起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【感想】9月は思い入れがある、2014年神戸での棚橋弘至戦も9月|柴田勝頼日記「REAL TALK」2017.9.20更新|新日本プロレス

f:id:seki77:20170802094030p:plain

 

2017.9.20に更新された柴田勝頼選手の日記「REAL TALK」に書かれていたこと、私なりに府に落とし書きたいと思います。


前回までの感想記事はこちら

 

2017.9.20 更新 柴田勝頼選手の日記「REAL TALK

 

  • 9月・・・怪我から5か月が経過
  • 5か月前は、カーテンで仕切られた窓の見えない病室、見えるものは天井
  • その時、時間の流れは遅かった
  • けど、ここ2か月、時間の流れが早く感じる
  • 人間は生きているといろいろなものと闘っている
  • 生きているということは、闘いから目を背けてはいけない・・・最近思うことがあった
  • それは、言葉ではない。背中で教えられた瞬間だったのかもしれない
  • 上手く言葉にできない感情・・・言葉や文字で表現できることの方が薄っぺらいのかもしれない
  • 人それぞれ、全レスラー共通ではないかもしれないが、「男は背中で語るもの」・・・そんな気持ちでここ数年はリングに上がっていたけど、間違いじゃなかったと思えた9月の夜でした。

 

読者様からの質問に対して柴田勝頼選手からの返答に・・・

9月・・・自分は新日本プロレスに再上陸して試合をした月でもある。

 

f:id:seki77:20170920070654p:plain

 

 

 

2014年神戸での棚橋弘至戦も9月。

 

youtu.be

 

何とも思い入れのある月。

 

2017.9.16 広島大会IWGPインターコンチネンタル王座戦「棚橋弘至 vs ザックセイバーJr」戦は楽しみにしておりました。

 

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

sinota.hatenablog.jp


 

※日記を読んで個人的見解を交えて書かせて頂いております。

 

スポンサーリンク
 

 

棚橋激白!柴田との一騎打ち熱望した理由

 

俺のG1は終わっていない。新日本プロレス「Road to DESTRUCTION」が5日の後楽園ホール大会で開幕。21日の神戸大会で柴田勝頼(34)との一騎打ちに臨む棚橋弘至(37)が、因縁の一戦にかける“真意”を本紙に明かした。先月10日の西武ドーム大会ではIWGPヘビー級王者・AJスタイルズ(36)とのシングル戦に勝利したにもかかわらず、次の大一番の相手に柴田を指名したわけとは――。

 

 ――G1最終日(8月10日)に現IWGP王者のAJに勝利したが、試合後は柴田とのシングル戦を要求した

 

 棚橋:忙しくなってきましたよ。バレットクラブには(AJ戦後のリングで)多勢に無勢でやられましたし。両方に借りを返さないといけないけれど、やっぱ柴田かな。先に進めないんでね。まだ、俺のG1は終わってない。

 

 ――それだけG1公式戦での敗戦(7月26日、秋田)は重かった

 

 棚橋:期待に応えられなかった自分への怒りですね。このままだと、口でそれっぽく言ってるだけの人になってしまうんで。

 

 ――2012年から新日マットに復帰した柴田と舌戦を繰り広げてきた

 

 棚橋:合点がいかなくないっすか? 戻ってきたのはフリーの選手ですから「戦いがいのあるリングを選んだ」でいいんですよ。ただ「ケンカを売りに来た」って言ってから(後藤洋央紀とタッグを組む)今のシフトチェンジ。これでいいのか。その前にやることあるんじゃないのと。ケジメというかね。

 

 ――どうすればいい

 

 棚橋:「ケンカ、売り切れました」って言わせたいですね。在庫まとめて俺が買ってやるぞと。

 

 ――ただ、現王者のAJに勝利している。柴田戦をクリアすれば昨年10月から無期限撤退しているIWGP戦線への発言権も生まれてきそうだ

 

 棚橋:あれはボディーブローのように効いてきますよ。もう扉を開く鍵は手に入れたんじゃないですか? ただIWGPへの階段があるなら、一歩ずつ行こうと。

 

 ――他人にケジメを求めるなら、自分も挑戦前にケジメをつける

 

 棚橋:俺はゲームをやる時も、コンプリートクリアを目指すタイプなんで。ここで負けたら鍵をなくすかもしれないってリスクは承知の上でね。

 

 ――柴田退団後の新日プロを10年間支えてきたエースのプライドもある

 

 棚橋:秋田で「俺がいない10年。しっかり受け止めた」と言ってましたけど、勝手に受け止められてもね。こっちはまだまだ、在庫あるから(笑い)。

 

引用記事:東スポweb

 

 

2014年9月21日:神戸、棚橋弘至、試合後のコメント

f:id:seki77:20170920070322p:plain

 

(この時、柴田勝頼はノーコメントだった。)

 

棚橋「とりあえず、『G1』の雪辱は返した。そういうこと。10年間、俺の10年間ばっかり注目されてるけど、柴田の10年間だって、もちろんいろいろ あったと思うし、俺は受け止められることはしないけど、この10年間を感じることはできた。まさかね、柴田があんなことを言うとは…。いろいろしゃべった んですけど、『新日本を守ってくれてありがとう』って。どの口が言ってんだか知らねぇけどさ、ずるいわ。これからいろいろ言ってきたけど、闘う相手だけども、俺の存在、俺のコメント、口撃がアイツの未来を妨げるんであれば、それは俺の本意じゃないから。せっかくプロレスに対して、楽しさを抱いてる、充実感を抱いてるのであれば、自由にやってほしい。今まで言ってきたのは、そんなお礼の言葉じゃなくて。プロレスってさ、こうやってわかり合えて。もちろんくれぐれも言っとくけど、闘ってる相手には変わりないけど、俺から柴田に一言言うとしたら『おかえり』って。まぁ、でもそれは今日限りの気持ち。また両国に向かって、岡山、全力で振り切っていくから。よし!(と自分に言い聞かせるように席を立つ)」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧 

 

※初見の方は、「関連記事一覧」から順番に読んでください。最新は、当記事になります。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

柴田勝頼選手の日記は、毎週水曜日更新になりますが、抜けている日に関しては感想を書いていないだけです。

スポンサーリンク
 

 

柴田勝頼 関連記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【深読み】内藤哲也「自分を応援してくれていないお客様に対して自分の思いを伝えることが大事」|新日本プロレス

f:id:seki77:20170919082140p:plain

 

日本プロレス内藤哲也の広島カープ愛が伝わり、大手「スポニチ」で記事になりましたね。

 

内藤哲也 広島の優勝喜ぶ 助っ人にも「グラシアス、ジャクソン!」

 

プロレス界きっての広島ファンとして知られる新日本プロレス内藤哲也(35)が18日、自身ののツイッターを更新し、広島の連覇を喜んだ。

 

内藤は今季球場で流れる「それ行けカープ」の映像にも出演し、その中でジェット風船の代わりに当時保持していたIWGPインターコンチネンタル王座のベルトを放り投げるというパフォーマンスを披露。また、8月27日には本拠地・マツダスタジアムで行われた中日戦の試合前の始球式にも登場。広島の多くの選手とも交流がある。

 

この日の内藤のツイッターには、テレビに映し出された広島の歓喜の瞬間とともに「A la siguiente etapa(次のステージへ)」というスペイン語で祝福。

 

また、その後の投稿では、この日登板した助っ人外国人のジャクソンの左腕に自らのユニットの文字が刻まれたラバーバンドが着けられていたことをつづり「mi amigo gracias JACKSON(俺の友達、ありがとうジャクソン)」とメッセージを送った。


引用記事:スポニチ

 

スポンサーリンク
 

 

2017.9.16 広島大会の試合後に内藤哲也が発した言葉・・・

 

大事なのは自分を応援してくれているお客様に自分の考えを伝えることじゃない。自分を応援してくれていないお客様に、そして新日本プロレスを応援してくださるお客様全員に自分の思いを伝えることが大事なんだよ。要するに口に出さないと伝わらないんだよ。


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

印象的なのは、簡略的に「自分を応援してくれていないお客様に対して自分の思いを伝えることが大事」ってところですかね。


今回、内藤哲也はジャクソン投手にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポングッズ「シリコンラバーバンド」をプレゼントした。

 

www.instagram.com

 


内藤哲也のコメントで表すのなら「自分を応援してくれていないお客様」・・・お客様とはジャクソン投手。

 

つまり、内藤哲也は広島カープファンであるが、ジャクソン投手は内藤哲也のファンではない。だから、「応援してくれないお客様」がジャクソン投手に当たる。

 


また、「自分の思いを伝えることが大事」とは、俺は広島カープが大好きだ!ということをジャクソン投手に伝えたこと。そして、プレゼントを用意。

 

そして、大事な、大事な、リーグ優勝がかかる試合でジャクソン投手が、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポングッズ「シリコンラバーバンド」を身に着けて中継ぎに登板。

 

  

それをリアルタイムで観戦した内藤哲也は「mi amigo gracias JACKSON(俺の友達、ありがとうジャクソン)」。

 


まぁ、完全な【深読み】なので何とも言えませんが、2017.9.16 新日本プロレス:広島大会カープが本拠地「マツダスタジアム」で優勝を逃した。その結果を知ってから内藤哲也は広島大会のリングに上がる。そして、試合後に残したコメントが「自分を応援してくれていないお客様に対して自分の思いを伝えることが大事」になるので、ジャクソン投手のことについてストーリーを強引にリンク www

 

内藤哲也の言葉は何かしらのストーリーが存在するので、本当に面白い。

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

広島カープリーグ優勝!中継ぎ投手・ジャクソン投手の左手にはなんとロス・インゴベルナブレス・デ・ハポングッズ!|新日本プロレス

f:id:seki77:20170918191728p:plain

 

カープ「マジック1」で迎えた本日の試合。

 

2017.9.18 甲子園球場:「広島 vs 阪神」。


結果、見事、勝利し「2年連続8回目」のリーグ優勝を果たした。

 

f:id:seki77:20170918192005p:plain

 


私は、YouTubeライブで観戦していましたが、試合終了後、期待通り、新日本プロレス内藤哲也選手がツイートしましたね。

 

 


おそらく、場所は、巡業先のホテルだと思いますが。


・・・ただ、

 

内藤哲也選手のツイートはこれだけで終わりませんでしたね。

 

スポンサーリンク
 

 


今日の試合「野村 ⇒ 一岡 ⇒ ジャクソン ⇒ 中崎」と投手リレーした中で「ジャクソン選手」が内藤哲也選手の所属ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」グッズを身に着けていたではないですか?

 

そのツイートがこちら。

 

 

 

私は、気づきませんでした 汗

 

だって、まさか、リーグ優勝がかかった大事な試合で身に着けているとは思わないでしょ?


ジャクソン投手!素晴らしい!

グラシアス www

 


これは、新日本プロレス「闘魂ショップ」に売られている商品グッズの「シリコンラバーバンド」になります。

 

shop.njpw.co.jp

 

 

ただ、前兆はしっかりとあったみたいなんですよね www

 

www.instagram.com


おそらく、内藤哲也選手とジャクソン投手のツーショット。

 

とりあえずは、広島カープ優勝おめでとうございます!!!

 

最後に。

これで、2017年11月5日:大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪) では、内藤哲也選手にブーイングかな www

 

だって、阪神に勝ってのリーグ優勝ですからね 汗

 

puroresu.hatenablog.com

 

sinota.hatenablog.jp

 

sinota.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【深読み】2017年のSANADAは、まだ「大きな仕事」をしていない!|新日本プロレス

f:id:seki77:20170918081308p:plain

 

日本プロレスの選手を「サラリーマン」と考えた場合、2017年の「G1クライマックス27」に出場した選手は、今年だけをみて、きちんと仕事をしているのか?ちょっと書いてみようと思う。


ポイントは「サラリーマンとして」です。


プロレスラーは、ジムなどに行って体を鍛えます。そして、必ず自分の体を痛めつけ追い込むときがある・・・それは、タイトル戦、または、シングル戦がある場合ではないかと思います。


追い込むことを仕事と捉えます。


※サラリーマンとは、雇われている以上きちんと仕事をこなさないといけないという解釈。

 

 

棚橋弘至IWGPインターコンチネンタル

 

マイケル・エルガン:NEVER 無差別級王座に挑戦

 

ジュース・ロビンソン:NEVER 無差別級王座、IWGPインターコンチネンタル、IWGP USヘビー級王座、すべてに挑戦。

 

永田裕志:???

 

小島聡:ヘビー級タッグ王座、CMLLに長期遠征

 

真壁刀義:???

 

飯伏幸太IWGPインターコンチネンタルに挑戦

 

オカダ・カズチカIWGPヘビー級王座

 

矢野通:プロデュース業:オリジナルDVD『ウルトラCHAOSクイズ』を発売!

 

後藤洋央紀:NEVER 無差別級王座

 

石井智宏 :10月9日両国で「東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦」

 

YOSHI-HASHI:NEVER 無差別級王座に挑戦

 

ケニー・オメガIWGP USヘビー級王座

 

タマ・トンガ:ヘビー級タッグ王座

 

バッドラック・ファレ:IWGPヘビー級王座に挑戦

 

内藤哲也IWGPインターコンチネンタル、G1優勝

 

EVIL:10月9日両国で「IWGPヘビー級」に挑戦、NEVER無差別級6人タッグ王座

 

SANADA???、NEVER無差別級6人タッグ王座

 

鈴木みのる:NEVER 無差別級王座

 

ザック・セイバーJr:IWGPインターコンチネンタル挑戦

 

スポンサーリンク
 

 

・・・ちょっと、箇条書きで、新日本プロレスを見ている人でないと伝わりにくいかもしれませんが、決して悪意のあるものではないことを伝えておきます。


あくまでも、サラリーマンとしてなので。


上記に挙げた「G1クライマックス27」に出場した選手の中で、項目に「???」がついている選手が3人ほど存在しますよね?

 


矢野通選手に限っては、選手としてのスタンスもあるのでベルトに絡むことはないかと思い、強引に「プロデュース」の仕事でこなしたことにしました。



では、3人ついて


まずは、永田裕志選手。

 

今年で「G1」最後と言うこともあり、今年はベルトに絡むことはないかと思います。また、2017年10月21日:千葉・東金アリーナのプロモーターとして仕事をしている。それでいいのかもしれません。

 

 


次に、真壁刀義選手。

 

NHK大河ドラマ、映画出演とメディアの仕事はたくさんこなしてはいるが、プロレスに関しては、まだ目立つ仕事していません。しかし、今現在、鈴木みのる選手と絡んでいることから「NEVER 無差別級王座」へ挑戦をするかもしれません。なので、仕事をしたことにしましょう。

 

 

最後は、SANADA選手。


これが、今回の記事の目的 www


今現在、もっとも勢いのあるユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」に所属しながら、今年はまだ、新日本のシングルに絡んでいません。ROH世界王座には挑戦しましたが。もちろん、新日本プロレス所属選手ではない!?という捉え方も出来ますが、でもタイトルに絡まない方がおかしいし、納得も出来ない。


だから、年内中にシングルに絡む・・・そう、予想している中、2017年9月16日 広島・広島サンプラザホール大会の試合後のコメントで、内藤哲也選手とEVIL選手が意味深なことを言いました。

 

内藤選手「両国での内藤哲也石井智宏、挑戦権利書争奪戦発表されちゃったけどね。『オレに権利書争奪戦やらせて欲しい』、『オレが内藤を倒したいんだ』という選手が現れてくれると思ったんだけどな。言ったでしょ?『思ってることは口に出さないと誰にもなにも伝わらないんだよ』内藤哲也に魅力がないのか、挑戦権利書に魅力がないのか、それともオレと絡むことが恐いのか。まぁ、どれか分からないけどさ、どんだけ待ってても誰も現れないんだったら、もう今日この時点で受付終了だよ。大事なのは自分を応援してくれているお客様に自分の考えを伝えることじゃない。自分を応援してくれていないお客様に、そして新日本プロレスを応援してくださるお客様全員に自分の思いを伝えることが大事なんだよ。要するに口に出さないと伝わらないんだよ。分かるだろ、石井?オマエのことだよ。今日もどうせノーコメントなんだろ?明日皆様の前で新日本プロレスを応援してくださるお客様にオマエの思いを伝えろよ。じゃなきゃ誰にもなにも伝わらないんだよ、カブロン!」

 

 

EVIL「今日もスペシャルな形で超人オカダ・カズチカを闇に葬り去ってやった。どうだオカダ、熱くなってきただろ?オレにはIWGP及び新日本支配の始めとして1月4日東京ドームで内藤哲也とのシングル……の前にもう1つIWGPを懸けてやらなきゃいけない闘いがある。だから…是が非でも両国で、両国で、両国で!!IWGPをぶんどってやらないといけないんだ。そこんとこ、よく覚えとけ。This is EVIL! Everything is EVIL!すべては……EVILだ!」

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

 

内藤哲也選手に関しては、「分かるだろ、石井?オマエのことだよ。」と言っていますが、『オレに権利書争奪戦やらせて欲しい』、『オレが内藤を倒したいんだ』という選手が現れてくれると思ったんだけどな。・・・はSANADA選手に対してなのでは?と考えてしまう。

 

 


EVIL選手に関して言えば、まさしくSANADA選手に関して言っているでしょ?


1月4日東京ドームで内藤哲也とのシングル……の前にもう1つIWGPを懸けてやらなきゃいけない闘いがある。


「・・・の前に」と言っていますので、SANADA選手とのシングルをやる!ということでしょ?「G1」で負けていますので。


つまり、

 

内藤哲也選手が2回目の権利書マッチをするならSANADA選手。


EVIL選手が両国で「IWGPヘビー級」チャンピオンになれば1月4日東京ドームで内藤哲也選手と闘う前にSANADA選手とタイトルマッチをやる。


常識的に考えるなら、内藤哲也選手とSANADA選手のシングルが実現するでしょう。だって、2017年のSANADA選手は、まだサラリーマンとして仕事をやっていませんからね。


チャンスは皆平等に与えられる。

サラリーマンならみんながきちんと仕事をする。


ちなみに、2016年は11月5日:大阪・大阪府立体育会館棚橋弘至選手とスペシャシングルマッチをしております。

 

スポンサーリンク
 

 

SANADAに関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【深読み】10月9日の両国は、高橋ヒロムか?ウィル・オスプレイか?それとも3WAYなのか?|新日本プロレス

2017.9.16 広島・広島サンプラザホール大会のIWGPジュニアヘビー級選手権試合「KUSHIDA vs エル・デスペラード」戦。

 

puroresu.hatenablog.com

 


試合終了後に、勝利したKUSHIDAの前に現れたウィル・オスプレイ高橋ヒロム

 

f:id:seki77:20170917155918p:plain

 


普通に考えれば・・・


2017.10.9 両国国技館大会で3WAY。もしくは、「KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ」になるのかな?

 


ただ、2017.9.24 兵庫・神戸ワールド記念ホール大会で・・・


【CHAOS】

ウィル・オスプレイオカダ・カズチカ

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

高橋ヒロム&EVIL

 


の試合が組まれている。

 

けど、ここも普通に考えればウィル・オスプレイ高橋ヒロムから勝利で両国という流れだろう。

 

スポンサーリンク
 

 


ただ、1つ気になるというか、何かが起きてほしい・・・何かが起きるからそんなデザインにしたんでしょ?とやはり言いたいし、そうであってほしい・・・そうでなければならない!

 

 

 

このポスターはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン仕様。きっと、ただのデザインだけだろうし、何かが起こる!というわけでもないだろう。


しかし、高橋ヒロムのピクチャーTシャツが発売されて、尚且つこのポスターデザイン。

 

puroresu.hatenablog.com

 


何かが起こるなら神戸。


・・・まさか、

 


高橋ヒロムオカダ・カズチカから勝利・・・

 

「俺がやらなければならないこと、そして俺の運命、この先何が起こるか、全て見えた。見えた。思い出した。思い出させてくれたよ。(※胸を指し)この痛み。ハハハハハ! 俺のやらなければいけないこと、思い出したよ」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

この前の7日の試合で、いろいろと思い出してんだよ。俺のやらなきゃいけないこと、俺の夢。何もかも俺は前へ向かわなきゃいけねぇんだ。IWGPジュニアだけじゃねぇぞ。IWGPヘビー、オカダ・カズチカ。お前のことだって、俺は見てるんだ。


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

たまには、「非日常」味わいたいところ www

 

最後に。

現実的に考えて、2018年の東京ドーム大会の戦は、KUSHIDA vs 高橋ヒロムだろうが・・・


10月から行われるであろう、「スーパー・ジュニア・タッグ・トーナメント2017」次第でまだ分からない。


おそらく、このままいけば、田口隆祐リコシェ組が、東京ドーム大会の「IWGPジュニアタッグ」であり、挑戦者がロッキー・ロメロ組だろう。


そのロッキー・ロメロのパートナーがウィル・オスプレイであるならば高橋ヒロムの東京ドーム「IWGPジュニアヘビー級」は確定的。


後は、切り裂きジャックがジュニアの選手なのか?ヘビーの選手なのか?


まだ、まだ、分かりませんね。


では。

 

スポンサーリンク
 

 

高橋ヒロムに関する記事一覧はこちらこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【新日本プロレス・試合結果速報 2017.9.16 広島 IWGPジュニアヘビー:KUSHIDA vs エル・デスペラード|IWGPインターコンチネンタル:棚橋弘至 vs ザック・セイバーJr 他~

f:id:seki77:20170916200506p:plain

 

DESTRUCTION in HIROSHIMA


日時:2017年9月16日(土) 16:30開場 18:00開始

場所:広島・広島サンプラザホール

観客数:3,601人(札止め)

 

 

第1試合

 

【本隊】

×タイガーマスク獣神サンダー・ライガー天山広吉

vs

【CHAOS】

邪道&YOSHI-HASHI後藤洋央紀

 

 

 

 

第2試合

 

【本隊】

デビッド・フィンレージュース・ロビンソン

vs

【バレットクラブ】

×レオ・トンガ&バッドラック・ファレ

 

 

 

 

第3試合 ROPPONGI VICE FINAL MATCH

 

ロッキー・ロメロバレッタ(六本木ヴァイス)

vs

【バレットクラブ】

×チェーズ・オーエンズ&高橋裕二郎

 

 

※試合後、「新日本のヘビー、ナメるなよ。これマジ!」裕二郎がバレッタシングルマッチを要求! 

 

第4試合 

 

【本隊・飯伏プロレス研究所】

マイケル・エルガン真壁刀義飯伏幸太

vs

【鈴木軍】

TAKAみちのく×飯塚高史鈴木みのる

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

第5試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合

 

【本隊:タグチ・ジャパン】

(C) リコシェ田口隆祐

vs

【鈴木軍】

タイチ&×金丸義信

 

※チャンピオンチームが初防衛に成功

※試合後、ロッキーが新しいタッグチーム““ロッポンギ・3K””の投入を予告!ロッキーは監督に就任!?

 

 

 

 

 

 

第6試合 IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ

 

ROH

(C) ハンソン&レイモンド・ロウ(ウォー・マシン)

vs

【鈴木軍】

×デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー(KES)

vs

【バレットクラブ】

タマ・トンガタンガ・ロア(GOD)

 

※チャンピオンチームが3度目の防衛に成功

 

 

 

 

第7試合

 

【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

内藤哲也高橋ヒロムBUSHI&EVIL&SANADA

vs

【CHAOS】

オカダ・カズチカ×外道&ウィル・オスプレイ矢野通石井智宏

 

※EVILが最初に入場したが、全員揃ってから最後にリングに向かった。

 

※試合後、EVILがオカダをダークネスフォールズでリング中央に重ねた椅子に叩きつけKO!内藤は石井の右膝を破壊へ……

 

 

 

 

 

第8試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合

 

【本隊】

(C) KUSHIDA

vs

【鈴木軍】

×エル・デスペラード

 

※チャンピオンが2度目の防衛に成功

オスプレイIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦表明!さらにはヒロムも登場するが、オスプレイがヒロムをKO

 

 

 

  

 

 

第9試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合

 

【本隊】

(C) 棚橋弘至

vs

【鈴木軍】

×ザック・セイバーJr

 

棚橋弘至、防衛に成功。

棚橋弘至が次期挑戦者に飯伏幸太を指名。そして、登場。

 

sinota.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

試合結果一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【深読み】高橋ヒロム、2か月以内に「大きなイベント」が発生するだろう・・・ピクチャーTシャツが発売されたので。|新日本プロレス

日本プロレス「闘魂ショップ」より、高橋ヒロムのピクチャーTシャツが発売された。

 

 


これで、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内でピクチャーTシャツが発売されたのは内藤哲也、EVIL、BUSHI、そして高橋ヒロムと4人目。


残るは、SANADAのみとなった。


今回の記事は、ピクチャーTシャツが発売されるタイミングで約2か月以内に「大きなイベント」が起きているという点。

 

では、行きましょう!

 

スポンサーリンク
 

 


最初に発売されたのは・・・

内藤哲也で発売日は2017年3月24日。

 

そして、その1週間後にそれ行けカープ<著名カープファン/リレー映像/2017>に出演した。

 

sinota.hatenablog.jp

 


まぁ、内藤哲也に関してはプロレスに関してのイベントではないが、内藤哲也自身にとっては大きすぎるイベントに違いない。

 

 

 

次に発売されたのは、BUSHI。

発売日は、2017年5月16日である。


そして、2017年6月11日:大阪城ホール大会でこの日高橋ヒロムから勝利したKUSHIDAに対してBUSHIが毒霧を浴びせる。

 

f:id:seki77:20170613101618p:plain

 


最後は、エンセリオ「マ・ジ・で」の大合唱。約1万人が叫んだ。


その後、2017年6月27日にKUSHIDA vs BUSHIの「IWGPジュニアヘビー」のシングル戦が組まれ、惜敗した。

 

youtu.be

 

puroresu.hatenablog.com

 


ただ、BUSHIのピクチャーTシャツが発売されてからしっかりと「大きなイベント」が起きていることが分かるだろう。

 

 

 

続いて、EVIL。

発売日は、2017年6月8日である。


記憶に新しいと思うが、「G1クライマックス27」8月5日:大阪大会で、オカダ・カズチカ勝利し、10月9日両国国技館IWGPヘビー級」の切符を手に入れた。

 

puroresu.hatenablog.com

 


これも、2か月以内に絶対王者オカダ・カズチカを倒すという大きなイベントが発生しているのだ。

 

 

 

そして、今回発売された、高橋ヒロムのピクチャーTシャツ。

 

f:id:seki77:20170916081049p:plain

 

発売日は、2017年9月15日である。

 

 


今後、2か月以内で「大きなイベント」が起こることを大前提に考えるのであれば、抗争上あり得ない話ではあるが、10月9日:両国国技館での「IWGPジュニアヘビー」への挑戦。


また、抗争上で考えるなら同両国で「vs ウィル・オスプレイ」とのシングル戦。


後、11月決勝戦が行われるであろう「スーパージュニアタッグトーナメント」でBUSHIと組み優勝。


まぁ、何かしらに絡んでくるからこそ高橋ヒロムのピクチャーTシャツが発売されたと考えるのがセオリーである。

 

 


最後は、SANADA。

まだ、発売されていない。


年内に発売されることをあるのであれば、11月18日から始まる「ワールドタッグリーグ」で優勝。


または、シングルベルトへの挑戦権利か、「現・東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証」保持者:内藤哲也への挑戦(10月9日:両国で石井智宏勝利すれば石井になる)


もし、発売されないとなれば、年内の活躍はないのかもしれない。


勿論、新日本プロレス所属選手ではない!?ので発売されない可能性もあるが、4人のピクチャーTシャツが発売されて、まさかSANADAだけ作らないということは考えられない。

 

だから、SANADAのピクチャーTシャツが発売された2か月以内は期待していいだろう。

 

まずは、近々で発売された高橋ヒロムが2か月以内に「大きなイベント」が起こることを期待しましょう。

 

最後に。

 

勿論、Tシャツが作られるということはそれなりの理由がある上で書かせてもらっている。ただ、クローズアップしたまでです www

 

スポンサーリンク
 

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓