよろしくお願い申し上げます。


※当ブログに寄せられたコメントは「誹謗・中傷」出ない限り、すべて認証し、誰からでも見える形にします。読まれたくない人は書き込まないでください、また、直接メッセージを送ってください。

 

※どのような形で柴田勝頼選手にメッセージを送るのか?当ブログ記事「URL」を送ります。そして、「コメント欄を読んでください (簡略)」と送らせていただきます。なので、柴田勝頼選手が「必ず」読んでくれるかは分かりません。「必ず」読んでほしい方は、直接、柴田勝頼選手に「プロ格」さんと通してメッセージを送ってください。

 

なぜ、私が「URL」を送るのか?直接コメントを送らないのか?それは、私自身が「同名半盲」の知識がないためです。どんなにちっちゃな情報でも柴田勝頼選手が読んで役に立つのであればいいわけで、私が決めることは出来ません。なので、「URL」を送ることで、良し悪し出来るかと・・・

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧 

 

※初見の方は、「関連記事一覧」から順番に読んでください。最新は、当記事になります。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

柴田勝頼 関連記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

2017年「G1 クライマックス27」出場選手・ブロック分け・各会場の対戦カード発表|新日本プロレス

f:id:seki77:20170620183429p:plain

 

2017年7月17日 (月)〜 2017年8月13日 (日)に行われる「G1クライマックス27」の出場選手が6月20日(火)に発表され、ブロック分けが6月26日(月)。また、各大会公式戦及び各会場の対戦カードが6月27日(火)に発表される。

 

6月27日(火)各大会公式戦及び各会場の対戦カード発表!

 

puroresu.hatenablog.com

 

2017年7月17日(月) ※開幕戦 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる

 

 

 

 

2017年7月20日(木) 東京・後楽園ホール

 

 

 

 

2017年7月21日(金) 東京・後楽園ホール

 

 

 

 

2017年7月22日(土) 東京・後楽園ホール 

 

 

 

 

2017年7月23日(土) 東京・町田市立総合体育館

 

 

 

 

2017年7月25日(土) 福島・ビッグパレットふくしま

 

 

 

 

2017年7月26日(火) 宮城・仙台サンプラザホール

 

 

 

 

2017年7月27日(木) 新潟・アオーレ長岡

 

 

 

 

2017年7月29日(土) 愛知・愛知県体育館

 

 

 

 

2017年7月30日(日) 岐阜・岐阜産業会館

 

 

スポンサーリンク
 

 

2017年8月1日(火) 鹿児島・鹿児島アリーナ

 

 

 

 

2017年8月2日(水) 福岡・福岡市民体育館

 

 

 

 

2017年8月4日(金) 愛媛・アイテムえひめ

 

 

 

 

2017年8月5日(土) 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪

 

 

 

 

2017年8月6日(土) 静岡・アクトシティ浜松

 

 

 

 

2017年8月8日(火) 神奈川・横浜文化体育館

 

 

 

 

2017年8月11日(金) 東京・両国国技館

 

 

 

 

2017年8月12日(土) 東京・両国国技館

 

 

 

 

2017年8月13日(日) 東京・両国国技館 (優勝決定戦)

 【A】ブロック覇者 vs 【B】ブロック覇者

 

youtu.be

 

スポンサーリンク
 

 

6月26日(月):「G1クライマックス27」ブロック分け発表!※更新済み

 

Aブロック

 

Bブロック

 

 

  

6月20日(火):「G1クライマックス27」出場選手発表!

 

【新日本プロレス・試合結果速報 2017.6.20 後楽園・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合:ロス・インゴ vs タグチ・ジャパン】他~

 

youtu.be

 

  1. 棚橋弘至【本隊】IWGPインターコンチネンタル王座
  2. 真壁刀義【本隊】
  3. マイケル・エルガン【本隊】
  4. オカダ・カズチカ【CHAOS】IWGPヘビー級王座
  5. 後藤洋央紀【CHAOS】
  6. 石井智宏【CHAOS】
  7. 矢野通【CHAOS】
  8. YOSHI-HASHI【CHAOS】
  9. ケニー・オメガ 【バレットクラブ】
  10. バッドラック・ファレ【バレットクラブ】
  11. タマ・トンガ【バレットクラブ】
  12. 内藤哲也【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
  13. SANADA【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
  14. EVIL【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
  15. 小島聡【本隊】
  16. 永田裕志【本隊】
  17. ジュース・ロビンソン【本隊】
  18. 鈴木みのる【鈴木軍】※NEVER 無差別級王座
  19. ザック・セイバーJr【鈴木軍】
  20. 飯伏幸太

 

 

各ユニット出場選手数 

  • 【本隊】6人
  • 【CHAOS】5人
  • 【バレットクラブ】3人
  • 【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】3人
  • 【鈴木軍】2人
  • ※サプライズ 1人 (飯伏幸太)

  

スポンサーリンク
 

 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【新日本プロレス・試合結果速報 2017.6.27 後楽園・IWGPジュニアヘビー級選手権試合:KUSHIDA vs BUSHI】他~

f:id:seki77:20170627175925p:plain

 

KIZUNA ROAD 2017


日時:2017年6月27日(火)

場所:東京・後楽園ホール

観客数:1,544人

 

youtu.be

  

第1試合

 

【本隊】

海野翔太 vs 八木哲大

 

 

 

第2試合

 

【本隊】

×川人拓来&タイガーマスク

vs

【鈴木軍】

TAKAみちのく金丸義信

 

 

 

第3試合

 

獣神サンダー・ライガー小島聡天山広吉【本隊】

vs

×岡 倫之&永田裕志中西学【本隊】

 

 

 

第4試合 

 

【本隊】

×北村克哉&真壁刀義

vs

【CHAOS】

矢野通石井智宏

 

 

 

----------------------------------------

G1 CLIMAX 27 各大会公式戦発表!

----------------------------------------

 

スポンサーリンク
 

 

第5試合

 

【本隊】

×デビッド・フィンレー田口隆祐&ジュース・ロビンソン&棚橋弘至

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

高橋ヒロム内藤哲也&EVIL&SANADA

 

※試合終了後、リング上でタグチ監督がSANADAを勧誘するが失敗に終わる・・・

 

 

 

 

 

第6試合 

 

【CHAOS】

YOSHI-HASHI後藤洋央紀オカダ・カズチカ×外道

vs

【鈴木軍】

タイチ&デイビーボーイ・スミスJr.&鈴木みのるエル・デスペラード

 

 

 

第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合

 

(C)KUSHIDA【本隊】

vs

×BUSHI【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

※試合終了後、エル・デスペラードが現れ、次期チャレンジャーに名乗りを上げた。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【予想・深読み】IWGPヘビー級王者・オカダ・カズチカ vs ROH世界王者・cody|新日本プロレス

f:id:seki77:20170527060738p:plain

 

2017.7.1 アメリカ大会の「IWGPヘビー級王座戦」チャンピオンのオカダ・カズチカに挑戦する「バレットクラブ・cody」が「2017.6.23 ROH大会」で「ROH世界王者」になった。

 

 

 


・・・正直、これでどちらが勝つか?分からなくなりましたね。


だって、「ROH世界王者」とは、新日本プロレスで言うところの「IWGPヘビー級王座」であり団体のトップベルトなのだから。


今回のアメリカ大会は新日本プロレスの興行。「ROH」から見たら他の団体に乗り込むということだから、負けるわけにはいかないのですよ。


また、アザゼル様のブログにも書かれていましたが、「マザー・カントリーである米国内における他団体興業で、ROHはチャンプの負けブックは飲みませんもの。」と綴られていました。

 

xlab.hatenablog.com

 

 


つまり・・・codyが負けることは「あり得ない」となる。

 


ただ、

 


ただ・・・

 


私は、そ・れ・で・も・・・

 


オカダ・カズチカが「100%」勝つと思っています。

 


・・・もちろん、それなりの「根拠」があるから言ってるんですけどね www

 


しょうもない根拠ですけど・・・

 

 

 

イイですか?

 

スポンサーリンク
 

 

2017.7.1にアメリカ大会で「IWGPヘビー級選手権試合」あります。


そして、次の日、2017.7.2同アメリカ大会で「IWGPインターコンチネンタル選手権試合」(C)棚橋弘至 vs ビリー・ガン戦があります。


また、本日、2017.6.26「NEVER無差別級選手権試合」(C)鈴木みのる vs YOSHI-HASHI戦があります。

 


・・・私は、この3試合のタイトルマッチ、すべてチャンピオンが防衛すると思っています。

 


だって・・・


この動画である意味「防衛する」と謳ってますからね www

 

youtu.be

 


G1クライマックス27」って2017.7.17~始まるじゃないですか?


なのに・・・


2017.7.1 アメリカ大会より後に行われる「G1クライマックス27」出場選手発表動画で各チャンピオンの紹介・・・


おかしいでしょ?


もし、本日の「NEVER無差別級選手権試合」でYOSHI-HASHIが勝ったら「NEVER無差別級王者」の名前変えるんですかね?


もう既に、YouTubeにもアップされているでしょ?


つまり、私の言いたいことは、マジで「しょうもないこと」なんですが、「G1クライマックス27」の出場選手発表動画に、各チャンピオンの紹介があることから「防衛する」と言いたいのです。


ね、しょうもないでしょ www

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


本当に、オカダ・カズチカが勝つのであれば、なぜ、codyをこのタイミングでチャンピオンにしたのか?と考えるとやはり「宣伝」としか思えない。


このアメリカ大会、チケットが2時間弱でソールドアウトになったことは有名な話であり、当然「ROH側」もその情報はキャッチしているでしょう。


つまり「ROH」と言うブランドを宣伝したい。


例え「cody」が負けたとしても、その後の反響を考えれば大きいと判断したのでは???

 

 

オカダ・カズチカ関連記事一覧はこちら

 

cody関連記事一覧はこちら 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

棚橋弘至「IC新王者の公約として2本立てで行きたいとプランを明かす。」|新日本プロレス

f:id:seki77:20170623191815p:plain

 

 

ん・・・予想通りかな。。。


本日公開された東スポ記事にて、「【新日本】棚橋のIC再建2大公約」という記事が発信された。


そこで、私の感想を書きたいと思う。

 

新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル王者・棚橋弘至(40)が22日、新政権の2大公約を掲げた。前王者・内藤哲也(35)を反面教師とする棚橋は、防衛ロードに完全指名制を採用した上で、史上初のIWGPヘビー級王座(現王者はオカダ・カズチカ)との2冠王者を目指すと宣言。ビリー・ガン(53)とのV1戦(7月2日、米国・ロサンゼルス)を皮切りに野望へ突き進む。


大阪城決戦で内藤を撃破してIC王座を封印の危機から救出。「とりあえずホームセンターに行く」と、前王者の蛮行でボロボロになったベルトの自己修理を約束した新王者だが、外観に加えIC王座そのものの価値観を“再生”させることももくろんでいる。


棚橋は新王者の公約として「2本立てで行きたい」とプランを明かす。まずは「ベルトごとに基準を設ける。U―30みたいに30歳以下という分かりやすさがあればいいけど、今のままでは王者が増えているだけになっちゃうので、整理する必要がある」と他王座との防衛ロードの差別化が必要と分析。「内藤からは(棚橋に)挑戦する資格がないってさんざん言われたんで。逆手にとって、今後のICの挑戦者は必ず俺が指名します」と完全指名制を予告した。


王者時代の内藤もタイガーマスクWとの防衛戦を要求するなどしてきたが、ことごとく会社に却下され、そのたびにファミレスでグチるという迷惑千万な悪循環が続いていた。対して棚橋には団体への発言力と、そのプランが実現可能かどうか見極める大人の分別が備わっている。内藤の“不平不満商法”を反面教師として、ICにこびりついたネガティブイメージを払拭するつもりだ。


さらに棚橋は「もう一つは飛び道具なんですが、IC王者でありながらIWGPも目指したい。決してステップにするわけではないけど、ICを巻いてるから他を目指せないわけではない」と宣言。ベルト破壊という前代未聞の暴挙で失墜したIC王座の地位を再びIWGPと同等に持っていくためにも、史上初の2冠王者となる野望も見据えた。


そのための第一歩となるのがロス大会で控えるビリー・ガンとのV1戦だ。「ビッグネームなんでね。目の肥えた米国のファンに響く試合をしたい」と腕をぶした棚橋。この日の山形・酒田大会でもメーンの10人タッグ戦で軽快な動きを見せて好調をアピールした。


引用記事:東スポweb

 

スポンサーリンク
 

 

率直に感想を述べるのであれば・・・インパクトが弱い。


せめて、次期挑戦者でもある「ビリー・ガン」から勝利してからプランを掲げ、挑戦者を指名する流れにしてほしかった。


なぜなら、ここで、プランを掲げても、これから行われる「NEVER無差別級選手権試合」と「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」、また、アメリカ大会の「G1 SPECIAL in USA」でかき消されるからだ。


でも、2つのプラン内、1つは見どころもある。


次期挑戦者の指名。


これに関して言えば、インターコンチネンタル王者・内藤哲也の意見がまったく通らなかったが、棚橋弘至になれば通るという結果が起きるかもしれないからだ。


ただ、次期挑戦者がSANADA、EVIL、ケニー・オメガと予想できることから「あっ!」と驚くような名前を挙げることが出来れば、ファンの期待値も上がるだろう。


例えば・・・ヤングライオンとか、ジュニア選手とか・・・


まぁ、あとは、棚橋弘至の「価値」に期待したい。

 

スポンサーリンク
 

 

棚橋弘至に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【深読み】棚橋弘至「チャンピオンベルトを失っても、内藤哲也の歓声は多い。」|新日本プロレス

2017.6.22 山形・酒田市体育館大会、棚橋弘至のバックステージコメントを読むとちょっと「ジーン」ときますね.。。。

 

棚橋「ベルトが俺のとこに来て、チャンピオンが俺だったとしても、すぐに地殻は変動しない。それは、俺が言っていた『今、行われていることは、あとになって影響があり、成果が出てくる』といった理論。だから今はどこ行っても、チャンピオン(ベルト)を失っても、内藤の歓声は多い。けど、自分の理論を覆していかないと。チャンピオン、ベルトを巻いてる人間の影響力、これから、今日から、(それを)気づいたんで実行していきます」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

ずぅーと、先頭を歩き続けてきた棚橋弘至が、今は内藤哲也の背中を見ているようなコメント・・・


きっと、棚橋弘至は山形・酒田大会の間に「これ」を読んだから、内藤哲也の名前を試合後のコメントで残したんですね。

 


そう、


週刊プロレス

 

 

 


棚橋弘至は、内藤哲也の記事を読み、「オレの言葉に異論があるなら、会場の反応でオレに気づかせてほしい」と言っている。


オレの言葉とは・・・


内藤哲也棚橋弘至の今現在の序列関係。


インターコンチネンタルベルトを失った内藤哲也は、ベルトがなくとも棚橋弘至より輝ける存在・・・それを肌で感じることが出来るのは、会場に足を運んでくれるお客様の反応。


その反応が最初に感じられる試合が山形・酒田大会だった。


確かに、私も電車を乗り継いで昨日の山形・酒田大会に足を運びましたが、体に感じるお客様の「熱」は、内藤哲也だった・・・

 

f:id:seki77:20170623070716p:plain

 


棚橋弘至自身も、同じように感じたのだろう。


だから、試合後のコメントで「今日から、(それを)気づいたんで実行していきます」と言った。

 


【深読み】過ぎましたか???

 


まーしかし、【深読み】するとプロレスって面白いですね www


ライバル関係と言うか、こーゆう表には出ない「心理」を紐解くと、素直に「棚橋弘至!頑張れ!」と言いたくなりますね。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に


昨日は、内藤哲也の35歳の誕生日。

 

それでいて、メインで闘う。


私は、100%「デ・ハ・ポン」が出来ると思い会場まで行った。もちろん、当日券を求めて。


・・・予想通り、最後は「デ・ハ・ポン」でしたが・・・


あの「お誕生日おめでとう!」の熱気「ムンムン」の中、最後のマイクで自分の誕生日に対して全く触れないところに「内藤哲也」を感じましたね。


他の選手なら「今日で35歳になりましたぁ~」って言いそうですけどね~ www

 

では、では。

 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓