薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也・新パレハは、ズバリ「ドラゴン・リー」|ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン 新日本プロレス


f:id:seki77:20181002163328p:plain


いや~、かっこよかったですね。

 

内容的には、そこまでの驚きはなかったですが、でも、「画」になるってこーゆうことを言うのだと思います。

 

で、2018年10月8日:両国国技館で「新パレハ」の登場ですか?

 

 

・・・と、皆さん、いろいろな「パレハ」を【深読み】しておりますが、私的には、この人なら今のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに似合うと思うのですが・・・

 


ドラゴン・リー

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

ドラゴン・リーの情報を追いかけてないし、近々のスケジュールも分かりませんが、「高橋ヒロムを待つ!」というフレーズから考えてもドラゴン・リーが適任なような気がする。


また、ドラゴン・リーが加わることで、IWGPジュニアのベルトを高橋ヒロムのために取る!という気持ちも共感できるし、高橋ヒロム本人も「一問一答」でドラゴン・リーと闘いたいと言っている。


まぁ、当たらないと思いますが、もし、ドラゴン・リー自ら加入する!加入したい!とルーシュに言ったのなら胸熱ですよね?


ルーシュは誘っていたわけですから。


今現在、ジュニアのベルトをかけてトーナメントが行われていますが、2019年東京ドーム大会まで、高橋ヒロムが復帰出来ないのであれば、ドラゴン・リーが上がることで盛り上がる。


そして、近々でジュニアタッグが行われることから、BUSHIとのタッグも「マスクマン同士」で参戦出来る。


さらに、高橋ヒロムが長期離脱したことで急遽「新パレハ」追加という流れになったのであれば、ドラゴン・リーが直訴したと考えるのが筋。

 

 

youtu.be

 


まぁ、ドラゴン・リーならロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンぽいでしょ?


そして、心掴まれるでしょ?


【深読み】です・・・ごめんなさい。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

薮田博史に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。