起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】ケニー・オメガ、次のIWGPヘビー級挑戦者は誰なのか?バレットクラブ内紛抗争は誰が解決する?|新日本プロレス


新日本プロレスには、数多くの「伏線」が存在する。この伏線を【深読み】するのもプロレスの醍醐味。

 

 

伏線とは・・・「のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておくこと」である。

 

 

2018年6月9日:大阪城ホール大会「NEVER無差別級選手権試合3WAYマッチ」でタイチは、2018年4月29日:熊本・グランメッセ熊本で乱入しこのように言っていた。


オー、デブ、白ブタ、ハゲ、テメェ(エルガン)は引っ込んでろ。テメェが入るとややこしい。危ねえ

 

結果・・・マイケル・エルガンの勝利。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

また、ケニー・オメガ大阪城ホール前のインタビューでオカダ・カズチカについて「最強のチャンピオン」と連呼し、揶揄することはなかった。

 

www.njpw.co.jp

 


以前なら「オカダのバックには組織が存在する」など、ある意味、過激な発言をしていたし、外道がブックメーカーみたいな「裏事情」を暴露してしまうコメントも残していた。

 

puroresu.hatenablog.com

 


さらに、2018年7月7日:アメリカ・カウパレス大会が急に決まり、ケニー・オメガ大阪城ホールで勝利する「伏線」もみられた。

 

・・・つまり、何かしらのアクション、コメントで誰が勝つのか?ということも【深読み】出来てしまうのが今の新日本プロレス

 


そこで・・・

 

 

2018年6月9日:大阪城ホール大会でオカダ・カズチカの「V13」を阻止し、見事IWGPヘビー級を初戴冠したケニー・オメガの次期チャレンジャーと言うか・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

伏線を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

まず、以前、ケニー・オメガは「IWGP USヘビー級」の次期チャレンジャーについて東スポインタビューで3人の名前を出していた。

 

CMパンクレイ・ミステリオ・ジュニア、葛西純

 

結果、2018年1月4日の東京ドーム大会では、クリス・ジェリコと闘ったわけだが、「レイ・ミステリオ・ジュニア」が大阪で新日本プロレスのマットに上がっている。

 

【新日G1】1敗キープのケニー US王座を“国、団体超えるボーダーレスな存在に”

 


・・・これは、約10か月前の記事なので「伏線」と言えるだろう。

 

 

また、大阪城ホールの前日には東スポインタビューで、WWEとの「戦争」を公言し、AJスタイルズ中邑真輔ジョン・シナの名前を挙げた。

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

 


そして、オカダ・カズチカ戦で出した技・・・それは「スタイルズ・クラッシュ」・・・これはAJスタイルズの必殺技。

 

f:id:seki77:20180611102007p:plain

 


もしかしたら、2019年の東京ドーム大会でこの2人の遭遇はあり得るのではないかと「伏線」が引かれたのである。


だから、IWGPヘビー級ベルトを巻かせた!?とも考えられるし、今現在のAJスタイルズは「WWE世界王座」であるし、IWGPヘビー級でなければ価値は相応しない・・・

 

 

・・・ただ、

 

 

もっとも、強い伏線として考えられるのは・・・

 


「バレットクラブ内紛抗争」を・・・

 

誰が最後に解決するのか?ということ。

 

 

「元リーダー」のAJスタイルズが絡んでくるという「伏線」も考えられなくもないわけで・・・


だから、グダグダと抗争を引き延ばしている感も否めないわけで・・・・

 

まぁ、2018年の東京ドーム大会のことを考えればケニー・オメガがインタビューで名前を挙げていなかったクリス・ジェリコと対戦したわけだから・・・


名前が挙がっている選手から「ヒント」が隠されている・・・

 

プリンス・デヴィット(現フィン・ベイラー)の登場もあり得るわけで、タマ・トンガの反抗心もプリンス・デヴィットが来れば解決できると【深読み】出来るわけで・・・

 

 

 

注目は、内紛抗争を誰が解決しハッピーエンドに導いてくれるのか?ですね。

 

まぁ、【深読み】なので、契約云々は置いといて・・・夢は大きくね www

 

 

最後に。

 

今のバレットクラブの内紛抗争って、誰が見ても「グダグダ感」が否めないわけで、どーしてここまで長引かせる必要があるのか?と考えた場合、やはり最後に「ビッグサプライズ」があるからだと思うんですよね。


正直、このままcodyがケニー・オメガと「すんなりと」仲直りしたところで「何だったの?」という感じもあるし・・・


だから、プリンス・デヴィットAJスタイルズの登場もあり得るのでは?

 

まぁ、次期チャレンジャーとしては、codyなのか?飯伏幸太なのか?だとは思うのですが www

 

追記

2018年7月7日:アメリカ・カウパレス大会でケニーオメガの持つ「IWGPヘビー級」に挑戦するのはcodyになりましたね。

 

 

 

puroresu.hatenablog.com 

 

スポンサーリンク
 

 

ケニー・オメガ表紙!IWGPヘビー級「初戴冠」|週刊プロレスを読むなら「楽天マガジン」がおススメ!

 

 

楽天マガジン:月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題! 31日間無料でお試しでき、楽天ポイントも貯まる! 最大5台のスマートフォンタブレットで利用が可能。

 

勿論、週刊プロレスも読める!

18誌前のバックナンバーまで。

 

ちなみに、「dマガジン」では、1誌前のバックナンバーまでしか読めません。また、「Yahoo!ブックストア」では、12誌前まで。

 

週刊プロレスをネットで読むなら「楽天マガジン」おススメ。

 

⇒ 楽天マガジン 

 

 

関連記事一覧

  

ケニー・オメガに関する記事一覧はこちら

 

バレットクラブに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓