薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

タイチ、後藤洋央紀をディスる。今更だけど、何でケイオスに加入したの?いや、行かされたの?|新日本プロレス


f:id:seki77:20180830052742p:plain

 

イチは、プロレスファンが公の場で口には出せないことを言ってくれるから面白いよね。

 

タイチが洋央紀を徹底こきおろし

 

2018年8月30日、東スポwebより、タイチのインタビュー記事が更新された。


9月17日の新日本プロレス大分・別府ビーコンプラザ大会でNEVER無差別級王者・後藤洋央紀(39)に挑戦するタイチ(38)が「世紀の大誤審」の証明を予告した。

 今春からヘビー級に転向したが、G1出場メンバーから落選。この怒りをぶつけるかのように、NEVER挑戦を表明した。「別に何でも良かったけど、一番簡単に取れそうじゃん。落選させられたこと、俺は『世紀の大誤審』って言ってきた。もしG1に出られなかった俺がベルトを取ったら、新米社長(ハロルド・ジョージ・メイ氏)は選出ミスを認めて俺のとこに頭下げに来い」

 どこまでもNEVER王者を軽んじており「もう逃したでしょ、いろいろ。田口(隆祐)みたいに後藤も間もなく脱落だよ。ヨシタツもとっくに脱落したし。中邑(真輔=現WWE)は…まあ向こうでやってるし、あとは俺と中邑に任せて、お前らはもう余生を楽しんでろ」と同世代戦士を勝手に分類した。

 後藤はG1のBブロックで3勝6敗の最下位タイに沈んだ。タイチは「もう誰もG1のGは後藤のGだなんて思ってねえ。ベルトなきゃ、来年はアイツも出られないだろ」と吐き捨て、ベルト奪取で自身の来年のG1出場権も確定させるつもりだ。

 鈴木みのる(50)とのノンタイトル戦で別府大会のメインイベントに出場する内藤哲也(36)からは、王座戦セミファイナルに甘んじたNEVERベルトの存在意義を問う声も上がる。「そりゃ、後藤が持ってたら、そう思われても仕方ないよね。今のままなら俺も意味ないと思うよ。ま、俺がベルト持ったらそうは言わせねえけどな」と不敵に笑ったタイチが、新日本のヘビー級戦線に新たな風を吹き込む。


引用記事:東スポ

 

スポンサーリンク
 

 

後藤洋央紀ってなんでケイオスに行ったの?


前々から思ってたことなんだけど・・・


後藤洋央紀って今39歳でしょ?


ケイオスに加入したのって、2016年3月12日、「ニュージャパンカップ2016」の決勝戦で、内藤哲也に敗れてからだよね?

 

f:id:seki77:20180830051022p:plain

 


つまり、37歳。


サラリーマン的に考えれば、課長くらいかな?


出世しててもおかしくない年齢。


あのとき、新日本プロレスを支えていた選手と言えば、私の感覚で言うと、棚橋弘至内藤哲也後藤洋央紀中邑真輔なんだよね。

 

 

後藤洋央紀「以外」出世してるよね?

 


成長というか・・・階段を駆け上がっているというか。

 

37歳で本隊を抜け、ケイオスに加入した!?

 

・・・いや、

 

本隊を追い出され、ケイオスに出向させられたと考えれば、後輩を育てる力がないと会社から判断されたから、ケイオスに行かされたとも考えられる。


現実問題、内藤哲也は、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのリーダーだし、棚橋弘至はヤングライオンの世話をしている心象を受けるし。

 

中邑真輔WWEで世界的有名レスラー。

 

 

後藤洋央紀は???


YOSHI-HASHIと仲良しこよししているだけ?

 

同級生でもある柴田勝頼アメリカで指導者として先頭に立っているわけで・・・

 

「適材適所」という都合のイイ言葉は存在するが・・・

 


今、ネバーのベルトを持っているけど、もし、タイチに負けたら本当の意味で何もなくなると思うよ。

 


やっぱり転機は、2016年の「G1」優勝決定戦なのかもね。

 

f:id:seki77:20180830052002p:plain

 


あそこで観客から大きなブーイングを頂いたのに、何も出来なかったことが悔やまれる・・・ような気がする。

 

スポンサーリンク
 

 


あと、2017年8月1日:鹿児島・鹿児島アリーナ「G1」の内藤哲也戦。

 


何かを後藤洋央紀に伝えるために奇襲仕掛けたのに・・・

 

f:id:seki77:20180830050615p:plain

 

試合後のコメントでは・・・

 

後藤「(※腰を押さえながら)悔しいけど、ほんとに認めたくないけど、あいつの今の勢いはすげえな。

 

内藤「彼は、俺が提案したキャプテン・クワナを蹴って、CHAOSに入ったわけでしょ? CHAOSに入って約1年半、彼はいったい、なにが変わったんだろうね? ま、いまだにさ、キャプテン・クワナの席は空いてるよ。滝でも打たれながら、キャプテン・クワナへの変身を、そろそろ真剣に考えた方がいいんじゃないの、後藤さん? はあ……ま、『G1 CLIMAX』も後半戦、皆様、この夏を、『G1 CLIMAX』で、LOS INGOBERNABLES de JAPONで、そして内藤哲也で、皆様、存分に楽しんでください。では皆様、アスタ・マニャーナ、アディオス」


引用記事:新日本プロレス公式

 

・・・って。。。

 

まぁ、後藤洋央紀は天然でほっとけないレスラーというのは分かるんだけど、あれだけの肉体を持ち、顔立ちも良いんだから何かしら輝いては欲しい。

 


真壁刀義みたいに・・・

 

・・・ホントにカッコイイんだよ、後藤は。

真壁みたいに時代劇にでも出演すればいいのにね。

 

 

内藤哲也デビュー10周年記念DVD NAITO 10 ANIVERSARIO
TCエンタテインメント (2016-08-26)
売り上げランキング: 24,740
楽天ブックス

 

16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア
ジュウロクホウイ(16directions) (2018-04-28)
売り上げランキング: 52,177
楽天

 

もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L)
シナダグローバル (2016-09-30)
売り上げランキング: 1,418
楽天 (ベビー、キッズと雑貨のお店ナカヤ)

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


当ブログ、2016年9月~初めて、約2年くらい経過しました。

 

トータル記事数は「829記事」。

 

2年で「730日」と考えれば、1日1記事以上投稿してきた計算になります。


そこで、結論から申しますと・・・

 


当ブログの路線を変更しようと思います。(あまり変わらないけど www)

 


最近の投稿で「勘が鋭い人」、また「ブログ運営」している人は気付いているかと思いますが、何か今までと違う感じはしましたよね?

 


勿論、今まで通りプロレスのことも書いていきますが、ちょっと、私のブログを参考にしている?真似をしている?ライバル視している?ブログがあまりにも増えたので、そろそろ「差別化」を図らないといけない時期と思っております。


・・・この記事を読んでいるブログ運営者「オレのこと言っている・・・」と「ドキっ!」としていることでしょう。

 

(閲覧しているだけの人には気付かれないと思いますが・・・)


まぁ、プロレスブログが増えることは素晴らしいことですし、望んでいたことなのでイイのですが・・・


今時代、何かしらの発信をしてもらう方が、●●にもなりますし、新日本プロレスの発展にもなりますので・・・あえて「今」は名前は伏せておきます www


私としては、切れ味鋭い、思考ブログを求めていたのですが、尊敬するあの人を超える人は「まだ」おられませんね・・・ www


まぁ、詳しくは、本日の夕方か明日にでも書きます。

 

※書きました!

 

puroresu.hatenablog.com

 


では・・・

 

 


あっ!


ブログランキングの順位が下がっているという指摘をいただきましたが、なぜ、下がっているのか?答えは、私の記事の書き方ではないですよ。もっと、調べてから言葉に出してくださいね。


ちなみに、本日朝に投稿したブログ記事のリアルタイム閲覧人数は以下の画像です。

 

f:id:seki77:20180830082350p:plain

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

タイチに関する記事一覧はこちら

 

⇒ 後藤洋央紀に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する雑誌一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。