薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

タマ・トンガ「SNSでの不適切発言などによりしかるべき処置」を会社から受ける、理由は?|新日本プロレス


日本プロレス公式からの発表で・・・

 

この度、タマ・トンガ選手のSNSでの不適切発言等により、新日本プロレスは事態を重く受け止め、選手本人に対して、しかるべき処置を行う事としました。
 
また再発防止に向けてあらゆる措置及び防止策を講じていきます。
 
ファンの皆様におかれましてはご理解のほど宜しくお願い致します。


引用記事:新日本プロレス公式

 

現在、新日本プロレスは「G1クライマックス28」最中。


そして、タマトンガも出場しています。


そんな中の、このニュース。


一体何があったのか?

 

スポンサーリンク
 

 

SNSでの不適切発言


公式の発表によるとSNSでの不適切発言」となっていることから、HIROSHIさんのツイート情報が正しいかと思います。

 

 


ただ、「等」ということが書かれていることから推測すると「他」にも事情はありそうですよね?

 

 

2018年8月5日:大阪大会でお客様に手を出した。

f:id:seki77:20180807214201p:plain

 


まぁ、明らかに、野次を飛ばしたお客様が悪いのだと思うのですが、手を出してしまった(正確には首に手を当てただけ!?)のはどうか思う。


ツイッター上では、タマ・トンガの肯定ツイートも多数だが、現在の新日本プロレスの規模を考えれば、今回の「処置」は私は正しいと思う。(これが原因かは分からないが・・・)

 

sp.njpw.jp

 

スポンサーリンク
 

 

ゴミのポイ捨て動画。


8月5日、タマ・トンガ本人のツイッター上で、パフォーマンスと思われる「ゴミポイ捨て動画」が公開された。

 

 


勿論、パフォーマンスだと思うし、逆に「ごみ捨てはダメだよ!」と訴えかけているようにも感じる。


でも、すべての人がプラスに物事を考えるわけではないので、もしかしたら、会社に何かしらの連絡があったのではないかと推測できる。


ただ、この動画を消していないは何故なのか?と考えれば、この動画が原因で「しかるべき処置」をとったわけではないような気もするが・・・

 


最後に・・・

 

カール・アンダーソンが何かしらのメッセージを残している。


現在のタマ・トンガと言えば、ラフファイトを魅せ、試合をぶち壊し反則ばかりしている状態。


ここまで続けているとなれば、何かしらのストーリーに繋がるのがセオリーだろう。


そこで、気になるのが元新日本プロレス所属のバレットクラブ・カールアンダーソンのツイートだ。

 

 


直訳すると、近日中に何かしらの発表があるらしい。


まぁ、新日本プロレスに戻ってくるとかではないと思うが、タマ・トンガとのつながりを考えると何かしら期待してしまう。


2019年1月で契約が終了みたいなので。

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

「G1クライマックス28」に関する記事一覧はこちら

 

バレットクラブに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する雑誌一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。