薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【感想】ケニー・オメガの飯伏幸太「愛」の記事を読んで・・・|新日本プロレス


スポwebからケニー・オメガ飯伏幸太「愛」のインタビュー記事が配信されましたね。

 

ケニーが飯伏と再合体  あふれ出した盟友への思い

f:id:seki77:20180130130510p:plain

 

新日本プロレス28日の札幌大会でIWGP・USヘビー級王者ケニー・オメガ(34)が、ジェイ・ホワイト(25)に敗れて王座から陥落した。試合後のリング上でバレットクラブ(BC)の内紛が勃発したが、何とかつての盟友・飯伏幸太(35)が登場してケニーを救出。ついに「ゴールデン☆ラヴァーズ(GL)」の絆が復活した。待ち望んだ瞬間の到来に、ケニーは本紙に熱い思いを激白した。

 


冬の札幌決戦は衝撃的な結末となった。終始優位に試合を進めていたケニーだったが、片翼の天使を切り返されてのブレイドランナーでUS王座から転落した。

 


さらに試合後のリング上ではBCが分裂。Cody(32)の裏切りにより孤立したケニーを、何と飯伏が救出したから驚きだ。熱い抱擁を交わすと、ケニーは飯伏に肩を借りて会場を後にした。

 


ケニーは新日本に移籍した2014年10月に飯伏とたもとを分かったものの、胸の奥底ではずっと再会の瞬間を待ち望んでいた。08年に飯伏と戦うためにカナダから海を渡りDDTに初来日。GLとしてタッグを組み、プロレス界を席巻した。国境を超えて巡り合った相棒であり、親友と呼べる存在だった。

 


この日の夜、本紙の取材に応じたケニーは「助けに来た時に、一瞬でGLの時代を思い出した。イブシの気持ちはいつも不思議なんだけど、今日はちょっとだけ理解できた気がする。本当のケニーはイブシの側にいる存在なんだ」と心境を明かした。昨年のG1クライマックスで飯伏が古巣復帰を果たしたとき、ケニーは決勝戦での対戦希望を口にしていた。「そう言っていたけど、本当は一緒のリングに立ちたいという気持ちが一番だった」と当時を振り返る。

 


異国のリングで飯伏の背中を追い続けてきたカナダ人レスラーは、今や世界一のベストバウトマシンと呼ばれる存在になった。世界最大のプロレス団体WWEからのオファーも何度もあったが、飯伏との再会を信じて断り続けた。

 


「やっぱり待っていたから。イブシが一緒にいないと意味がない。一緒に世界を変えたかったんだ。BCではベルトを取ったりして活躍した。でもそれは仕事の域を出ない。GLは俺にとってプロレスを超えた存在でありリアルライフだ。もちろんそれがかなったからといって(新日本から)バイバイする気もないよ」

 

ケニーの今シリーズ参戦はこの日までで今後は全くの白紙だが、BC分裂が決定的な以上、GL再結成の日は近いと見られる。「いまのイブシの夢が私と一緒かどうかは分からない。でももしも同じだと言うなら、きっと2人ですごいことができると思う」と目を輝かせたケニー。すれ違いを続けながらも互いに成長を遂げてきた“恋人たち”のプロレス人生は、ついに再び交わる時を迎えた。


引用記事:東スポweb

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

飯伏幸太が「2018年の大予言」として内藤哲也「失速」と言う記事が、1月4日の東スポ記事に書かれていたが、ケニー・オメガと組むことで、この発言がリンクしてきましたね。

 


つまり、失速する理由は・・・


2018年は、ケニー・オメガ飯伏幸太の「ゴールデン・ラヴァーズ」の人気が上がる、そして、会社からの「推し」があるのかもしれない。

 


また、こんなことも言っていますね?


「(内藤哲也は)2018年は失速して“こっち側”に戻ってくる」

 


そして・・・


「年内には57年興行ができるかもしれない」

 


と・・・

 


57年興行と言うのは、同い年の集まりみたいなものですね。メンバーは、内藤哲也飯伏幸太に現在「DRAGON GATE」所属の鷹木信悟東スポ記者岡本氏の4人。


これは、内藤哲也のブログ記事にも書かれています。

 

ameblo.jp

 

 

すべてをまとめると・・・


内藤哲也は、ヒールユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」抜け、または脱退し、ベビーフェイスになる・・・


まぁ、飯伏幸太の大予言が当たればですが・・・

 


私的に・・・内藤哲也にとって飯伏幸太ケニー・オメガが組むことで「プラス」しかないような気がするのですが・・・あなたはどうですか???

 

だって、現在の新日本プロレスと言えば、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの人気があまりにも凄いじゃないですか?


そこへ、ライバルが出現することで、レベルの高い「支持率の攻防」が見られるわけですから。


今までは、対オカダ、対ケニー・オメガだったのが、ユニット同士の人気争い。

 

これは、見物でしかないですよね www

 


ただ、問題は、棚橋弘至が本調子じゃないため、飯伏幸太ケニー・オメガは「本隊」所属となる可能性が高い。

 

 


そう考えれば、ケニー・オメガのメディア出演も多くなるだろう。武器は、日本語をしゃべれる外国人。


また、海外の番組にも露出が増えていくだろう。


勿論、新日本プロレス全体のことを考えれば、得しかないし、どんどん露出は増やしていくべき。


けど、人気ユニットとしての攻防は別問題。


今まで、棚橋弘至真壁刀義、そしてオカダ・カズチカと「個人」でメディア出演はしていたが、飯伏幸太とケニーオメガ両方とも露出が増えれば・・・

 

飯伏幸太に限っては、さらに増えればですね?


まぁ、内藤哲也ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンにとって、しっかりとした「ライバルユニット」が登場することで、今まで見た時のない光景が我々には見られるかもしれない。

 

そう、それは、東京ドーム大会満員の中でのコール合戦。

 

いや~想像するだけでも、ドキドキ・ワクワクですね www

 

スポンサーリンク
 

 

飯伏幸太に関する記事一覧はこちら

 

ケニー・オメガに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓