薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの全勝・・・ハッピーエンドの終わり方|2018年4月29日 熊本 新日本プロレス


2018年4月29日:グランメッセ熊本で行われる・・・

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン vs 鈴木軍


先ほど、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの「全敗」を軸に記事を書きましたが、今回はその逆「全勝」を軸に記事を書きたいと思います。

 

puroresu.hatenablog.com

 


まず、今回の熊本大会。


2016年4月14日、震度7を観測する大地震熊本県で発生しました。


そして、2016年4月18日に新日本プロレスは29日の予定していたグランメッセ熊本大会の中止を発表した。


あれから「ちょうど」2年・・・


復興興行としてこのビックマッチが熊本で行われると考えられます。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 


メインイベントである「内藤哲也 vs 鈴木みのる」・・・


勝者、内藤哲也と考えた場合、週刊プロレスのインタビューでは「全力で封印かかる」と宣言している。

 

 

 

また、ファンの中で記憶に残るシーンがあると思う。


それは・・・

 

マイクパフォーマンス後にベルトを放り投げるというアクション。

 

f:id:seki77:20180429114131p:plain


でも、今回は復興興行・・・と考えれば終わり方は「ハッピーエンド」が相応しい。


そこで私が【深読み】したのは、内藤哲也がベルトを放り投げようとした瞬間に、それを止める選手がいるということだ。

 

その選手とは・・・

 

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの・・・

 


SANADAだ。

 

 

SANADAは「ニュージャパンカップ2018」で準決勝まで進んでいる・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

・・・にも関わらず、同じ準決勝で負けたジュース・ロビンソンは後藤 洋央紀の持つ「NEVER無差別級王座」に挑戦している。


優勝したザックセーバーJrと、準優勝した棚橋弘至は、オカダ・カズチカの持つ「IWGPヘビー級」に挑戦。


SANADAだけまだ何のタイトルにも挑戦していない。


だから、SANADAが内藤哲也に挑戦するというシチュエーションもあり得ない話ではないのだ。


まぁ、「ニュージャパンカップ2018」前の2月に「IWGPヘビー級」に挑戦しているのでタイトル戦に絡まないのもおかしくはないのだが・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ただ、内藤哲也にはクリス・ジェリコという「おいしい相手」も存在する。しかし、この一戦は白紙に戻ったというウワサもある。また、今回は「ハッピーエンド」で終わることを【深読み】すれば、デハポンの大合唱後、背後からの襲撃は考えづらい。

 

puroresu.hatenablog.com

 


なので、内藤哲也がベルトを放り投げる瞬間に、SANADAが手を掴み静止させる。


その後、次期挑戦者として名乗りを上げる。


この瞬間、クリス・ジェリコに変わる「ドル箱カード」が・・・


内藤哲也 vs SANADA

 

となる。

 

どうでしょうか?

 

※どの会場でやるかなどは考えていませんが www

 

スポンサーリンク
 

 


次に、IWGPヘビータッグ。


EVIL&SANADAが勝利した場合、次期挑戦者として考えられるのは、ゴールデン・ラヴァーズかヤングバックス。


この熊本大会には、ヤングバックスは出場しないが挑戦表明をするためにサプライズでリング上に登場するというシチュエーションも考えられなくもない。


そう考えれば、熊本のお客様も大喜びするだろう。

 

 

 

最後は、BUSHIと高橋ヒロムスペシャシングルマッチ


・・・これは、某掲示板に書いていたことに賛同する意見になるが、BUSHI vs エル・デスペラードの一戦が始まった瞬間に、金丸義信が乱入し、それを見て高橋ヒロムが現れる。


そして、急遽、タッグマッチとなる。


・・・実に面白い展開である。


2018年4月23日:後楽園ホールでは、タイムボムを決めようとした瞬間にエル・デスペラードがレフェリーを掴んで阻止。ベルトでヒロムを殴りつけ最後はピンチェ・ロコ・・・


つまり、ハッピーエンドで終わる展開を【深読み】するのであれば、後楽園ホールで決められなかったタイムボム、もしくは、合体技の「インスルヘンテス」で決着をつけるだろう。

 

そうなればハッピーエンドだ。

 

※本日の熊本大会は、開始時間が15時ですので間違えないようにしてくださいね www

 

【深読み】内藤哲也・ロスインゴベルナブレスデハポン全敗

puroresu.hatenablog.com

 

【感想】内藤哲也 vs 鈴木みのる|2018年4月29日:熊本

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

鈴木みのるに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓