薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也「ベルトを失っても、果たしてレインメーカー:オカダ・カズチカは輝けるのか?」|新日本プロレス


f:id:seki77:20171219192842p:plain

 

今、ケガをしていない万全の状態の「オカダ・カズチカ」を倒せるのは、ケニー・オメガ内藤哲也しかいないだろう。


G1クライマックス27」でEVILとケニー・オメガに負けはしたものの、首には「テーピング」を巻いていた。

 

「G1クライマックス27」の試合結果及び関する記事一覧はこちら

 


もし、2018年1月4日:東京ドーム大会で内藤哲也が負けることになると、誰がオカダ・カズチカを倒すのか?となってくる。

 

puroresu.hatenablog.com

 


そう考えれば、ここで内藤哲也が勝つことしかイメージ出来ないのだが・・・

 


後、内藤哲也が言ったこと・・・

 


ベルトを失っても、果たしてレインメーカーは輝けるのか?

 


確か・・・2018年の新日本プロレスの戦略として「アメリカ本格進出」としている。

 

puroresu.hatenablog.com

 


ここに対して力を入れることは間違いないことから、海外でオカダ・カズチカを使っていき、ベルトのないオカダを輝かせると【深読み】する。

 

そして、ケニー・オメガも。

 

日本は現状を考えた場合、内藤哲也ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに任せても会場の集客は落ちないだろう。


では。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。

 

オカダ・カズチカ新日本プロレスで海外に拠点を移した場合、恋人である「森葉子」の存在だけが気になる。近いうちに結婚することが報じられてから、約1年経つ。もうそろそろな気もするが・・・

 

puroresu.hatenablog.com

スポンサーリンク
 

 

2018年東京ドーム大会に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

  

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓