薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】タイチの一問一答!を読んで・・・胸熱になってしまった|新日本プロレス


f:id:seki77:20180518181016p:plain

 

日本プロレススマホ会員限定で「タイチの一問一答!前編」が公開されたのですが、最後の一文を読んで「胸熱」になったので【感想】を書こうと思う。

 

 


まず、タイチは、内藤哲也の煽りを受けて!?最近ヘビー級に転向したわけだが、2018年6月9日:大阪城ホール大会で「NEVER無差別級」に挑戦することが決まった。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

そんな中、一問一答!でこんなことが書かれていた。

 

ベルトを取ったらジュニアの選手と闘う。

 

スポンサーリンク
 

 

もし、もしですよ・・・


タイチがヘビー級に転向した「本当の理由」が、ジュニアの世界に「光」をあてるためだとしたら・・・胸熱ではないか?


今現在、ジュニアには「IWGPジュニアヘビー級」と「IWGPジュニアタッグ」2つのベルトしか存在しない。

 

対してヘビー級には5つもベルトが存在する。

 

 

ジュニア選手として闘ってきたタイチにとってジュニアのベルトの少なさはずっと気になっていただろう。だから、自らヘビー級に転向しジュニアとの架け橋になろうと考えたのではないだろうか?

 

よくファンの間では、ヘビー級選手とジュニアの選手がベルトをかけて闘えばいいという意見が存在するが、ヘビー級選手にとってのジュニア選手の存在は「勝って当たり前」と言う認識だと思う。

 

つまり、ヘビー級選手が自ら志願しジュニアの選手と闘うことは、ある意味「勝って当たり前」という考え方。だから、何のメリットもない。


逆に、ジュニア選手側から見ればヘビー級選手に勝つことはメリットだらけ。


私が言いたいことは、もし仮に、タイチがジュニア選手側の視点を強く意識してのヘビー級転向であるならば、新たな風が吹くかもしれないということ。


また、ヘビー級選手自らジュニア選手にタイトル戦を申し込める環境が出来たならタイチの功績は凄いと言えるだろう。

 

・・・タイチ恐るべし www

スポンサーリンク
 

 

最後に。

 

高橋ヒロム、マーティー・スカル、KUSHIDAとジュニア界を盛り上げようと必死になって会社に訴えている最中、ベストオブスーパージュニア25の記者会見でマーティースカルが熱く語りましたね。

 

youtu.be

 

■マーティー・スカルのコメント


「みなさん、こんにちは。まずは記者会見に遅れてしまったことを謝罪したいと思います。シカゴでのROHの戦いのあと、すぐに日本に飛ぶはずだったんですが、数々の遅延、フライトのキャンセルが相まって約30時間、現地で待機することになりました。そのあと16時間かけて日本に到着し、今日はこのままホテルに行こうと言われたのですが、間に合わなくてもいいから会場に行きたいということで、車でそのまま連れてきてもらいました。で、車の中で着替えをしたので、髪型や服装が乱れているところがあったら、それもお詫びしたいと思います。なぜここに来たかったかというと、もちろん自分自身がこの階級にすべてを注いでいるからです。このトーナメントこそが、その大切なジュニアの階級の最強を決める大会であると。ジュニアがヘビーに劣るという考えは、私は好きではありません。私はジュニアの中でも最高の戦いができる人間がいると思ってます。なのに、いまジュニアのトップに立っているこの男(オスプレイを指して)は、体重を上げてヘビー級に転向しようと示唆し始めている。それは自分の中ではどうしても許すことのできない考えです。あと、やはりジュニアの選手はタッグチームを組んだ入場のときに、自分の入場曲を使ってもらえない。これも私の中では少し疑問に思っていることです。わずか5kg、10kg体重が重いだけで、入場曲を使わせてもらえるという権利があるのでしょうか。入場といえば、自分こそが最高にカッコイイ入場をすると思っています。そのへんからすべて、ジュニアという階級の扱いを変えていきたいと思っていますが、変革するには自分がジュニアの最強にならなければいけない。だからこそ、ここでトップに立つ。ウィル・オスプレイ、オマエに勝って、そしてオマエの首をへし折ってやる!」


引用記事:新日本プロレス

 

 

記者会見の会場が「G1クライマックス」と同じことを考えれば、状況は少しずつ変化し出してきているが、まだ、そのスピードは遅い。

 

そんな中、タイチの考え方・・・まぁ、勝手な【深読み】だが、ジュニア選手の想いを強く知っているからこそのヘビー級転向であるならばジュニアの向上は今より早く良い方向に導かれるかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

 

タイチ・鈴木軍の記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓