薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也とオカダ・カズチカの人気度比較。データから導き出した「数字」の世界|新日本プロレス


f:id:seki77:20180304075837p:plain

 

2018年3月6日・大田区総合体育館で「旗揚げ記念日」が行われるわけだが、この大会のメインを占めるのは現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ


オカダ・カズチカと言えば・・・新日本プロレスの看板レスラーであることはファン中で当たり前の認識だが、ごく一部のファンの中では、こんなことが囁かれています。

 

  • いつまでオカダ・カズチカを「推す」の???
  • いつになったら「ブレイク」するのか???
  • いつになったら「金の雨」を降らせてくれるの???

 

今回の記事は、会社から推されているオカダ・カズチカが思いの他「ブレイクし切れない」現実を「数字」で紹介したいと思います。

 

・・・ただ、これだけは言わせてください。


私個人的には、オカダ・カズチカのことは嫌いではありません。むしろ、好きな方です。でも・・・

 

では、始めます。

 

スポンサーリンク
 

 


まず、使用したツールが「グーグルトレンド」と呼ばれるもの。


その中で、比較させていただいた選手が5人。

 

 

 

 

直近、1か月の「ウェブ検索」の結果、このような結果になりました。

 

 

f:id:seki77:20180304054840p:plain

 

 

 

画像だと分かりにくい部分があるかと思いますが「赤枠の部分」を見てください。

 

「青の内藤哲也に比べて「紫のオカダ・カズチカ

 

ましてや、「赤の棚橋弘至「黄色のケニー・オメガ「緑の高橋ヒロムよりウェブ検索が劣っているのです。

 

つまり、オカダ・カズチカについて世間様は他の4人より検索・リサーチしていないということになります。

 

もっと、厳しく言うならば、他の4人より興味がないからウェブ検索しないとなるわけです。それでも、会社はオカダ・カズチカを推す・・・

 

 

では、次のデータ。

 

これは、YouTube検索の直近1か月データになります。

 

 

f:id:seki77:20180304055134p:plain

 

 

ランキング的には・・・

 

 

最近、新日本プロレスワールドでは、英語実況やバックステージコメントを英語表記した動画が公開されています。その辺から、内藤哲也の検索数が「さらに」伸びてきています。つまり、外国人の方々にも内藤哲也のコメントが「おもしろい!」となっている。

 

そして、ここでもオカダ・カズチカYouTube動画検索数が4人よりはるかに劣っている・・・

 

これでも会社は・・・

 

 

 

更に、こんなデータも掲載します。

 

高橋ヒロムを消して、WWEでも大活躍中の「中邑真輔」を足すと・・・

 

 

f:id:seki77:20180304060835p:plain

 

 

【ウェブ検索】ランキング的には・・・

 

 

単純に棒グラフを見ただけでは、中邑真輔がそれほどウェブ検索されているようなイメージはないですね。中邑真輔の入場シーンがYouTube動画再生回数「1,300万回」を超えていることから「凄い!」という感じになっていますが、ウェブによる検索は、内藤哲也棚橋弘至をそれほど大差はない・・・

 

youtu.be

 

 

・・・となれば、

 

日本で活躍することでもWWEのファン層を新日本プロレスに取り込めるとなりますね。

 

勿論、中邑真輔きっかけにより、新日本プロレスを見て内藤哲也の存在を知った人もいると思うし、クリス・ジェリコの存在も大きいかと思いますが、ただ、この記事で私が言いたいことは、オカダ・カズチカの人気・存在についてです。

 

決して、悪気なんかありません。

 

でも、現実問題、世間様から興味を抱いてもらい、尚且つ「検索」という手順を踏んでもらわないことには熱狂的ファンになってもらえず金の雨は降らないのです。

 

結局、検索結果からしても、今の新日本プロレスを支えているのは、オカダ・カズチカではなく、内藤哲也棚橋弘至ケニー・オメガ高橋ヒロムとなる。

 

まぁ、オカダ・カズチカIWGPヘビー級ベルトを持っていることで、4人のレスラーは自由な振る舞いが出来るのかもしれませんし、ベルトを剥がした人間こそが「次のスター」となるのは功績です。

 

もっとも、怖いのは、内藤哲也が言う通り、「ベルトを持たないオカダは本当に輝けるのか?」の部分。

 

・・・おそらく、ベルトがなければどんどん人気低迷していくでしょう。

 

ただ、現時点の話・・・

 

SANADAは2月10日の前にインタビューで言っていました。

 

「自分がいなくたってプロレス界って成り立っていく。でも、それがイヤだ。SANADAがいてよかったと言われるようになりたい」

 

このSANADAの言葉にオカダ・カズチカを当てはめると、「オカダがいてよかった」

となるので、例え、会社から推されてブレイクしきれなくともオカダの存在があるから内藤哲也ケニー・オメガ高橋ヒロムは輝けるのかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。

 

2018年1月4日・東京ドーム大会が終わってから、2か月が過ぎようとしています。

 

今となって、なぜ、内藤哲也は東京ドーム大会で勝たせてもらえなかったのか?という理由がこのデータを見ると分かってきました。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

完全なる持論となりますが・・・

 

内藤哲也は東京ドーム大会で負けました。でも、負けても人気の上昇は「今でも」止まりません。むしろ、うなぎ上りの上昇をし続けています。もし、内藤哲也が勝っていたらもっと人気大爆発していたでしょう。一方、オカダ・カズチカが負ければ、勝っても人気低迷の現実を考えれば、負けたらもっと低迷・・・

 

 

イイですか?

 

 

このデータを会社が知らないわけがない。

 

 

つまり、オカダ・カズチカが負けることで「さらに」人気低迷を露骨に魅せることを避けたのかもしれません。

 

だって、ここまで大金を注ぎ込んでプッシュしてきたのですから・・・

 

新日が“至宝”オカダ流出阻止へ2億円プロジェクト

 

【新日】オカダ・カズチカ&ミラ・ジョボビッチCM共演 2億円プロジェクト始動

 

ただ、ベルトを剥がされた瞬間が本当に怖い。人気低迷を世間様に魅せないようにするための方法として、はたして会社はどのような戦略で立ち向かうのか?

 

今現在は、EVIL&SANADA、ゴールデン・ラヴァーズなどタッグ組が盛り上がっている現実を考えれば、ジェイ・ホワイトオカダ・カズチカを組ませて「ぼかす」方法も存在します。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ベルトなし!のオカダ・カズチカ単体は危険!!!と警告しておきます。

 

PS

 

最後の、最後になりますが・・・

 

内藤哲也の「今後」の人気上昇について述べさせて頂きます。

 

先ほども言いましたが、最近、新日本プロレスワールドでは、英語実況やバックステージコメントを英語表記した動画が公開されています。

 

この英語表記をしたことで、どんどん内藤哲也の人気は加速して行くでしょう。今までは、日本での人気が大きな比重を占めていましたが、これからは「世界の内藤哲也」になりつつある・・・いや、現実問題、検索データから見た数字はうなぎ上り。

 

これから先、どんどんバックステージコメントが英語表記される現実を考えれば、勢いは止まらないし・・・でも、実はまだ、まだ、「伸びしろ」はあると思っています。

 

それは何か?

 

そう、過去動画の英語表記。

 

内藤哲也と言えば・・・2016年4月10日・両国国技館でのIWGPヘビー級ベルト初戴冠が忘れられない出来事。そして、この日を境に大ブレークしたと言ってもおかしくはない。

 

youtu.be

 

今現在、公式から公開されている2016年4月10日のYouTube動画・・・「50万回」を突破しました。私は昨年からこのYouTube動画に注目していますが、会社が英語表記するようになってからこの動画の再生回数がうなぎ上り。

 

つまり、内藤哲也と言う存在を知り、この初戴冠にたどり着いている人が多いのです。だから、この試合動画に英語表記をすれば益々ファンは増えていく。

 

だって、試合内容、試合結果の他に、野上アナウンサーの「内藤哲也入場の口上」が鳥肌ものですからね。

 

特に、内藤哲也リングインする前の口上・・・

 

「主役になる!」と言わなくなった今、「主役になってほしい!」と願う声が聞こえてきます。

 

夢を語らなくなった内藤に、ファンが夢を見始めている。

 

・・・この部分。

 

これを英語表記してくれれば外国のファンも涙ものですよ・・・

 

スポンサーリンク
 

 

オカダ・カズチカ:ケイオスに関する記事一覧はこちら

 

⇒ 内藤哲也・岡本記者のファミレス談義

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓