起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

ケニー・オメガ「(日本人選手というのは)一回ベルトを獲られたところでまたすぐにチャンスが巡ってくる。」と批判|新日本プロレス


2018年6月9日:大阪城ホール大会でIWGPヘビー級を初戴冠したケニー・オメガの「二夜明け会見」を見てこんな記事を書かせていただきました。

 


内藤哲也はこの「罠」に気付けるか?

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

で、

 

 

再度、この会見を視聴して新たに「気付いたこと」があったのでまたまた書かせていただきます www

 

スポンサーリンク
 

 

まず、ケニー・オメガはこのようなことを話していましたね。

 


(日本人選手というのは)一回ベルトを獲られたところでまたすぐにチャンスが巡ってくる。

 

www.njpw.co.jp

 

額面通りに受け取れば日本人選手の「早期リマッチ権」について話していると思うのですが、これってニュアンスは違えど内藤哲也と同じことを言っているのでは?と気付いたのです。

 

f:id:seki77:20180614070240p:plain

 

 

2016年4月10日:両国国技館内藤哲也IWGPヘビー級を初戴冠しました。そして、試合後にはこのように話しています。

 


まぁさ、俺がこのベルト獲っても、どうせこの新日本プロレスは、俺の言う事なんて聞かないから。なぜかね、CHAOSのお願いばっかり聞く新日本プロレスですよ。

 

www.njpw.co.jp

 

 

どうですか?

 

ケニー・オメガ内藤哲也の言っていること何となく同じに聞こえませんか?

 

 

  • ケニー:(日本人選手)またすぐにチャンスが巡ってくる。
  • 内藤:CHAOSのお願いばっかり聞く

 

つまり、ケニー・オメガの言い分としては、日本人選手は外国人選手と違って楽にタイトルマッチをこなす。例え、負けたとしてもすぐにチャンスが巡ってくるのでそこまで重きを置いていない。


内藤哲也の言い分は、自分の意見など会社から認められない。でも、マッチメイクをしている外道・邪道のユニット「CHAOS」の意見は通る。

 

まぁ、私的には、この2人は「本気」で新日本プロレスを大きくしていこうとする志が一緒なのでユニットは違えど関係性は良好だと思っています。


お互いが切磋琢磨し、お互いの活躍を見て刺激を貰う。

 

あと・・・ケニー・オメガの言葉の裏にオカダ・カズチカのリマッチを認めない!という意図があるようにも感じる。

 

もし、2019年1月4日の東京ドーム大会のメインイベントがオカダ・カズチカではなく「ケニー・オメガ vs 内藤哲也」になったら新日本プロレス「新時代到来」と考えてもいいのではないでしょうか?

 

ケニー・オメガ表紙!IWGPヘビー級「初戴冠」|週刊プロレスを読むなら「楽天マガジン」がおススメ!

 

 

楽天マガジン:月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題! 31日間無料でお試しでき、楽天ポイントも貯まる! 最大5台のスマートフォンタブレットで利用が可能。

 

勿論、週刊プロレスも読める!

18誌前のバックナンバーまで。

 

ちなみに、「dマガジン」では、1誌前のバックナンバーまでしか読めません。また、「Yahoo!ブックストア」では、12誌前まで。

 

週刊プロレスをネットで読むなら「楽天マガジン」おススメ。

 

⇒ 楽天マガジン 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事一覧

  

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ケニー・オメガに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓