起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

オカダ・カズチカ、プロレスブーム再燃立役者はオレ!にクレーム殺到!?|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170527060738p:plain

 

GQ JAPANから発信行された記事「オカダ・カズチカ─プロレスブーム再燃の立役者」。この記事に対するコメントが「立役者はオカダではない!」と荒れている。

 

リングにカネの雨を降らせる”レインメーカー”ことオカダ・カズチカこそが、プロレスブーム再燃の立役者だ。彼がジャイアント馬場ともアントニオ猪木とも異なるのは、試合会場に女性を呼び込んだことだ。

 

「いい試合をするのはあたりまえで、大事なのは初めて観に来た人に覚えてもらうこと。カネの雨を降らせて、降ってきたお札に僕の肖像画があったら覚えてもらえる。そこは考えてやっています」

 

どうしてオカダは女性客を呼べるのか? 血なまぐさい殺し合いではなく、ドラマチックな展開を背景に、華麗な技の応酬が見られる上質なスポーツエンターテインメントに仕立て上げるからだ。オカダの登場でプロレス界が変わった。

 

「僕がきっかけだと思いますけど、プロレスラー全体の意識も変わったんじゃないですか。ありがとうオカダ、と言ってほしいぐらいの自信はあります」

 

7月、オカダが所属する新日本プロレスはアメリカで興行を打つ。「遂に来たか! という感じです。日本から本場に進出するなんて、そんなスポーツありませんよね。これからは日本のプロレスのすごさを世界に見せていきたい」と、プロレス界の革命児はさらに遠くを見る。


引用記事:GQ JAPAN

 

スポンサーリンク
 

 

ネットの声・コメント

  • 新日をここまでもりかえしてきたのは、棚橋。
  • 棚橋!
  • 棚橋!大事な事なのでもう一度いいますが、棚橋!
  • 違います、間違ってもらったら困ります。プロレスブーム再燃の立役者は棚橋と中邑です。女性客を会場に呼びこんだのも棚橋です。オカダはこの2人を受け継いだだけです。
  • きっかけは1にも2にも棚橋。彼以上の貢献者はいない。新規ファン開拓は棚橋。既存ファン盛り上げは中邑。そこからの起爆剤としてオカダ。
  • オカダだけでは成し得なかったと思うし、かといってオカダが出て来なければブーム再燃はもう少し時間がかかったかもと思う。とりあえずオカダだけじゃ新規ファンはともかく、既存のプロレスファンは牽引出来ない。そこは勘違いしてはいけない。
  • 役者は、棚橋でしょ。オカダは、その後でしょ。
  • うん。。棚橋、中邑の功績があってからこそという文章を追加すべき。
  • 低迷期を支えて抜け出したのは棚橋の功績が大きい
  • やはり棚橋。
  • ブシロードが絡んでくれたこと。会社側が女性集客にオカダを持ち上げたこと。もちろんオカダの実力も確かだけど、起因となるのは他にもあるでしょう。ただ、新日復活の1番の要因は棚橋、中邑という2人の力だと思う。
  • プロレブームを作ったのは棚橋、中邑。そして人気爆発の起爆剤になったのはオカダ。
  • 確かに、オカダ選手も今は新日本プロレスになくてはならない存在ですが…。ここまでの歴史を作り上げ盛り上げてきたのは棚橋選手であり、中邑選手だと思います。
  • 女性客が来出したのは棚橋が出て来たからだぞ。
  • ルックスもだけど、パフォーマンスも凄いからねぇ。ただ、その下地には棚橋の努力があってのものだと私も思う。
  • オカダは違うやろ。今のところまで持ってきた立役者は棚橋や。
  • これは棚橋選手と中邑選手ですね!!オカダ選手はその後ですし、棚橋選手の努力が実らせた物ではないでしょうか。
  • ごめんなさい。オカダの凄さがいまだに解らない。棚橋は好きだけど。
  • オカダはレールに乗った感じ。棚橋と中邑が立役者。今は内藤かな。
  • 棚橋がいなければ新日の再興はなかった。棚橋のファンサービスでまた新日を応援するようになった。プロレス再燃の立役者は棚橋です。そして中邑でもない。
  • オカダは違うだろ。オカダは立役者というより、用意された台本を忠実にそして高いレベルで体現できる存在。オカダはブームを一度も自らが作ってない。真面目な優等生だ。会社にとってはさぞ扱いやすい存在だろう。オカダが棚橋、中邑、そして内藤より総合評価、人気が低いのは、地を這いつくばってないから。そこからなんとかした経験がないから。セリフに深みがないし、イマイチ深みがない。本当の意味で立役者になってほしい。つまり自ら何かプランやストーリーを発信してほしい。

 


ネットの声・コメントを見る限りでは、立役者は「棚橋弘至」、次いで中邑真輔という意見が多いですね。

 

そんな立役者の棚橋弘至が「“プロレス女子”も急増!画期的改革を断行し、大復活した新日本プロレスの立役者!ブシロード木谷高明社長、棚橋弘至選手に聞く」と言う番組が、5月28日(日)午前10時~CSテレ朝チャンネル2で放送されます。

 

www.njpw.co.jp

 

ただ、それとは裏腹に現在の棚橋弘至はというと・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 



 

スポンサーリンク
 

 

棚橋弘至に関する記事はこちら

 

オカダ・カズチカに関する記事はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓