薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは全勝するのか?|2018年2月10日:大阪大会 新日本プロレス


f:id:seki77:20180210151513p:plain

 

2018年2月10日:大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪) 大会。


2時間後に始まろうとしています。


ここで、私なりの大胆【予想】と言いますか、今後に繋がるであろうストーリーを交えての【深読み】したいと思います。


まず、願望としてはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの5戦全勝ですが、それはあまりにも待遇がいい話であり、今後のことを考えるとあり得ないかな!?と思っております。

 


じゃ、どーなるのか?


どーなることが1番のサプライズになるのか?

 


それは・・・

 

 

 


SANADAだけ勝利。

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

BUSHIは外道クラッチでうっちゃりで負け、

 


内藤哲也は入場時、もしくは試合中にタイチに襲われ負ける。(諏訪魔 vs 小島戦のような展開)

 

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


ヒロムに関しては、6月に「ベスト・オブ・スーパージュニア25」が控えていることから、ここで優勝し、再度、オスプレイに挑戦する流れが面白いと思う。

 


EVILもここで勝ってしまうと、後藤が空気となり兼ねないのでどうかなと。

 


ここまでで、4連敗と考えれば、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの5連敗を想像してしまうが、最後はSANADA勝利のサプライズで会場は大爆発。

 

そして、そして・・・これだけでは終わりません。

 

SANADA以外の選手は負けたのですから、4選手は「公開説教」の刑で面白い映像が出来上がるのではないだろうか?

 

だって、普段しゃべらないSANADAが説教するのですから www


また、東スポwebの岡本記者の力を借りてSANADAが4選手に対して説教したことを記事にすれば、爆発的なアクセスを見込めるだろう。


これで、来週号の週刊プロレスは、SANADA表紙の再来週は「公開説教」で2週間大儲け・・・。

 


どうでしょうか www

 

 

まぁ、冒頭で言いましたが、願望は全勝です。


YOSHI-HASHI内藤哲也にボコボコにされメキシコに長期遠征に行き、その後帰国後に内藤哲也と闘うストーリーもおもしろいと思いますし、ヒロムもここで勝利して、「2018年3月6日:旗揚げ記念日」で次期チャレンジャーにオカダ、もしくはSANADAでも面白いと思いますし・・・

 


どー転んでも面白い展開になるのかな?

 

 

私的には、先日のケニー・オメガ飯伏幸太の「熱い抱擁」の大サプライズがあったことを考えれば、SANADAだけ勝利という展開の方が、最後の最後で爆発すると思うのですが。

 

puroresu.hatenablog.com

 


いかがでしょうか?

 

www.njpw.co.jp

 

スポンサーリンク
 

 

SANADAに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちらから

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓