読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

鈴木みのるのNEVER無差別級「戴冠」の方が、後藤洋央紀よりも盛り上がる|新日本プロレス 2017.4.27 広島

2017.1.4 東京ドームの「NEVER無差別級選手権試合」で柴田勝頼から勝利した後藤洋央紀・・・今日 (2017.4.27 広島・広島グリーンアリーナ 小アリーナ)で4度目の防衛戦を「vs 鈴木みのる」とするわけですが・・・

 

youtu.be

 


正直、過去3度の防衛戦を振り返ってもこれと言って印象に残った試合、話題は無いに等しい。

 

 

 


あなたは、上記の対戦を思い出して印象に残ったことはありますか?

 

唯一上げるとするならば、ジュース・ロビンソンが「初タイトル戦」に挑戦したということですか・・・でもこれも、後藤洋央紀云々ではない話なわけで・・・


だから、「NEVER無差別級」を盛り上げるのであれば、鈴木みのるの方がイイのではないかという管理人の見解です。

 

f:id:seki77:20170427072209p:plain

 

 

今の後藤洋央紀は、私的には、無難な試合をしている。それは、後藤洋央紀にとってはプラスかもしれないが、新日本プロレスにとってはマイナスでしかない。


せっかく、新日本プロレスには、3本のベルトが存在するわけだから「有効活用」しなければならないわけで・・・


また、後藤洋央紀が比べられる対象は、去年の「NEVER無差別級の象徴」でもある柴田勝頼であり、これを超えないとやはり意味がないのである。


ここからは、【深読み】になるのだが・・・

 

スポンサーリンク
 

 


2017.2.5 北海道・北海道立総合体育センターオカダ・カズチカと「IWGPヘビー級選手権試合」を行った鈴木みのる

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


この試合、賛否両論はあったものの、ある意味インパクトとしては強かったのではないか?


勿論、対戦相手が、オカダ・カズチカであり「IWGPヘビー級選手権試合」だったことは否めないし・・・また、2017.1.5 東京・後楽園ホールで「鈴木軍帰還」という「大インパクト」を残してから1発目のタイトル戦だったけど、それでも試合の内容が頭の中で動画として流れる・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 


そう考えると、この「NEVER無差別級」というタイトルは、鈴木みのるが所持した方が「ベルトの価値」は上がると思うのだが、あなたはどう思う?


また、これで、鈴木みのるが負けるようなことがあれば、帰還した意味もなく、「軍団の存在意義」までもが危ぶまれる・・・そんな印象です。


まぁ、考え方次第では、鈴木みのるが「NEVER無差別級のベルト」を持っていれば、オカダ・カズチカにも内藤哲也にも絡むことは無いので、ある意味、別話題を作れそうな気がして、ある程度は面白くしてくれるのではないかと。


あの調印式でのインパクトは忘れられないので www

 

puroresu.hatenablog.com

 

それと、なぜ、今回鈴木みのるがチャレンジャーなのか?と考えると、鈴木軍のリーダーとしての存在価値もあると思うが、やはり「北海道でのタイトル戦」のインパクトがあったからではないかと思う。

 

あの日を思い出すと、いきなり鈴木軍が帰還し、いきなり「IWGPヘビー級」に挑戦というバッシングがあったけど、蓋を開ければ「折るぞ~」という鈴木みのるの言葉が頭の中で思い返される・・・これは、印象であり話題でありインパクトである。

 

 

スポンサーリンク
 

 

【新日本】NEVER王座V4戦の洋央紀が鈴木軍追放を予告

 

27日の新日本プロレス広島大会で鈴木みのる(48)とのV4戦に臨むNEVER無差別級王者の後藤洋央紀(37)が25日、鈴木軍の追放を予告した。ベルト総取りを掲げて今年1月に新日マット再上陸を果たしたみのるだが、いまだ無冠。王者は鈴木軍が一度は“スルー”したはずのNEVER王座にも手が届かない現実を突き付け、海賊に引導を渡すつもりだ。


後藤は9日の両国国技館大会で鈴木軍のザック・セイバーJr.(29)を退けると、次期挑戦者にボスのみのるを指名した。その裏にはある狙いが隠されている。


今年1月に新日マットに再上陸した鈴木軍は「お宝を全部よこせ」と要求。さっそく2月の札幌大会でみのるがIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)に挑戦し「CHAOSVS鈴木軍」の抗争が勃発した。ところが、同大会ではCHAOSのタイトルホルダーの中で後藤だけがその標的から外れ、抗争中だったジュース・ロビンソン(28)を相手に初防衛戦を行った。


まるでNEVERのベルトは「宝」と見なされていないかのような屈辱の“スルー”扱い。だからこそ後藤はみのるを挑戦者として指名し、王座戦の舞台に引きずり込んだ。「もともとは俺のこと無視してたからね。とうとうたどり着いて、船長が出てきたわけだから。あの時、目もくれなかった宝が、実は手も届かない存在だったということを教えてやる」と意図を説明した。


さらには「崖っ縁なのは向こうなんで。昔の鈴木みのるはデカイ壁だったけど、今は小さく見える」と、鈴木軍の現状を分析。ユニットとしてはIWGPジュニアタッグ王座こそ獲得したものの、総大将のみのるはオカダとのIWGP戦に敗北後、3月の「NEW JAPAN CUP」でも1回戦で敗退した。もちろん後藤は広島決戦で残酷な現実を突き付け、引導を渡すつもりだ。


「今の新日本にお前らの居場所はないんだよ。海賊ごっこは終わりにしてやる。もう1回、他の団体に、旅に出ればいいんじゃないですか? また新たな宝を目指して」とバッサリ。新日プロでのベルト総取りは実力不相応な野望だったということを分からせて、セルリアンブルーのマットから追放するという。


この日の大阪大会ではタッグ戦で激突。みのるを強烈な首折り弾で場外へ吹き飛ばし、チームを勝利に導いた。試合後もみのると乱闘を繰り広げ、広島決戦への気合は高まるばかりだ。


引用記事:東スポweb

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 ⇒ 【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【感想】柴田勝頼の復帰は絶望的・・・「プロ格」日記「REAL TALK」を読んでの個人的感想|新日本プロレス

f:id:seki77:20170426065055p:plain

 

バイルサイト「プロ格」にて、毎週水曜日に公開される、柴田勝頼の日記「REAL TALK」が2週間ぶりに更新された。


2017.4.9 両国国技館大会「IWGPヘビー級選手権試合」


オカダカズチカ vs 柴田勝頼×


この試合後、バックステージで倒れた柴田勝頼は、緊急搬送され、すぐに手術・・・その後、手術は成功し安静状態とのことだったが・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

「プロ格」の日記を見て、ガチの「REAL TALK」過ぎて愕然としてしまいました。


日記内容に関しては、「有料コンテンツ」になりますので箇条書きで書かせて頂きます。

 

  • 今、生きているのが奇跡。
  • 前回の手術で頭蓋骨を外した、2017.5.2にもう1度手術をし、今度は戻す。
  • 毎日、痛み止めを3~4回使って、痛みに耐えている状態。
  • 今現在、右目のほとんど見えない。
  • 今現在、右耳の聴力も正常ではなく、音が割れて聞こえる状態。

 

 

正直、復帰に関しては厳しいと思う・・・これが私個人的な感想です。


また、あまりにも「リアルなメッセージ」だったので、現況が「情景」として浮かびました。


・・・それだけ、深刻な状態であり、それだけ重症であり、それだけ、今の柴田勝頼は「根性」で頑張っている・・・この場で伝えておきたいと思います。


ただ、この日記を読んでの感想は「私個人の意見」ですので、他の情報とは異なることをお許しください。


では。

 

 

【感想】記事一覧

 

【深読み】記事一覧

 

柴田勝頼に関する記事一覧

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

www.njpw.co.jp

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【深読み】内藤哲也のインターコンチネンタル次期チャレンジャー・・・蓋を開けたら結構「恵まれている」現実|新日本プロレス

2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザでジュース・ロビンソンとの「IWGPインターコンチネンタル選手権試合」が決まっている内藤哲也だが、蓋を開けると意外と次期チャレンジャー候補に恵まれていることが分かった。

 

 

 

まず、今回のジュース・ロビンソン戦。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

この試合で勝利したら、次のビックマッチはおそらく「2017.6.11 大阪・大阪城ホール」になるだろう。


対戦相手は・・・私が当初から予想しているバレットクラブの「cody」だ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


しかし、2017.4.3に公開された東スポwebの記事で、「タイガーマスクWを戦いたい」と内藤哲也本人から希望したことで、「cody」との対戦は、大阪城ホールでは実現しないだろう。

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

以下が飯伏幸太からの返答メッセージにあたる。

 

【K―DOJO】飯伏がタイガーマスクWに内藤狩り厳命

 


また、2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザの「セミファイナル」で棚橋弘至 vs EVILが組まれていることから、メインで内藤哲也が勝利した後にリングに棚橋弘至が登場し、大阪城ホールでの対戦が予想されている。

 

sinota.hatenablog.jp

 

 


・・・ここまででも、内藤哲也の次期チャレンジャー候補は、かなり恵まれていることが分かるだろう。

 


1度整理すると・・・

 

 

 

ただ、

 

 

この記事を書いたということは、私的にはちょっと違う【深読み】があるということだ。

 


思い出してほしい・・・

 

 

大阪城ホール大会も、我々ロス・インゴベルナブレス・デハポンが熱くすることでしょう。


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

このセリフは、2017.2.11 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)でマイケル・エルガンから勝利した後のマイクで話した言葉だ。


ワードとして注目してほしいポイントは「大阪城ホール」だ。

 


つまり、「大阪城ホール」をロス・インゴベルナブレス・デハポンで盛り上げると宣言しているのだから、「EVIL」とのインターコンチネンタル戦もあり得るとちょっとだけ【深読み】しているのである。

 

f:id:seki77:20170425051518p:plain

 


要は、2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザ棚橋弘至にEVILが勝利し、内藤哲也とEVILで大阪城ホールでの対戦もあり得るということだ。

 

まぁ、codyと対戦・・・棚橋弘至と対戦・・・タイガーマスクWと対戦・・・EVILと対戦と・・・ブレブレの管理人ではあるが、「Interview with Los Ingobernables de Japon #19」内藤哲也が話していた、「ロス・インゴベルナブレス・デハポンの新たなリーダー」という課題は、「宙ぶらりん」のままだからだ。


なので、

 

内藤哲也の次期チャレンジャーに「EVIL」と・・・ちょっとだけ【深読み】したのである。

 


では。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関連する記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【深読み】内藤哲也に与えられている「試練」・・・都市部でない大分・別府大会で8,000人を埋めろ!|新日本プロレス

2017.4.23 東京・後楽園ホール大会・・・

 

棚橋弘至&ジュース・ロビンソン vs 内藤哲也×EVIL

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


昨日 (2017.4.22)同様、内藤哲也はベルトをドリブルして入場した。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


そして、やっと、ジュース・ロビンソンがブランチャを食らわせるという形で、内藤哲也の「やってはいけない行動」に対処した。

 

f:id:seki77:20170424090036p:plain

 


ただ、ちょっと行動が遅かったかなぁ~。


もし、2017.4.22の時点でジュース・ロビンソンがブランチャを決めていたら2017.4.23はもうちょっと盛り上がったかも知れない。


多くの媒体で、内藤哲也があらゆる「信号」を出していたのだからジュース・ロビンソンは、早めに「掌」に乗っかるべきだった。

 

スポンサーリンク
 

 


・・・今のジュース・ロビンソンは新日本プロレスから「推し」があることは誰が見ても分かるだろう。


しかし、ストーリーという部分では、まだまだ作ることができないのだから、乗っかるしかないのである。


結果的に、ブランチャという形で乗っかり、試合は大盛り上がり。また、マイクパフォーマンスも棚橋弘至の「愛してま~す」が聞けてハッピーエンド。

 

www.njpw.co.jp

 


それでいいと思う・・・

 

それでいいと思う・・・

 

本当にそれでよかった・・・

 

結果的には・・・

 

ただし、もう1つ、内藤哲也の掌に乗っからなければならないことがある。

 


そう、

 


内藤哲也と組んでいた時の話。


その時の気持ちを、「セオリー通り」ではなく「変化球」でジュース・ロビンソンには答えてほしい・・・いや、答えなくてはいけない!!!

 

まだ、ジュース・ロビンソンには難しいか?


・・・いや、いや、そうも言ってられないからねー。


なぜなら、大分・別府大会の会場はおそらく「8,000人規模の会場」だからだ。

 

f:id:seki77:20170424090514p:plain

 

 


別府ビーコンプラザの公式サイトを見ると、新日本プロレス興行が2017.4.29に書いてあるが、会場は「コンベンションホール」と記されている。

 

f:id:seki77:20170424090650p:plain

 

国際会議・医学会・コンベンション・コンサート / 別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ)

 

 

いつもの会場である「フィルハーモニアホール」ではない。


「フィルハーモニアホール」なら1,000人~1,500人だが、今回は「コンベンションホール」の8,000人規模だ。


だから、今の内藤哲也は、別府大会を盛り上げることに必死なのである。

 

試合後のコメントを見ても分かる通り・・・

 

内藤「ジュース・ロビンソン。彼が挑戦者なわけでね。彼の認めるポイントを1つ挙げるとしたら、『NEW JAPAN CUP』の記者会見で、彼は言ってたよね。『優勝したら、インターコンチネンタル王座に挑戦したい』と。見る目あるよね。まぁ、そんな目標を立てといて、2回戦であっさり敗退しちゃったけどさ。タイトルマッチまでに彼に望むことがあるとしたら、1人でもいいよ。ジュース・ロビンソンに勝ってほしいと思う人間を、1人でもいいよ。世界中から1人でもいいよ。会場に、別府ビーコンプラザの会場に連れて来てください。彼にとって、最初で最後のビッグマッチ、メインイベントだよ? 誰にも応援されなかったら悲しいだろ? 別府大会のタイトルマッチまで、もう時間がないんでね。挑戦者として、最低限、それくらいのことはやってくれよ。カブローン」

 

引用記事:新日本プロレス

 

 

上から目線で「完全ヒール」になろうとしている。

 

それは、都市部でもないのに8,000人規模の会場をお客様で埋めなければならないからだ。

 

スポンサーリンク
 

 


正直、内藤哲也の「求心力」を考えれば、「都市部」の会場を満員にすることは容易だが、今回は、なかなかのハードル。


しかも、メインでの相手が、オカダ・カズチカでもなく、ケニー・オメガでもなく、棚橋弘至でもない。


成長が著しい「だけ」で、何の実績もないジュース・ロビンソンだ。


それでも「ブーイング」を受け入れ、会社から与えられている仕事をしっかりとこなそうとしている。

 

・・・だから、「ベルトドリブル」と言う「子供でも分かる」やってはいけないことをやったのではないか?

 

 


イイですか?

 


あなたには分かるか?

 


この内藤哲也の試練というか?会社から与えられている「期待」と「不可能な数字」を叩き出せ!と言う現実。


それでも、立ち向かっている内藤哲也は凄いとしか言いようがないのではないだろうか。

 

もし、「都市部」でもない別府大会で「満員」に出来たら、内藤哲也&ロス・インゴベルナブレス・デハポンにはご褒美を与えて頂きたい・・・


マジで、デカ過ぎる仕事だと思うのだが・・・流石の内藤哲也でも無理か!?

 

【深読み】記事一覧

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【新日本プロレス・試合速報結果 2017.4.23 後楽園ホール】棚橋弘至&ジュース・ロビンソン vs EVIL&内藤哲也 他~

f:id:seki77:20170423175429p:plain

 

Road to レスリングどんたく 2017


日時:2017年4月23日(日)

場所:東京・後楽園ホール

観客数:1,714人(超満員札止め

 

  

第1試合

 

岡 倫之【YL】&川人拓来【YL】 vs 北村克哉【YL】&×海野翔太【YL】

 

 

 

 

第2試合

 

邪道&ウィル・オスプレイ【CHAOS】 vs ×TAKAみちのくエル・デスペラード【鈴木軍】

 

 

 

 

第3試合

 

【本隊】

×デビッド・フィンレー小島聡天山広吉

vs

【バレットクラブ】

高橋裕二郎タマ・トンガタンガ・ロア

 

 

 

 

第4試合 

 

【CHAOS】

ロッキー・ロメロバレッタ矢野通後藤洋央紀

vs

【鈴木軍】

×飯塚高史金丸義信&タイチ&鈴木みのる

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

第5試合

 

【本隊】

×ヨシタツ&リコシェ田口隆祐

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デハポン

BUSHI&SANADA&高橋ヒロム

 

 

 

 

 

 

 

第6試合

 

【CHAOS】

×YOSHI-HASHI石井智宏オカダ・カズチカ

vs

【バレットクラブ】

チェーズ・オーエンズ&ケニー・オメガ&バッドラック・ファレ

 

 

 

 

第7試合

 

【本隊】

棚橋弘至&ジュース・ロビンソン

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デハポン

×EVIL&内藤哲也

 

 

 

 

 

 

⇒ 新日本プロレス試合速報・結果 記事一覧

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【批判殺到】内藤哲也がインターコンチネンタルベルトを蹴りながら入場|新日本プロレス 2017.4.22 東京・後楽園

日 (2017.4.22) の後楽園ホール大会にて、内藤哲也の入場時に「インターコンチネンタルベルト」をサッカーボールに見立てて「蹴って」きたことに対して批判の声が多々あります。

 

 


しかし、この行為事態に対して、2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザ大会で対戦するジュース・ロビンソンが何のアクションも起こさないことの方が問題なのではないのか?

 

puroresu.hatenablog.com

 


考え方によっては、内藤哲也がジュースロビンソンに対して、アクションを起こしてこい!・・・という「パス」を出している状態なので、「チャンス」と捉えなければいけなかった。


結果、ジュース・ロビンソンは、最後まで何も出来なかった・・・

 

それがすべて。

 

いいですか?

 

考えてみて下さいよ!

 

ベルトを蹴る行為事態、子供でもやっちゃいけないことなんて分かる、だから、なぜ内藤哲也は「わざわざ」蹴りながら入場したのか?

 

答えは、見え見えなんですよ。

 

盛り上げる為でしょ?ジュース・ロビンソンの為でしょ?

 


まぁ、今日 (2017.4.23 東京・後楽園ホール)も試合があるわけですから、内藤哲也がどのように入場し、ジュース・ロビンソンが対処出来るのか?見ていきたいと思う。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


常識的に物事を考えれば、ベルトを蹴る行為、投げる行為、踏みつける行為は、不快にしか感じない。けど、その行為こそ出来るレスラーと出来ないレスラーが存在する。


内藤哲也は出来るレスラーだった。


逆に、高橋ヒロムは、ベルトを愛するという行為している。

 

 


ベルトさんに「プリン」を食べさせたり・・・

 

 

 

 

ベルトさんと一緒に寝たり・・・

 

 

 

ベルトさんとお風呂に入ったり・・・

 

 

 


ただ、考えてみてくれ。


高橋ヒロムが、時限爆弾として最初に現れたとき「キモイ!イカれている!」などの声が多々あったことを・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 


だが、今は、そのキャラが万人に受けているではないか?


つまり、新しいことをやることに対して、ある意味「リスペクト」をしなければいけないと私は思う。

 


今回、内藤哲也は、ベルトを蹴って入場した。


その前は、ベルトを投げる・・・この時も批判は当然のようにあった。


まぁ、何を言いたいのか?説明すると・・・

 

数字がすべてということ。

 

今回の入場シーンを新日本プロレスが動画をきちんと公開し、その再生回数が「29,000回」という現実。

 

f:id:seki77:20170423095757p:plain

 

www.facebook.com

 

 

それだけ、インパクトのある行為であった・・・それだけである。

 

 


・・・ちなみに、オカダ・カズチカがバッドラック・ファレを持ち上げようとしている動画の再生回数は「5,600回」である。4倍も差があるということだ。

 

f:id:seki77:20170423095852p:plain

 

www.facebook.com

 

 

では。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【新日本プロレス・試合速報結果 2017.4.22 後楽園ホール】石井智宏&オカダ・カズチカ vs ケニー・オメガ&バッドラック・ファレ 他~

 

f:id:seki77:20170422175850p:plain

 

Road to レスリングどんたく 2017


日時:2017年4月22日(土)

場所:東京・後楽園ホール

観客数:1,689人(超満員札止め

 

  

第1試合

 

川人拓来【YL】 vs 海野翔太【YL】×

 

 

 

第2試合

 

YOSHI-HASHI【CHAOS】 vs 岡 倫之【YL】×

 

 

 

 

第3試合

 

×邪道&矢野通【CHAOS】 vs TAKAみちのく飯塚高史【鈴木軍】

 

 

 

 

 

 

第4試合 

 

【本隊】

×北村克哉【YL】&デビッド・フィンレー小島聡天山広吉

vs

【バレットクラブ】

チェーズ・オーエンズ&高橋裕二郎タマ・トンガタンガ・ロア

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

第5試合

 

【CHAOS】

ロッキー・ロメロバレッタウィル・オスプレイ後藤洋央紀

vs

【鈴木軍】

×エル・デスペラード金丸義信&タイチ&鈴木みのる

 

 

 

 

 

第6試合

 

【本隊】

×ヨシタツ&リコシェ田口隆祐&ジュース・ロビンソン&棚橋弘至

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デハポン

BUSHI&EVIL&SANADA&高橋ヒロム内藤哲也

 

 

 

 

 

 

 

 

第7試合

 

【CHAOS】

石井智宏×オカダ・カズチカ

vs

【バレットクラブ】

ケニー・オメガバッドラック・ファレ

 

 

 

 

⇒ 新日本プロレス試合速報・結果 記事一覧

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓