起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み・予想】内藤哲也 vs ケニー・オメガの試合はいつ組まれるのか?|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170630062436p:plain

 

なたは、プロレスファンの中で2016年のベストバウトを知っていますか?


そう、2016.8.13 東京・両国国技館大会「G1クライマックス26」Bブロック決勝戦・・・


内藤哲也 vs ケニー・オメガ

 

2016.8.13 東京・両国国技館大会


しかし、これ以降、この対戦は組まれていない。


要は、ファンの中で2016年のベストバウトになりながら、上半期で1度も組まれてないのである。

 


おかしいと思わないか?

 


必ず、ベストバウト級の試合が行われる保証があるのに「内藤哲也 vs ケニー・オメガ」を闘わせていないのである。

 


では・・・いつ闘わせるのか?

 

ちょっと、書いてみようと思う。

 

スポンサーリンク
 

 

まず、7月1日、2日に行われるアメリカ大会「初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメント」の決勝戦で・・・

 


内藤哲也 vs ケニー・オメガになる可能性がある。

 


そして、7月17日から始まる「G1クライマックス27」の優勝決定戦で可能性がある。

 

 

最後は、2018年の東京ドーム大会で可能性がある。

 

 

もし、新日本プロレスの戦略部分で闘わせるとしたら、「G1クライマックス27」の優勝決定戦でないかと【予想】している・・・私は。

 

まず、アメリカ大会は新日本プロレスとしてかなり力を入れていることが分かる。

 

木谷オーナーのツイートからもその意気込みが伝わる。

 

 

G1スペシャルとして世界35カ国のケーブルTV等で生中継。

 

私的には、「初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメント」で「内藤哲也 vs ケニー・オメガ」が決勝戦で向かい合う可能性があると魅せるために内藤哲也をエントリーさせた。


結果、内藤哲也は1回戦で石井智宏から敗退。


そして、アメリカ大会2日目でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン5人が勢揃いの流れ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


石井智宏とは、「G1クライマックス27」で同ブロックであるため星を取り返すのではないか?

 

puroresu.hatenablog.com

 


アメリカ大会「初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメント」決勝戦は・・・


ケニー・オメガ vs 石井智宏ではないか?と【予想】している。

 


そして、優勝は、ケニー・オメガ

 

puroresu.hatenablog.com

 


もし、ケニーと石井が決勝に上がれば、1回戦で対戦するマイケル・エルガン内藤哲也の格はそれほど下がらない。


現に、「ニュージャパンカップ2017」で優勝した柴田勝頼の1回戦の相手は鈴木みのるだったから。


・・・ちょっと、まとまりに欠ける記事になりましたが、「G1クライマックス27」の優勝決定戦は、内藤哲也 vs ケニー・オメガになるでしょう。


そして、優勝は内藤哲也


権利書をかけて闘うのは飯伏幸太とジュース・ロビンソンかな???


・・・なぜ、内藤哲也が優勝すると思うのか?


それは、「G1クライマックス27」で優勝してもベルトがないから「破壊」出来ないからだ www

 

・・・あとは、上半期の大舞台でインターコンチネンタル王座戦が組まれていないことを考えれば、下半期はそれなりの扱いを受けるだろう。それだけの貢献はしていると思うし、それなりの貢献をロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンにしないのは、やはりおかしいと思うからだ。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ケニー・オメガに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓