薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也とオカダ・カズチカ、お互いを認め合う行動に共感|新日本プロレス


2017.11.23:兵庫・神戸サンボーホールで行われたメインイベントに、2018年1月・東京ドームで「IWGPヘビー級ベルト」をかけて闘うオカダ・カズチカ内藤哲也が「3対3」のタッグ戦でリングに登場。

 

puroresu.hatenablog.com

 


試合結果は、オカダ・カズチカ率いるケイオス側が勝利。

 

そして、最後のマイクはオカダ・カズチカが占める形となったが、新日本プロレス公式を見る限り、逆転現象が起きたようだ。

 

f:id:seki77:20171011201347p:plain

 

オカダのマイクアピール

 

3つ、言わせてください。

 

一つ! 


1・4東京ドーム、ジュニアヘビーのベルトは、オスプレイが獲ります。


二つ! 

 

IWGPヘビー、内藤さん?、オカダ?


(ここで会場から『内藤』コールが起こる。それに対抗して『オカダ』コールも起こるが、『内藤』コールを上回る大きさにはならず)

 

『内藤』コールの方がデカいようだから、俺(のマイク)はもういい


(※と言ってマイクを置く。すると、『オカダ』コールが発生。気を取り直してマイクを拾い上げたオカダ。しかし拾い上げた瞬間にコールが鳴りやむ)。


終わりか? 


俺のコールは終わりか?


(※先ほどより大きな『オカダ』コールが沸き起こる。会場を見渡したところで、退場口の方向にまだ引き揚げていない内藤がいるのを発見する)。

 

内藤さん、知らなかったですよ、そこにいたの。すいません、無視しちゃって。しっかり、みんなの『オカダ』コール、聞いてくれました?


(※観客から『内藤!』の声が飛ぶが、それを無視して)


ま、わかってるよ、東京ドームで……。


三つ! 


特にありません。

 

というわけであとは外道さんにしゃべってもらいます」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

会場の声を聞き、そして、オカダ・カズチカの一連の行動。


一見、歓声がオカダに集まらず、そのまま主張を突き通すのかと思いきや、「内藤哲也の歓声が大きい」ことを素直に認め、そして、マイクでそれをお客様に伝える・・・


普通に考えたらありえない行動。


でも、我々ファンとしては凄く「共感」が持ててしまう。


・・・なんか、プロレスラーって頑なに自分の主張を突き通すのが当たり前の行動の中で、オカダがとった行動はある意味新鮮。

 

 

そして、内藤哲也オカダ・カズチカに対して素晴らしいコメントを残している。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也のコメント

 

内藤「今シリーズ、5回目の東京ドーム前哨戦、やっと、オカダ勝つことができたね。


やっと試合後のマイクを、握ることができたね。


でもさ、今日の会場のお客様の反応、聞きましたか? あんまりオカダを求めているお客さんは、いないんじゃないの!?


俺の耳にはそう聞こえたけどね。


かつて、俺にとってオカダは巨大な敵だったよ。どうやったら彼に並べるのか!? 彼を超えられるのか!? まったくわからなかった。でも、4年経っていまは、逆転してしまったんじゃないの!?


いま彼は、俺の存在の巨大さに、ビビっちゃってんじゃないの!?


まあ、ドームまでまだ1ヶ月以上ありますから、チャンピオンとしての責任をまっとうしろよ。


1月4日東京ドームでラクにしてやるぜ、オカダ。まあその日まで、トランキーロ、あっせんなよ。アディオス」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

感じ方は人それぞれ・・・


私には、「かつて、俺にとってオカダは巨大な敵だったよ。どうやったら彼に並べるのか!? 彼を超えられるのか!? まったくわからなかった。」を見る限り、もしかしたら、2018年1月の東京ドーム大会でより濃い「感動」をもらえるようなストーリーが出来上がる・・・そんな予感がしてきました。


今週号の週刊プロレスで「棚橋弘至のドラゴンノート」に書いていたのですが・・・


棚橋「言葉足らずくらいがいいんですよね」

 

 


つまり、オカダ・カズチカの行動を棚橋弘至理論で考えるのであれば、例え、内藤哲也のコールが大きくても無視となる。


でも、オカダは素直に口にした・・・


『内藤』コールの方がデカいようだから・・・と。


上手く説明できるか分からないが簡単に説明すれば「時代は動いている」、それに対してオカダは受け入れて素直に時代を掴んでいる・・・


決して棚橋弘至の批判をしているわけではないが、人間40歳を過ぎると頭が固くなる、新しいことを受け入れるスピードが低下するという持論を私自身が持ち合わせていることから、オカダの柔軟性に星3つを上げたい!


あとは、このまま前哨戦で濃すぎるストーリーを更に作り上げてもらい、我々ファンに感動を与えてほしい・・・2人には www

 

スポンサーリンク
 

 

ワールドタッグリーグ2017に関する記事一覧はこちら

 

オカダ・カズチカに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓