起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也、タイガーマスクWのマスク剥ぎをするのに「厄介な問題」が多々あるね|新日本プロレス 2017.5.1 鹿児島


スポンサーリンク

日 (2017.5.1)、鹿児島・姶良市総合運動公園体育館の「第6試合目」で行われる本隊 vs ロス・インゴベルナブレスデ・ハ・ポンに「タイガーマスクW」が登場する。


この試合・・・プロレスファンの中でも注目されていることから、新日本プロレスワールドで「後日配信」が決定したようだ。

 

f:id:seki77:20170501063507p:plain

 

※後日配信だと、その日の夜中にアップされることもあれば、次の日の昼くらいにアップされることもある。

 

 


なぜ、注目されているのか?


それは、内藤哲也が、タイガーマスクWと戦いたいと宣言していたからだ。

 

新日本プロレス29日の大分・別府大会でジュース・ロビンソン(28)とのV4戦に臨むIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(34)が11日、タイトルマッチ決定に苦言を呈した。自らが提案したタイガーマスクWではなく、9日両国大会の8人タッグ戦でフォール負けを喫したジュースの挑戦が認められたことが気に入らないという。連鎖する団体への不平不満は、格下と見下す挑戦者と、とばっちりを受けた虎戦士にまでぶつけられた。


新日プロは10日、両国大会で金星を挙げたジュースと内藤のIC王座戦を発表。王座戦を要求していたWとは、5月1日鹿児島大会での10人タッグ戦が組まれた。要するに内藤の提案は却下されたわけで、発表直後から本紙担当記者のケータイにはおびただしい数の着信履歴が残っていた。


この日になって観念して電話に出ると、怒れる王者はファミレス緊急招集を発令。イカ墨パスタのヤケ食いが止まらない内藤は「俺は3月からジュースに3回もフォール勝ちしてるんだよ。たまたま両国で俺から1回3カウントを取っただけでIC王座戦? 俺の3勝はどこに行っちゃったんだよ。ビッグマッチ以外の大会で勝つことには価値がないとでも言うの? ましてや俺は他の選手を指名してたんだよ?」と、耳にタコができそうな団体批判を展開した。


防衛戦は王者が望んだことだが、挑戦者には大いに不足ありだ。「こんな結果の見えた試合、ワクワクする人いるの? 新日本は大分のお客様をバカにしているのか、と。まあ逆を言えば、ここまでハッピーエンドが約束されてるビッグマッチはないから、そこを売りにしようとでもしてるのかな」と、早くもV4戦を消化試合に位置付けてしまった。

 

ちなみに内藤がヘソを曲げないよう団体が配慮したと思われるWとの10人タッグ戦も、どうやら逆効果に終わったようだ。「なんでWが縁もゆかりもない鹿児島に出てくるのかは分からないけどね。まあ俺は新日本がIC王者の言うことを聞いてくれるか試しただけで、W自体には興味なかったから。中身は少し気になるかな、フフフ…」と不敵な笑み。ストレス発散ついでに、Wの覆面はぎも示唆した。そんなことをしたら繊細なWは実家に帰ってしまうかもしれない…。言いたいことを言い終えるや、会計2825円のうち5円だけを支払って帰路に就いた制御不能王者。今年に入りグチりっぱなしのうっ憤が、次期シリーズ(22日、後楽園で開幕)で爆発する。

 

 

引用記事:東スポweb

 

 


・・・しかし、その後のインタービューでは、「オカダ・カズチカが戦いたいと宣言すれば会社は動く。だから、俺が言ってもシングル戦を組んでくれるのか試しただけ・・・別に興味がない」と言う。

 

【無料・動画】Interview with Los Ingobernables de Japon #20

 

スポンサーリンク
 

 


つまり、内藤哲也の言い分としては、タイガーマスクWと戦いたいわけではなく、戦いたいといえば会社は「俺のために」動いてくれるのか?試しただけだということになる。


また、この鹿児島大会で試合が組まれたことについて内藤哲也は「会社が組んでくれたということは、マスク剥ぎもありってことでしょ?」と言っている。


ただ、1つ内藤哲也にとってはマスク剥ぎをするのに「厄介な問題」もある。

 


そう、

 


棚橋弘至内藤哲也の持つ「インターコンチネンタルベルト」の次期チャレンジャーに2017.4.29 大分・別府で挑戦表明をしているからだ。

 

sinota.hatenablog.jp

 


おそらく、内藤哲也 vs 棚橋弘至の試合が実現するなら「2017.6.11 大阪城ホール」になるだろう。

 

しかし、内藤哲也本人は、棚橋弘至の挑戦表明について「Yes」とは答えていない。


だから、内藤哲也にとっては「厄介な問題」なのだ。

 


2017.5.1 鹿児島・姶良市総合運動公園体育館の対戦カードを見てほしい。

 

第6試合


【本隊】

タイガーマスクWリコシェ田口隆祐棚橋弘至&ジュース・ロビンソン

vs

【ロス・インゴベルナブレス・デハポン


BUSHI&EVIL&SANADA&高橋ヒロム内藤哲也

 

 

この対戦カードを見ると分かるが・・・


内藤哲也は、タイガーマスクWのマスクを剝がしに来る。しかし、棚橋弘至は次期チャレンジャーを認めさせるために内藤哲也を狙う。


また、相手は、タグチ・ジャパンである。


タグチ監督の采配次第では、内藤哲也を邪魔しに来るだろう・・・また、タイガーマスクWを守りにも来るだろう。


まぁ、タグチ監督の話では、「明日はタイガーマスクWと組みますけど、明日、会ってみて、面談の上、採用・不採用の結果発表を」と言っている。


まぁ、まぁ、まぁ、今日の姶良大会の内藤哲也は本当に忙しい。

 

果たして、内藤哲也 vs タイガーマスクWの試合は実現するのだろうか?

 

タイガーマスクW本人は、「シングルマッチをやった方がイイ」と飯伏幸太!?からアドバイスを受けているようだが・・・

 

【K―DOJO】飯伏がタイガーマスクWに内藤狩り厳命

 

どうなるんでしょうかね~ www


逆に考えれば、対戦相手に恵まれているということなんですけど www

 

では、では。

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

sinota.hatenablog.jp

 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓