起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】内藤哲也、タイチの「ターニングポイント」に欠かせない人物になっている|新日本プロレス


f:id:seki77:20180507063002p:plain

 

2018年5月3日:福岡国際センターの試合を見ていて凄く気になる選手がいた・・・


それは・・・


タイチだ。

 

ここからは完全な【深読み】ではあるが、ちょっと面白いと思うので時間がある方は最後まで読んでくださいね www

 

タイチ・・・


今回の福岡国際センターの大会前に、ロッポンギ3Kと試合することが多かったタイチ。そこで感じるタイチの心理状態を【深読み】すると・・・オレの方が「確実に」会場から注がれる歓声が大きい・・・


時はさかのぼり・・・タカタイチ興行。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 


この日、タイチは15周年記念で対戦相手は内藤哲也だった。応援席がタイチ側と内藤側に分かれていたこの興行ではあるが、タイチが肌で感じる歓声は圧倒的に内藤哲也だった・・・でも、その感じる歓声、タイチ本人は当たり前で、別に比べるものでもない。だって、新日本プロレスの人気ナンバー1の選手なのだから。


そして、新日本プロレスの「旗揚げ記念日」2018年3月6日に両者は再び交わる・・・


この時、タイチに注がれる歓声も大きかったのは事実だが、きっと、タイチ本人はこの時点でも「あること」に気付いていないような気がする。

 

そのあることとは?

 

そう・・・

 

タイチは注目されている選手であるという事実。そして、ファンは、タイチに「何かを期待している」ということ。

 

それが、本人「肌で」気付いてしまった試合が5月3日の福岡国際センターではないか?いや、この試合前に、会社から何かを告げられた?そんな気がしてならない。

 

スポンサーリンク
 

 

タイチのターニングポイントに必ず存在するレスラー・・・それが内藤哲也である。

 

なんかね・・・今週号の週刊プロレスを読んでいると、タイチの赤裸々の声が届いてくる・・・

 

 


タイチは、全日本プロレスを退団した時に、フリーとなり、飯が食えない時代に突入する。その時、アルバイトをやったとも書いていた。


そんな時、新日本プロレス側の人間から声がかかる。


そして、ミラノコレクションATと「ユリオーネ」というチームを作り、内藤哲也高橋裕二郎の持っている「IWGPジュニアタッグ」に挑戦するが結果を残すことが出来ない。


それで、リングネームを石狩太一から「タイチ」に変更し何かを変えようと努力する・・・けど、ベルトには届かず・・・


そこで、メキシコ遠征に突入するのだが、ここで衝撃の事実をこの週刊プロレスで私は読んでしまった・・・

 


菅林会長から告げられる一言・・・

 


これが最後だよ。

 


もし、メキシコで結果を残さなければ、新日本プロレスを解雇と言う宣告。


・・・タイチは必至だったろうね・・・まったく知らない土地で結果を残さなければ解雇されるんだから。

 

でも、ここで、内藤哲也は手を差し伸べた???


完全なる【深読み】だが、なぜ、わざわざ、内藤哲也はタイチの遠征に合わせて、またメキシコに行く必要があったのか?


これって、タイチのためでしょ?と考えても不思議ではない。


全く知らない土地、言葉も分からない、人脈もない・・・


新日本プロレスの看板は背負っていけるけど、常識的に考えれば、結果を残すことなんて不可能に近い。


・・・もしかしたら必死に頑張れば、自力でスター選手なれたかもしれない、でも、先にメキシコを経験している内藤哲也からしたら「宣告を受け、窮地に立たされているタイチ」をほっとけなかったのでは?だから、先回りして「タイチのためにメキシコ」に行ったのではないか?

 

その後、内藤哲也の手助け、アドバイスを「素直」に受け、タイチは内藤哲也以上の結果を残し、日本に帰国。


その後、ヘビー級に転向するのだが、ここでも内藤哲也は手を差し伸べているのです。

 

puroresu.hatenablog.com

 


そして、タカタイチ興行、旗揚げ記念日・・・とシングルマッチ

 

仮に、内藤哲也が手を差し伸べなければ、このヘビー級転向も注目が集まらず、1選手に成り下がっただけかもしれない。

 

さらに、5月3日の内藤哲也の試合後のコメント。

 

  • 王様の首を狙ってるのか?
  • 地殻変動が起きちゃんじゃないの?
  • ユラユラと揺らいでるような気がする

 

・・・これって、鈴木軍に対する鈴木みのるに対してのコメントに過ぎないが、でも、角度を変えて読み取るなら、内藤哲也はタイチに向けて発しているコメントにも感じる。


今までの経緯・・・


ベルトへの挑戦、メキシコ、ヘビー級転向・・・とすべて内藤哲也が絡んでいることを考えれば、タイチに向けて手を差し伸べているように捉えてもおかしくはない話なのだ。


・・・もしかしたら、単なる【深読み】に過ぎないかもしれない、けど、自分の力で道を切り開いて行くより、内藤哲也の手を差し伸べるありがたい行為に素直に乗っかるのも「ドラマ」が出来、イイことかもしれない・・・とタイチも考えているのかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


高橋ヒロムは、IWGPジュニアタッグ前の試合からツイッター、本日更新の日記までエル・デスペラードに激しく絡んでいる。

 

 


【深読み】するのであれば、これから始まるベスト・オブ・スーパージュニア25を盛り上げるため?とも考えられるし、もしかしたら、エル・デスペラードと優勝決定戦を闘うためとも【深読み】出来る。


また、大きな会場のメインがこの両者の闘いだから高橋ヒロムは「ガンガン」絡んでいるのかもしれない・・・例えば、福島とか?

 

 

タイチもロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのファンのマナーについてツイッターで言及した。

 

 

 

 


これって、普通に考えたら別に投稿しなくてもイイ内容でもある。でも、それを敢えて投稿する辺り・・・

 


そして、タイチとエル・デスペラード、久しぶり「サシ」で飲み会。

 

 

 

あなたはどう考えますか?


何かアクションを起こそうとしているからこそ、この2人がサシで飲むと考えられると【深読み】出来ませんかね?

 

 

まとめると・・・

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也・ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する雑誌・書籍情報

 

タイチ・エルデスペラードに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓