起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也がインターコンチネンタルベルトを「破壊」した理由。|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20170617072919p:plain

 

2017.6.17に公開された「ワンダーランド」にて、内藤哲也がインターコンチネンタルベルトを破壊した理由を話しました。

 

【動画・無料】ワンダーランド:内藤哲也と高橋ヒロム出演

 


まず、インターコンチネンタル王座としての発言が会社に通らないこともそうですが・・・

 


もしかしたら、1番の理由は、「IWGP US王座ベルト」が新設されたことである。

 

 


・・・そして、「IWGP US王座ベルト」の初代王者を決めるトーナメント戦が7月1日、2日にアメリカ大会で行われるわけだが、なんとこのトーナメント戦に内藤哲也がエントリーされているのである。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


要は、「IWGP US王座ベルト」が新設されたことに疑問しかない内藤哲也がインターコンチネンタルベルトを破壊した。

 

puroresu.hatenablog.com

 


しかし、会社は、疑問しかないベルトに「また」内藤哲也を挑戦させる・・・

 


イイですか?

 

 

2016.9.25 兵庫・神戸ワールド記念ホール大会でマイケル・エルガンから勝利し、内藤哲也は第15代インターコンチネンタル王座になった。

 

puroresu.hatenablog.com

 


試合後のマイクでは。。。


別に欲しいといったわけではない・・・

 

つまり、 内藤哲也が本当に欲しいベルトは、現在オカダ・カズチカが持つ「IWGPヘビー級」のベルトなのだ。


これから、内藤哲也は「2018年東京ドーム大会」まで、どのようにして「IWGPヘビー級ベルト」に絡んでいくのか?

 


内藤哲也は言う・・・

 

  • IWGPヘビー級ベルトから「勝手」に近寄ってくる。
  • 東京ドームのメインイベントは「勝手」に近寄ってくる。

 

・・・つまり、自分から「IWGPヘビー級」に挑戦表明はしないと言っているようにも感じる。

 

果たしてどうなるのか???

 

スポンサーリンク
 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓