【深読み】内藤哲也「手のひら返しが少しばかり退屈だったのかもしれない」|新日本プロレス

「手のひら返しが少し退屈だったのかもしれない」 ・・・この言葉は、内藤哲也ではなく週刊プロレスの記者の想像である。 週刊プロレス 2017年 5/17 号 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 発売日: 2017/05/02 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る しかし、一概に「退屈」という表現方法・・・間違ってない…