起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也の人間性が現れた「2016.11.18 後楽園ホール」~「ルーシュ」のための演出


スポンサーリンク

れないうちに・・・

この事実を書き留めておこうと思う。

 

f:id:seki77:20161006165917j:plain

 

昨日、2016.11.18東京 後楽園ホール内藤哲也は「X」を連れてきた。

 

 

 

その「X」の正体はルーシュ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

 

最初に登場したのは、白のスーツに身をまとった内藤哲也

 

 


すぐにリングに上がり尾崎リングアナに耳打ち。

おそらく、ここで内藤哲也はこのように伝えたのだろう。

 

スポンサーリンク
 

 


1つ目は、「デ・ハ・ポン」は付けないように。

内藤哲也は、今回「パレハ」を連れてきたのではなく「X」、パートナーを連れてきた。だから「デ・ハ・ポン」ではない。

 

 

2つ目は、仮面をかぶった状態で「ルーシュ」とコールしてくれ!

EVILとSANADA内藤哲也の「パレハ」として登場したとき、すべての人が「誰?誰?誰?」となった。


そして、会場は「シーン」と静まり返った・・・

 

 


あの静まり返った雰囲気は、ルーシュに失礼となる!だから、先に「ロス・インゴベルナブレス」とコールすれば、ルーシュの顔を知らない人でも「仲間」だと分かる。

 

・・・BUSHI ⇒ EVIL ⇒ SANADAも黒のスーツで登場。

 

ルーシューの名前がコールされ、会場は大歓声に包まれた。


そして、5人が写った写真・・・ここで、ルーシュ以外の人間がスーツであることが、内藤哲也の演出でもあり礼儀でもある。

 

 

私は、この一連の流れで内藤哲也の・・・


「恩・礼儀・感謝・成長・楽しむ」がすべて詰め込まれていると思っている。


恩・・・ロス・インゴベルナブレス・デハポンメンバー全員がスーツで向かい入れる。

 

 

礼儀・・・メキシコから恩人が「わざわざ」来ることに対しての「すべて」の演出

 

 

感謝・・・本家「ロス・インゴベルナブレス」、そしてルーシュがいなければ今の自分は存在しないことへの感謝。

 

 

成長・・・「俺はロス・インゴベルナブレスを日本でここまで浸透させた」ことを裏付けるお客様の大歓声。

 

 

楽しむ・・・試合を「自由」に楽しむ。笑顔で証明。

 


・・・ここまでは、私の憶測に過ぎませんが、内藤哲也というレスラーは、正直、誰もが憧れる存在になりつつある、いや、もう既になっているのかもしれない。


・・・もしかしたら、20代のEVILとSANADAは、まだこの事実に気付いていないかもしれないが、内藤哲也という男を見ていれば、人間的に成長できると思う。


部下を成長させることが出来る内藤哲也・・・素晴らしいレスラーである。

 


では。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓