起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也の過去の栄光・感動したシーンは何度も視聴してしまう・・・|新日本プロレスワールド


スポンサーリンク

f:id:seki77:20171021154922p:plain

 

日本プロレスでは「新日本プロレスワールド」という有料動画サービスが存在します。

 

この動画を視聴するためには「月額999円」かかります。


今現在、会員数は約4万人?くらいと言われており、ネット有料動画としてはかなり大きなコンテンツと言えるでしょう。


そんな中、今日は土曜日、休日です。

18時~は、LIVE配信が予定されています。

 

f:id:seki77:20171021155018p:plain

 

そこで、本日、新日本プロレスワールド有料会員の方々はいつの試合を観戦している人が多いのか?また、どのコンテンツを視聴しているのか?


新日本プロレスワールドにはランキングがありますので、ちょっと取り上げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

10月21日ランキング

f:id:seki77:20171021154034p:plain


第1位:全試合・2017年10月9日・両国国技館 (日本語解説)

 

第2位:全試合・2017年10月20日・CMLL

 

第3位:永田・中西特別インタビュー・part 1

 

第4位:永田・中西特別インタビュー・part 2

 

第5位:全試合・2017年10月12日・新宿FACE・ヤングライオン

 

第6位:全試合・2017年10月9日・両国国技館 (英語解説)

 

第7位:内藤哲也 vs ケニー・オメガ・「G1クライマックス27・優勝決定戦」・2017年8月13日・両国国技館

 

第8位:内藤哲也 vs 棚橋弘至・インターコンチネンタル戦・2017年1月4日・東京ドーム

 

第9位:内藤哲也 vs オカダ・カズチカIWGPヘビー級戦・2016年4月10日・両国国技館

 

第10位:内藤哲也 vs 飯伏幸太・「G1クライマックス27・開幕戦」・2017年7月17日・北海きたえーる

 


・・・注目してほしいところは赤字にしておりますが、第7位以降は内藤哲也の試合を視聴している人が多いという点。


その中でも、第8位の東京ドーム大会以外は、すべて「デ・ハ・ポン」の大合唱付き・・・また、感動すら感じる試合ばかりで、どうやら内藤哲也ファンは休日に余韻に浸りたいというか?思い出したい!素晴らしい試合は何度でも視聴したい!そんな感じにも伺えます。


私も、2016年4月10日両国大会のIWGPヘビー初戴冠の試合は10回は視聴していると思うし、今年のG1優勝決定戦に関しては15回は視聴していると思います。

 

また、G1開幕戦の飯伏幸太戦なんて最後の「ランニング式デスティーノ」を何度もリピートしていますし、飯伏の受けにも感動すら覚えます。

 

きっと、私と同様に同じ所で感動している人もおられると思うのですが・・・www

 


まぁ、この記事のオチは何もないんですが、動画再生ランキングもレスラーの評価につながると思うし、会社からの待遇(プッシュ)にも影響する・・・当たり前ですが。


ちなみに、中邑真輔が今年の大阪大会でWWEのベルトに挑戦するときは、「壮行試合」がランクインしていましたね。

 


また、近々で言えば、高橋ヒロムのこちらの動画・・・

 

youtu.be


YouTubeで1万再生回数を突破中・・・


では。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

  

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓