薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【ストーカー企画】内藤哲也のYouTube動画再生回数1位まで追いかけるの巻|新日本プロレス


きます!!!

 

大人気コーナーの・・・

ストーカー企画 www

 

内藤哲也YouTube動画再生回数第1位まで追いかけるの巻。


今回で第4回目になります。

 


では、過去の再生回数を画像で振り返りましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

f:id:seki77:20181121062705p:plain

 

 

f:id:seki77:20181121062721p:plain

 

 

f:id:seki77:20181121062733p:plain

 

 

  • 2018年9月17日:97万回 vs 80万回(差:17万回)
  • 2018年9月26日:98万回 vs 82万回(差:16万回)
  • 2018年11月1日:101万回 vs 90万回(差:11万回)


そして、今回は・・・


19日にNHKで「仕事の流儀プロフェッショナル」が放送されたこともあり再生回数を覗いてみると・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

f:id:seki77:20181121062929p:plain

 

 

2018年11月21日:102万回 vs 93万回

 

(差:9万回)

 

前回の差が、「11万回」でしたので「2万回」も差を縮めている!!!


やはり大きく、再生回数を伸ばしておりますね。

 


この企画!?


9月17日からやっていますが、その時は17万回の差があったのですが、とうとう一ケタ台まで縮めてきています。


もう少しです!


内藤哲也新日本プロレスで名実ともにナンバー1になる日は・・・


今時代、YouTubeというコンテンツは、ユーザーにとっては欠かせないものですので、ここで1位を獲得することで、大きな財産となり、そして新日本プロレス内藤哲也と見えてしまう。


その影響は、新規ユーザーへのアピールとなり、メディア出演をしていない知名度の低い選手の動画の再生回数が1位なわけですから、「誰?誰?誰?」となり、気になり始める。


そこでユーザーが起こす行動は「検索」となり、新日本プロレスの戦略部分でもある「内藤哲也有料コンテンツ」が売れ出すわけですね。


新日本プロレスとしては、2020年の東京ドームを最終着地点としているのか?


2019年は、クリス・ジェリコとのセミファイナル戦で決まりましたので、YouTube再生回数1位と同時に、2020年は東京ドームのメインに立たせIWGPヘビー級のタイトルを獲得し「デ・ハ・ポン」の大合唱。


まさしく、ドラマですね。

 

puroresu.hatenablog.com

 


その後、内藤哲也の名が多くユーザーに知れ渡り、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンというキーワードにたどり着く。


その先にあるものは・・・


EVIL・BUSHI・SANADA・高橋ヒロム鷹木信悟の他のメンバー。

 


「あなたの好きな選手を選んでください!」

と言わんばかりの個性溢れる選手たち。

 

 

おもしろしですね、

おもしろいですね・・・

 

おーーーっと、【深読み】し過ぎましたね www


では、ありがとうございました。

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

薮田博史に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。