薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

2017年、私とあなたの心に残る「衝撃シーン」ランキング発表&投票|新日本プロレス


2017年も残り「3日」となりました。


プロレスを見ていると「時」が過ぎるのが本当に早いですね www


2018年1月4日:東京ドーム大会まで「1週間」となり、徐々に興奮度が高まってきたのですが・・・


私自身、今年1年を振り返って「思わず声を出してしまった」シーンがいくつか存在します。


普段、感情をあまり表に出さない私ですが、それでも、喜怒哀楽が「おもわず」出てしまったシーンがいくつかあるです。


・・・きっと、私の私情など興味ないと思いますが・・・


普通なら、MVPとかベストバウトをここで紹介するのがセオリーだとは思うのですが、私的にプロレスにもっとも期待することは「非日常」であり「サプライズ演出」。


なので、あえて「喜怒哀楽」に的を絞り、それをランキング形式で紹介したいと思います www


尚、当記事の最後には読者様も投票できるようにさせて頂いておりますので、もしよろしかったら投票お願いします・・・


ちなみに、「5つ」紹介しますが、すべてロスインゴベルナブレスデハポンのメンバーであり、関連する事件!?でもあります。

 

では、始めます!

 

第5位:SANADAの笑顔

 

f:id:seki77:20171229121147p:plain


2017年7月25日:「G1クライマックス27」のオカダ・カズチカ vs SANADAの一戦で魅せた、SANADAの不敵な笑顔はかなり興奮しました。

 

puroresu.hatenablog.com


確か・・・この一戦を迎えるにあたり、SANADA自身は「オカダに3連敗はしたくない!」と発言し、また、ファンからは感情を表に出すことが予想されていました。私もその感情がリングの上で見られる!と思い、この一戦を見ていましたが、「笑顔」が出た時はちょっと感動しましたね www

 

 

 

第4位:EVIL、オカダ・カズチカを倒す!

 

f:id:seki77:20171229121422p:plain


前評判で期待されていた「オカダの敗戦」・・・予想通りの結果だったんですが、オカダがジャーマンを仕掛けたときに「あぁ~あっ」と声を出したことを覚えています。でも、そこからのカウンターのEVILが決まった時は、レッドシューズ海野と一緒にカウントしたことを覚えています。

 

puroresu.hatenablog.com


また、最後のマイクで何を言うのか?期待していて、「オカダ、俺の方がお前より、強ぇんだよ。」と言ったときは「パチパチ」と手を叩いていましたね。


あの、ヤングライオンだったEVILが「超人・オカダ」を倒した時には嬉しかったです~ www

 

 

 

第3位:高橋ダリルをバッドラック・ファレが破壊!

 

 


2017年7月22日:東京・後楽園ホールで衝撃が走りましたね・・・


これは演出だったのか?それとも、勢いでやったのか?まぁ、今となっては個々の想像にお任せしますが、ただ、ファレの行動には本当にびっくりしました。


また、試合終了後の高橋ヒロムの悲しげな表情にも胸打たれた・・・

 

f:id:seki77:20171229122253p:plain

 

それだけインパクトがあるシーンであったことは間違いないですね。

 

 

 

第2位:内藤哲也ベルト破壊。

 

 


2017年5月18日:東京・後楽園ホール


内藤哲也リングインするときの鉄製の階段にインターコンチネンタルベルトを叩きつけた時は「えっ~~~!!!」と声が出ましたね。


それと同時に、大丈夫!?とさすが!?と両方の感情が出てきましたが、今となっては、あの行為こそが東スポMVPの要因の1つだったのかもしれませんね。

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

では、第1位の前に・・・番外編と言うか、第6位!?を紹介したいと思います。

 

 

番外編:高橋ヒロム、「1分56秒」瞬殺!

f:id:seki77:20171229133053p:plain

 

2017年4月9日・両国国技館大会「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」チャンピオン・高橋ヒロム vs KUSHIDAの一戦。


この試合の瞬殺劇には、近年稀に見る衝撃でしたね。

 

また、バックステージコメントでは、KUSHIDAのファンの方々に謝っているのも印象に残っているのではないでしょうか?

 

ヒロム「KUSHIDA、KUSHIDA選手の、KUSHIDAの、ファンの皆さん。彼を、終わりに、してしまって、本当に、すいませんでした。彼を、信じて、応援してくれた、ファンの皆さん。本当にごめんなさい。(※嗚咽が止まらなくなる)……僕からは、KUSHIDA選手に関しては、何もありません。本当にすいませんでした。時代を、1つの時代を、こんなに、簡単に超えちゃって、一言、申し訳ありませんでしたと、KUSHIDA選手に、伝えてください……


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

では、私の独断と偏見でお届けする「第1位」を紹介したいと思います。これは、マジでびっくりしました!また、パソコンの前で絶叫してしまった今年1番のシーンでもあります。

 

もしかしたら、あなたと同じかな???

 

 

 

第1位:BUSHI毒霧でウェーブ阻止!

 

f:id:seki77:20170613101618p:plain

 

youtu.be

 


これは、衝撃でしたね 汗

 

2017年6月11日:大阪城ホール

 

puroresu.hatenablog.com


噂では、スーパージュニアでKUSHIDAから勝利したデスペラードが登場するのか?と予想されていただけに、かなりびっくりしました。


また、最後のマイクで「マジで」の大合唱も嬉しかった。


1万2千人の前で、しかも、大阪と言う地でよく「大役」をこなしてくれた!あの日、1番の歓声はBUSHIだったんではないでしょうか?

 

どうだったでしょうか?

 

きっと、新日本プロレスを見ている人にしか分からないシーンもいくつかあったとは思いますし、「あのシーン」や「このシーン」が抜けている、またランクインしていないシーンもあるかと思います。

 

例えば、内藤哲也が「G1」優勝!とか、SANADAのサムズアップ、EVILのダークネスキッス、内藤&ヒロムのワンダーランド、ベルトさんなどなど・・・

 

下記の投票には加えさせていただきますので、2017年あなたの衝撃シーンを1つ選び投票お願い申し上げます。

 

投票シート

※締め切りは「2018年1月3日:21時」になります。

 

では。

スポンサーリンク
 

 

2018年東京ドーム大会に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓