薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

本日(2018年3月25日・アメリカ大会)、クリス・ジェリコは内藤哲也の背後を襲撃するのか?|新日本プロレス


2018年1月5日・東京・後楽園ホール大会で、元WWEスーパースターのクリス・ジェリコ内藤哲也を襲撃した。

 

 


そして、その時、最後に残したメッセージは・・・

 


「ナイトー、せいぜい背後に気を付けておけ。いつ俺が来るか待ってろよ」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 


せいぜい背後に気を付けておけ。

 

 

2018年1月4日・東京ドーム大会でケニーオメガと闘ったクリス・ジェリコ

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


その時も、東京ドーム大会前の2017年12月11日:福岡・福岡国際センターでVTR演出から会場は暗転。そして、背後にからクリスジェリコが襲った。

 

puroresu.hatenablog.com

 


つまり、この展開をそのまま再現する可能性もある・・・


けど、気になるのは、クリス・ジェリコが登場し、実況の大西アナ?のテンションと会場の空気があまりにも違っていたことだ。

 

大西アナは叫んでいるのに、会場は若干何が起きているのか?そして、誰が来たのか?戸惑っていた感じ。

 

原因は、クリス・ジェリコがどれだけ凄い人物であるかが分からない日本人が多かったということだろう。

 


そう考えた場合、本日のアメリカ大会で内藤哲也を襲撃する可能性は高い。


なぜなら、アメリカでは、名の知れた有名人だからだ。

 

f:id:seki77:20180325064340p:plain

 


クリス・ジェリコ本人も、日本より海外で襲撃したほうが話題性も会場の歓声も大きいと考えているはずだ。


・・・私的には、内藤哲也がどのように対応するのか?また、トランキーロ戦法を使うのか?が見物であるのだが・・・

 

 

f:id:seki77:20180106065652p:plain

 


おそらく、襲撃した時の対応次第では、また、内藤哲也人気はうなぎ上りになるだろう。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


本日のアメリカ大会の主体はバレットクラブで間違いないのだが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの試合も組まれているには組まれている・・・

 

が、

 

今更「タグチ・ジャパン」の名前を出されても楽しみはそれほどない。

 

 


また、海外のお客様もロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを「見れる!」という期待はあると思うが、試合は???ではないだろうか?


でも、逆に考えれば、「何かがあるから」あえて地方大会のようなカードを組んできたのかもしれない。

 


その何かが・・・


クリス・ジェリコの襲撃」であるならば、辻褄(つじつま)が合うような気もする。

 

スポンサーリンク
 

 

クリス・ジェリコに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓