薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也、「ノー、トランキーロ」でがむしゃらにIWGPヘビー級ベルトを取りに行く姿、新鮮かも・・・|新日本プロレス


f:id:seki77:20171201065317p:plain

 

むしゃらに「IWGPヘビー級ベルト」を取りに行く内藤哲也

見てみたい気がしてきた・・・

 


2018年1月4日の東京ドーム大会。

 

IWGPヘビー級選手権試合

オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

 


今現在、この試合のテーマは・・・


内藤哲也を焦らせること・・・なんか、挑戦者でもある内藤哲也をチャンピオン:オカダ・カズチカが焦らせるという構図は違和感しかないが、今の内藤哲也にこのテーマはしっくりと来てしまうのである。


ただ、昨日の後楽園ホールをみて、感情でオカダ・カズチカ内藤哲也を失神?させたことは、ある意味新鮮な光景でもあった・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

内藤哲也と言えば・・・求めていなくともベルトが自分に寄ってくる・・・


その結果、「G1クライマックス27」で優勝し、2018年1月の東京ドーム大会のメインイベントを「余裕」で勝ち取った・・・

 

余裕?

 

そうなんです。

 

余裕に勝ち取ったのです。

 

ファンからの支持を受け、そして、宣言通りに・・・

 


G1クライマックス27」時の内藤哲也の発言と言えば、優勝しかない、当然、優勝するのは俺だ!的な発言をしてきました。


事実、その通りにシナリオは進んでいる。

 

なら、この「余裕」を捨てた時に、がむしゃらに立ち向かう内藤哲也の姿を見てみたいとは思いませんか?

 

・・・それが、焦らせるということだろう。

 


オカダ・カズチカは口癖のように言う言葉がある。


IWGPはそんなに甘いもんじゃない!


つまり、「余裕」で取れるものでもないし、ベルトから寄ってくる存在でもない・・・そう、言いたいのかもしれない。

 

事実、今のオカダ・カズチカは、8連続防衛中だ。

 

まぁ、昨日の後楽園ホールの試合を見て「直観」でこの記事を書いているので、また何かがあれば私自身が手のひらで踊らさられるのだろう・・・

 

スポンサーリンク
 

 

あと、後楽園ホールの試合を再度視聴してこの記事を読んだ。


getnavi


ココにはこのようなことが書かれていた。

 

かつて、オカダ・カズチカは、僕にとって、どうしたら彼と並べられるのか、考えても考えても答えが出ないほど巨大な存在だった。それが今は、彼の姿を見てもなにも焦らなくなってしまった。彼が小さくなったのか、僕が大きくなったのかわかりませんが。ムリだとは思うんですけど、かつての僕が焦らされたオカダ・カズチカが、1月4日、僕の前に立っていてくれたらうれしいですね。


引用記事:getnavi

 

 

内藤哲也が焦る???


ここ2年の姿を見ると、とてもじゃないが「想像」が付かない。


ましてや、口癖は「トランキーロ、焦んなよ」である。


もし、焦ることがあるのであれば「ノー、トランキーロ」になるわけで。


でも、内藤哲也が焦って新日本プロレスの1番のベルトを「がむしゃらに取りに行く」姿も新鮮でイイのかもしれない。

 

 


2017.11.30・後楽園ホール大会で、オカダ・カズチカから「コブラクラッチ」を食らい失神?した内藤哲也

 

内藤哲也は仕返しするのか?それとも、東京ドーム大会のメインイベントまで、失神?させられまくるのか?


楽しみに待つとしよう!

スポンサーリンク
 

 

2018年東京ドーム大会に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓