オカダ・カズチカ、柴田勝頼の挑発に「完全ヒール」だったころのレインメーカーを期待する|新日本プロレス

ニュージャパンカップ2017で優勝した柴田勝頼。 puroresu.hatenablog.com リング上でのマイクで選択したベルトは、オカダ・カズチカの持つ「IWGPヘビー級」だった。 しかし、リング上で「オカダ~」と叫んでもオカダ・カズチカは現れず、「きっと帰ったんだよ、駅近いし」と言ったが、柴田勝頼の考えは、帰っていても、楽…