起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】内藤哲也・・・今日は「デスティーノの日」・・・いや「準デスティーノの日」かな???


スポンサーリンク

日は「デスティーノの日」・・・いや「準デスティーノの日」かな???

 

f:id:seki77:20170811101718p:plain

 

 

2016年の「G1クライマックス26」。


内藤哲也は、Bブロック最終戦でケニーオメガに敗れた。


ファンから「ベストバウト」と言われながら敗れた。


そして、今のケニーオメガは、日本を代表する・・・いや、世界を代表するレスラーになった。


きっと、この試合がケニー・オメガ最大のターニングポイントだっただろう。

 

f:id:seki77:20170811100708p:plain

 

 

・・・私は、心の中でこのように感じている。


今現在の新日本プロレスを「もう一段階上」に持っていくためには、内藤哲也及びロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンケニー・オメガ及びバレットクラブしかいないと考えている。

 


日本では・・・


内藤哲也及びロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

 

 

世界なら・・・


ケニー・オメガとバレットクラブ

 

だから、決勝戦はこの2人でお願いします。


また、今のオカダ・カズチカ。いや、「G1クライマックス27」だけで魅せたハイテンションのオカダ・カズチカ


素直に素晴らしいと思う。


何が素晴らしいって???


作られたオカダ・カズチカではなく「素」のオカダ・カズチカだからだ。


正直なところを言えば、2017.8.12 両国のケニー・オメガ戦でも「素」であり「ヒール」のオカダ・カズチカを魅せてほしいところだ。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


私が、望んでいること。

 

それは「もう一段階上」の景色。もし、内藤哲也が「G1クライマックス27」で優勝したら何をするのか?それが楽しみ。


だって、望んでいるものが手に入る瞬間ですからね。


例えば、インターコンチネンタルベルト。


内藤哲也は欲しいとは言っていなかった。


また、2015.10.12 両国での「東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦」で内藤哲也はパレハ「EVIL」を披露した。


この時も、内藤哲也は挑戦権利証について試合後にこのように話している。

 

内藤「痛てぇ〜。痛ぇよ。どこが痛いかって? 耳たぶかな? うわっ、スッゲェ痛ぇわ! これじゃあさ、次のシリーズ試合できねぇや!! 耳たぶが痛ぇよ!! そういう訳でさ、俺次のシリーズ出ないから。もちろんパレハも出ないから。よろしく。まぁ今日は、挑戦権利証なんて俺はどうでもいいんだよ。俺にとって一番大事なのは、パレハを皆様にお披露目することだから。ちゃんと、連れてきたでしょ? パレハ。スペイン語も喋れるパレハだよ。『Hola! (やぁ)』って話しかけたら『Hola!』ってちゃんと返してくれるからね。挨拶だけできれば、問題ないよ。9月シリーズ組まされてたさ、ジュース・ロビンソンは挨拶すらできなかったからね。彼は挨拶できるんだ。何も問題ないよ。でだ。で、彼の名前、知ってる? 知ってる? あれ? 知らないの?」

 

——渡辺(高章)選手……

 

内藤「彼の名前は『“キング・オブ・ダークネス”イーブル』だよ。イーブル。イーブルに、何か質問ある? イーブルの声を聞きたい? いつ聞きたいんだよ。今日聞きたいのか。今すぐ聞きたいのか。トランキーロ!! 焦んなよ!! イーブルだよ!!!」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

挑戦権利証なんて俺はどうでもいいんだよ。俺にとって一番大事なのは、パレハを皆様にお披露目することだから。


今の内藤哲也は、欲しいといったものが手に入らず、必要のないものだけが近寄って来るそんな状態。


2016.4.10「IWGPヘビー級」と初戴冠したときも「リングに捨ててきたのに、IWGPのベルトから、俺に歩み寄ってきた。」という表現をしている。


けど、今回は違う。

 

素直に欲しいと言っているのだ。


G1クライマックス27」で優勝し利用しようとしている。また、今の俺なら最大限に利用できるとまで言っている。


それは、「もう一段階上」の景色を指す。


どーやって、我々プロレスファンを手のひら転がすのか?本当に見てみたい、いや、ぜひ魅せてください。

 

・・・ただ、あえて【深読み】はしておこうと思う www

 

スポンサーリンク
 

 


もし、内藤哲也が優勝しないのであれば、優勝するのはオカダ・カズチカではないかと【深読み】している。


Bブロック決勝戦ケニー・オメガと引き分けて、優勝決定戦で内藤哲也が敗れる。


そうすることで、オカダ・カズチカは権利書を持つ。


そして、EVILと内藤哲也と「東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦」を行い、EVILに勝利し、内藤哲也に負け「1勝1敗」となる。


そして、決着をつけるのは2018年の東京ドームメイン。


そうすれば、ケニー・オメガとの抗争は2018年も続く。


また、下半期は【CHAOS】vs【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】の抗争だと私は思っているので、お客様を煽るのであれば最高のシチュエーションが出来上がる。


では、下半期は「IWGPヘビー級タイトル戦」は行わないのか?

 

・・・分からないが、そのために「IWGP US」を作ったという考え方も出来る。

 

さらに、【深読み】すれば、下半期に「IWGPヘビー級タイトル戦」を行わないことで、ベルトの価値はどんどん高まるのではないか?だって、オカダ・カズチカが権利書を持つということは、挑戦すら出来ない状態になるのだから。


まぁ、でも、気持ちとしては、内藤哲也の優勝を・・・スターダスト・ジーニアスの内藤哲ではなく、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の優勝を魅てみたい。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也G1クライマックス27」に関する記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

その他・内藤哲也に関する記事一覧はこちらから 

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

⇒ G1クライマックス27関連する記事はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓