薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也が最初に2020年1月4日・東京ドーム大会に触れた・・・そして、会社はスマホゲームに力を入れる|新日本プロレス


f:id:seki77:20180203185224p:plain

  

2018年2月2日に行われた『ブシモ×新日本プロレスリング 記者会見』を視聴しての【深読み】をさせて頂きます。

 

www.njpw.co.jp

 

 

最初は、雑談を少々・・・

 

この会見に、もし、内藤哲也が登場しなかったら、かなり「塩」だった。なにせ、まだ先の話ですからね・・・ゲーム完成は。

 

内藤哲也と木谷氏の「漫才」が見れたことで、私も有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

・・・しかし、内藤哲也は「どんなときでも」しっかりと「結果」を残していきますね。会見前に「言いたいこと」をすべて準備していることが「なんとなく」分かります。今回は、木谷氏ということで「小規模な会場にも足を運んでいただきたい」とお客様目線で話をしていたし、内藤本人の意見「提案」も現場に反映してもらえるように話していたし・・・

 

まぁ、すべてにおいて完璧だった会見だったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

 

今回の記者会見の目玉は「スマホゲーム」でしたが、ポイントは「2020年1月4日」を目途に完成するということです。


つまりは、新日本プロレス興行の「東京ドーム大会」に合わせて作られるということ。


そして、2020年1月4日と言えば・・・土曜日で新日本プロレスが「満員」を目標としている日。


更に、東京オリンピックの年でもあります。


ここへ、内藤哲也ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが木谷氏の公認を受けたということは・・・

 

2020年1月4日のメインイベンターは内藤哲也の可能性も高いですね。


また、これから応募してくるソフトウエアの製作者及び会社が「世界的に有名」であるならば、内藤哲也の名前も世界的に有名になる。

 

更に、そのゲームが「おもしろい」となれば、尚、世界展開が予想される。


まぁ、完全なる【深読み】ではあるのですが「2020年1月4日」というワードに対して「最初」に触れられたレスラーが内藤哲也ということ。

 

それは、内藤哲也が言う・・・


オカダ・カズチカでもなく、棚橋弘至でもなく、真壁刀義でもない。


まだ、まだ、先の話ではありますが、期待を込めて新日本プロレス「最大の目標」東京ドーム大会「満員」のメインイベンターは内藤哲也になる可能性が高まったということでしょう www


では。

 

最後に。

 

会見の場で東スポ記者「岡本氏」の名前を出すあたり・・・やさしさですかね www

 

関連記事

内藤哲也 木谷社長と“奇跡の競演”で言いたい放題 茅野大会へ来場要求

 

新日本が新作ゲーム制作 内藤と木谷オーナーが犬猿タッグ

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちらから

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓