薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也、ファンの気持ちを代弁「史上最低のタッグリーグ」|新日本プロレス


f:id:seki77:20171121061122p:plain

 

在、新日本プロレスで行われている「ワールドタッグリーグ2017」ですが、内藤哲也オカダ・カズチカケニー・オメガ棚橋弘至とトップレスラー4人が出場していない。

 

puroresu.hatenablog.com

 


そんな中で、内藤哲也はファンの気持ちを「きつめに」代弁した。

 

内藤「今日も『WORLD TAG LEAGUE』、公式戦があったわけでしょ? なんなんだろうね、この注目度の低さは。こんなに注目度の低いタッグリーグ戦、いままであったの? こんなリーグ戦に優勝して、うれしいんですか? これ、誰に言ってるかわかる? 開幕戦で言ったでしょ、このタッグリーグ戦の成功も失敗も、すべてはSANADA、EVILにかかってんだよ。彼らにかかってんだよ。ま、今のとこ、史上最低のタッグリーグでしょう。ここからどれだけ注目度を高めるか、どれだけ熱いリーグ戦にするのか、すべてはEVIL、SANADA次第でしょう。ま、彼らの腕の見せどころだよ。俺は楽しみにしてますよ。それから今日、オカダはコメントしたんですか? なにか面白いコメントをしてくれたんですか? ん、ノーコメント? オイ、コメントする余裕がないぐらい焦ってんのか、オカダ? ま、明日、山梨大会ありますから、1日ゆっくり休んで、明日、刺激的なコメントをしてくれることを、俺は楽しみにしてるよ。じゃあ皆様、明日、山梨でお会いしましょう。アスタ・マニャーナ、アディオス」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

・・・これは、参加選手に対して失礼なのかもしれない。

でも、見ている側の気持ちを考えれば、正論中の正論になる。

 

ここで、この現状をチャンスと捉える選手が現れるのか?


新日本プロレスワールドでは後日配信、実況なしが多いことから流れに身を任せて試合をしていくのか?

 

SANADA&EVILにプレッシャーを与えるあたり・・・さすがである、内藤は。


すべては、会場に足を運んでくれるお客様のための発言。

 

スポンサーリンク
 

 


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとは・・・メンバー全員が仲良しこよしのユニットではない。


1人、1人が自分を持ち、自由に行動し、自由に発言してもイイ。


それが結果的にユニットのレベルを上げていく・・・


今、スポットライトを浴びているのは、SANADA&EVIL。チャンスなのもSANADA&EVIL。ファンに「話題」を振りまくことが出来なければ、「史上最低のタッグリーグ」と言われて黒歴史になりかねない。


勿論、運営側のトップ選手4人を外した原因もあるのかもしれない。


でも、与えられたシチュエーションできっちりと仕事をするのがプロ。

 

内藤哲也の発言で、奮起することを願うばかり・・・

 

スポンサーリンク
 

 

ワールドタッグリーグ2017に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓