薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也とROOKIES~「一歩踏み出す勇気」仮想世界と現実世界


f:id:seki77:20190714075542p:plain

 

日、丸1日「ROOKIES」ってドラマと映画を見ていたのですが、ここで「一歩踏み出す勇気」というフレーズが出てきました。

 


まぁ、オチとしては内藤哲也と同じ言葉であり、「一歩踏み出す勇気」があれば人間誰でも変わることは可能ってことです。


でも、そこには「恥ずかしさ」という感情もあるそうなのですが、この「恥ずかしさ」の元を考えてみると「周りの目」という言葉にたどり着きます。


今までこのように生きていたのに急に変化することで周りの目・反応が変わる。


それよって寂しさだったり、怖さも感じるのかもしれない。


内藤哲也がメキシコに行き、「制御不能」になって帰って来た時、寂しさ・怖さがあったのか?と考えると、周りから見ると反応が変わるわけですからあったかもしれないが、自身は「楽しさ」や「開放感」があったのではないだろうか?


そう考えると、「一歩踏み出す勇気」を実行する上で、最初は大きな壁に見えるかもしれないが、踏み出すことで「楽しさ」や「開放感」が現れ「そんなに大きな壁ではなかった」ことに気付く。


もちろん、一歩踏み出したいけどなかなか勇気が持てない人もいるだろう。


そんなときに、仮想世界で「ROOKIES」を見てみて、現実世界で内藤哲也のヒストリーを見てみるのもいいかもしれません。

 

youtu.be


内藤哲也のヒストリーを見ると最初から順風満帆ではありませんでしたが、そこには「自信と勇気」があったから迷うことなく自身の中で「確信」があったはず。


つまり、自分が「楽し」ければその楽しさが「伝わる」と思ったのだろう。


・・・すべては「一歩踏み出すこと」が先決だが・・・

 

スポンサーリンク
 

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

薮田博史・ビジネス論に関する記事はこちらから

 

【深読み】記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。