薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】ニュージャパンカップ2018・優勝予想|新日本プロレス


f:id:seki77:20180226200804p:plain

 

2018年ニュージャパンカップの組み合わせトーナメントが発表されたので私なりの【予想】を書きたいと思う。

 

 


まず、以前の記事で優勝候補に挙げていたのは石井智宏でしたが、飯伏幸太ケニー・オメガ「ゴールデン・ラヴァーズ」復活により、優勝は飯伏幸太ではないか?と【予想】します。

 

理由としては、ケニー・オメガとの「格」を並べるため。もちろん、ファンの中で飯伏幸太がどれだけ素晴らしいレスラーかは知っていると思う。けど、ケニー・オメガと比べた場合「実績」の部分ではかなり劣るのではないか。

 

その「穴」を埋めるためには飯伏幸太の優勝はかなり濃厚かと。あと、飯伏幸太ニュージャパンカップに出場するのに、ケニー・オメガが出場しないのはあまりにも不自然だ。

 

巷の噂では、首のケガとされているが、せっかく「ゴールデン・ラヴァーズ」が復活したのに出場しないとなると明らかに飯伏幸太に「実績」を積ませるための心理なような気もする。

 

【新日本】ケニー「NEW JAPAN CUP」参戦せず

 


更には、タイガーマスクWの最終回でオカダカズチカ vs 飯伏幸太の遭遇があった。


その遭遇は、意味なかったのか???

 

あと、この「ニュージャパンカップ2018」で優勝することで、きちんとしたストーリーが出来上がる選手は数名存在する。

 

スポンサーリンク
 

 

棚橋弘至


この「ニュージャパンカップ2018」で優勝したら2018年4月1日・両国国技館大会でIWGPヘビー級王座か、IWGPインターコンチネンタル王座か、NEVER無差別級王座への挑戦選択権が与えられる。


もし、そこで棚橋弘至が「IWGPヘビー級王座」を選べば、自身の記録でもある「V11」を阻止できる。

 

 

 

内藤哲也


2018年1月4日・東京ドーム大会でオカダ・カズチカに負けている。そう考えれば「リベンジマッチ」となる。また、クリス・ジェリコとのストーリーもあることからベルト奪取からのジェリコ戦もおもしろそうだ。


更には、4月の両国と言えば、内藤哲也が「IWGPヘビー級初戴冠」のときでもある。


それから、内藤哲也の時代が本格的に始まったと言っても過言ではない。

 

 

 

SANADA。


2018年2月10日・大阪でオカダ・カズチカに敗れた。なので「リベンジマッチ」となる。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


また、4月の両国と言えば内藤哲也の試合で乱入・加入と忘れられない大会でもある。

 

puroresu.hatenablog.com



前回の大阪大会ではかなり評価の高い試合をしたことから次戦えば勝つ可能性もある。


さらに、2018年はSANADAの飛躍の年と考えてもイイだろう。

 

 

 

タイチ。


内藤哲也の煽りでヘビー級に転向したタイチ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

初戦の相手が棚橋弘至となれば、去年の「ニュージャパンカップ2017」が思い出される。初戦でEVILと闘い、毒霧で棚橋弘至は負けた。そして、それからのEVILは2017年「G1クライマックス27」でオカダ・カズチカに勝利するなどの活躍をした。

 

puroresu.hatenablog.com

 


そー考えれば、今年、タイチをプッシュする可能性もある。相手が棚橋弘至でもあるし。あとは、旗揚げ記念日で内藤哲也とどのような試合をするのか?また、どれだけお客様を納得させるかがカギとなるだろう。

 

 

まとめ。


私の予想としては・・・

 

 

超大穴で言えば「マイケル・エルガン」。なぜなら、本隊のヘビー級選手の弱体化を避けるため。


では。

 

スポンサーリンク
 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓