薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】バレットクラブにとっての5周年記念興行。サプライズ演出がなかったことが「サプライズ」なのかもしれない。|新日本プロレス


f:id:seki77:20180504062714p:plain

 

2018年5月3日:福岡・福岡国際センターで行われた「バレットクラブ主体の興行」・・・結果的にサプライズはなかったものの、考え方によってはサプライズ演出がなかったことが「サプライズ」だったのかもしれませんね。

 

 

 


2013年5月3日:福岡・福岡国際センターでバレットクラブは結成・誕生しました。

 

puroresu.hatenablog.com

 


そんな中、今回の興行・・・5周年記念だったわけです。

 

 

勿論、ファンとしては、内紛抗争、ボーンソルジャーの存在と期待してしまうフラグがビンビン立っていたので、何かしらのサプライズを期待してしまうものなのですが、選手側の気持ちを考えると、何も起こらず、ただ、ただ、5周年を祝う大会という位置付けが正解だったのかも・・・


だって、会社だって1年で倒産してしまうのが7割、8割なわけで・・・そう考えると、5年って結構凄いこと・・・。だから純粋に祝う、これも正解。

 


・・・また、こんな考え方も出来ます。

 

 

新日本プロレスという会社が、バレットクラブの5周年を「主体」で開催してくれた。


しかも、小さい会場ではなく、大きな会場で。


また、外国人ユニットなのに、ここまで力を注いでくれた・・・もしかしたら、新日本プロレスに感謝しているのかも。


事実、結成当初のメンバー、バッドラックファレ、タマ・トンガの試合後のコメントには感慨深いものを感じますし・・・

 

ファレ「向こうがいいチームだから負けたまでだ。5年だ、あれから5年……5年前の5月、『(レスリング)どんたく』が始まりだった。そして5年……」


タマ「さらにいいチームになろうと、俺たちで築いていったんだよな……。5年間にはいろいろな思い出が詰まっている。いろいろなこともあったしな」


ファレ「今日はどちらも負けてなんかいない。どっちも勝利だ」


タマ「そうだ。両方の勝利だ。また一つ、思い出ができたぜ」


ファレ「ドク・ギャローズ、カール・アンダーソン、フィン・ベイラー(プリンス・デヴィット)、AJスタイルズを失ってしまったけどな……。BULLET CLUB 4 Life……」

 

引用記事:新日本プロレス

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


今回の大会、観客数は「4,066人」と、満員でもなく、札止めにもならなかった。


また、このレスリングどんたくは初の「2days」・・・会社側としては、全力で宣伝し、全力で満員にしたいと考えると思うのですが、そこを敢えて初日を「バレットクラブ主体の興行」にした。


菅林会長の思惑は「両日とも満員」とインタビューで答えてはいましたが、実は裏ではこんなことを考えていたのではないでしょうか?

 

www.njpw.co.jp

 

www.njpw.co.jp

 


5月3日はバレットクラブ結成・誕生の日。だから、福岡大会は2daysにしよう。初日はバレットクラブ主体の興行にして、メインを5月4日にしよう。

 

・・・まぁ、完全な【深読み】ですが、今の新日本プロレスの資金力なら出来ると踏んだんじゃないですかね。


もし、新日本プロレスが外国人ユニットのためにここまでの「サプライズ」をしてきたなら、ある意味、未来は明るいと思いますし、外国人にとっての新日本プロレスは益々居心地がいいものに変化していくのかも。


これは、バレットクラブを結成したプリンス・デヴィットのおかげでもありますし、AJスタイルズのおかげでもある。


でも、1番の貢献者は、バッドラック・ファレタマ・トンガ。揺らいだ時期もあったと思いますが、ここまで残っててくれたからこその5周年記念。


また、ケニー・オメガのおかげでもある。


WWEに行かず、新日本プロレスに残って「新日本プロレスを大きくする!」と心底考えているからこそ、最後のマイクは日本語メインの英語でちょこっと話すというサプライズ演出。

 

ケニー「(※日本語で)お~、久しぶりですね(※大歓声&大拍手)。


正直言うと、いまのマイクパフォーマンスで、全部日本語で話したかったんですけど(※場内笑)、疲れちゃって、頭が回さないんですよ(回らないんですよ)。


だからさ~、もし、オーケーだったら、少~し英語で言ってもいいですか?(※大歓声&大拍手)


今度はね、今度があれば、冗談ですよ、絶対ある。今度は、もちろん、全部、100パ~セント、ケニー・オメガのキレイな日本語で、マイクパフォーマンスするんですよ。楽しみにして下さい(※大拍手)。


で~も、(※英語で)ここまで来るのはずいぶん長かったけど、今日は博多で初めてのメインイベント。見に来てくれたみんな、本当にありがとう(※大歓声&大拍手)。


(※日本語で)明日も(試合が)あるから、明日会いましょう。もちろんメインイベントじゃないんですけど、明日も楽しみにしてます。みんな来てくれてありがとうございます(※大拍手)。

 

あとは~もちろん♪ いつもの言うセリフ。凄い大人気、言ったセリフ。GOOD BYE&GOOD NIGHT.BANG!」

 

本当に素晴らしい興行でした。


ありがとう。

スポンサーリンク
 

 

バレットクラブに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓