薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

高橋ヒロムが田口隆祐を大好きな理由・・・それは、新日本プロレス入団テスト「5秒75」にある。


f:id:seki77:20180528093645p:plain

 

2018年5月27日:愛知・名古屋国際会議場・イベントホール「ベスト・オブ・スーパージュニア25」のメインイベント・・・

 


高橋ヒロム vs 田口隆祐×

 

 


高橋ヒロムは試合後のマイクでこのように語った。

 

オ~~イ、田口さ~ん!! 俺は! アンタのプロレスが! 大好きだ~~~!!

 

引用記事:新日本プロレス公式

 

 

まぁ、田口隆祐のプロレスが好きと語ったのですが、実は、「好き=感謝」が本当の答えなのである。

 

スポンサーリンク
 

 

高橋ヒロムは、田口隆祐がいなかったら新日本プロレスに入団できていなかった。


2009年5月・・・高橋ヒロム新日本プロレスの入団テストを受けた。

 

結果は・・・「不合格」。

 

しかし、当時、試験官を務めていた田口隆祐が・・・

 


「あの人、よかった」

 


と言った。

 

 

それで、見事「合格」となったのである。

 


・・・でも、

 

なぜ、試験管だった田口隆祐「たった1人」が「よかった」と言ってくれたのか?

 

 

それは・・・

 


高橋ヒロムの50m走のタイムが「5秒75」と陸上選手並みの好タイムだったからである。

 


このタイムは、朝原宣治氏に並ぶ日本タイ記録が新日道場前のアスファルトで誕生したことになるのだ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

・・・ちなみに100mだと「11秒00」で、元阪神タイガース盗塁王赤星憲広氏」は10秒6。


また、オカダ・カズチカも足が速いことで有名だがタイムは「5秒94」と高橋ヒロムの方が実は速いのだ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

まぁ、私が思うに・・・


高橋ヒロム田口隆祐「愛」は好きではなく・・・

 

感謝だと思うんですよね。

 

「永遠の感謝」。

 

 

 

・・・その後、新日本プロレスに入団して、プロレスを教わったのは内藤哲也ということは有名ですね?

 

 

「練習生の頃は、何をやっても駄目だった」と認めるヒロム。道場で怒られ続ける毎日だった。そんなヒロムに、こう声をかけて来た先輩がいたという。

 

 

『俺で良ければ、プロレスを教えるよ』

 

 

「今でも忘れません。あの言葉がなければ、デビューすら出来なかった」と語るヒロム。発言の主は?

 

 

「内藤さんです」

 

sinota.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧

 

【新日本】IWGPジュニアV2戦の高橋ヒロム 挑戦者・田口への特別な思い

 

www.njpw.co.jp

 

www.njpw.co.jp

 

www.njpw.co.jp

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

スポンサーリンク
 

 

「ベスト・オブ・スーパージュニア25」に関する記事一覧はこちら

 

高橋ヒロムに関する記事一覧はこちら

 

田口隆祐に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓