起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也、問題提起と『ワールドタッグリーグ2017』の秘策と2017年11月5日・大阪大会『話題を独占』を予告|新日本プロレス


スポンサーリンク

f:id:seki77:20171030063316p:plain

 

2017年10月29日・東京・後楽園ホール大会。

 

puroresu.hatenablog.com

 


内藤哲也は、試合後のコメントでこのようなことを言及した。

 

内藤「今シリーズ、オカダとの前哨戦が続いてますが、オカダとのシングルマッチは、まだまだ先の話ですからね。今シリーズが終わっても、次は『WORLD TAG LEAGUE』が控えているわけで。それこそ、トランキーロだぜ、カブロン。

 

『WORLD TAG LEAGUE』の話をすると、俺は去年も色々、問題提起したからね。今年の『WORLD TAG LEAGUE』は、新日本プロレスは、俺の去年の問題提起を色々参考にしてくれたんだろうね?東京ドームですでに対戦カードが決定している選手も、『WORLD TAG LEAGUE』に集中できるような、素晴らしいシステムに今年はなっていることでしょう。

 

俺は、今年の『WORLD TAG LEAGUE』にも秘策を練っているからさ。いったいどんなことを考えているのか、どんなモノを用意しているのか、皆様で想像しながら『WORLD TAG LEAGUE』開幕までお待ちください。


とは言っても、まだ『Road to POWER STRUGGLE』続いているわけだから、この後開催される『Road to POWER STRUGGLE』、そして、大阪大会『 POWER STRUGGLE』も、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが話題を独占しますよ。

 

そして、その先の『WORLD TAG LEAGUE』、皆様楽しみに待っていてください。ではまた明日、ここ後楽園ホールでお会いしましょう。アスタ・マニャーナ。アディオス」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 


・・・いろいろと気になる発言が存在しますよね?

 


まず、


俺は去年も色々、問題提起したからね。

 


それは、2016年11月7日(月)新日本プロレス事務所にて『戦国炎舞-KIZNA- Presents Road to TOKYO DOME』の第2弾対戦カードが発表されての記者会見の場で内藤哲也が言及したことである。

 

『WORLD TAG LEAGUE』に関しては、去年もチラッと言いましたけど、例えば、『NEW JAPN CUP』は(4月の)両国国技館での挑戦が決まってるわけですよ。『G1 CLIMAX』に関しては、権利証の防衛戦はあるにせよ、一応東京ドームでの権利証をもらえるわけですよ。

 

『WORLD TAG LEAGUE』って何で決まってないのかな? これって、やっぱ『東京ドーム大会の挑戦者決定戦じゃないの?』って。『どうせ、東京ドームでカード決まってる選手は、手抜くんでしょ?』と。『どうせ、優勝しないでしょ?』と。『そんな怪我するリスクをおかしてまで、優勝目指さないでしょ?』って、みんな思ってるんですよ。

 

だから、盛り上がらないんじゃないの?ボクの言ったことを、新日本プロレスは何一つ聞いてくれないけど、 ボクが思うのは、優勝チームは、『どこで挑戦します』っていうのを、事前に提示することが、一つ『WORLD TAG LEAGUE』を盛り上げることになるんじゃないかなと思ってます。

 

ボクは、不本意というか……まぁ現時点で東京ドームのカードが決まってるわけですよ。じゃあ、この『WORLD TAG LEAGUE』優勝しました。そしたら、ボクは2月のビッグマッチで、メインイベントで、IWGPタッグ王座に挑戦させてもらいますよ。

 

(2月に)札幌と大阪で、ビッグマッチがあるんでしょ?じゃあ、片方でIWGPタッグ王座、メインイベントでやりますよ。片方で、IWGPインターコンチネンタル王座防衛戦やりますよ。2月シリーズ、ビッグマッチ両方とも、俺がメインイベントに出れば、すべて済む話でしょ?

 

これは一つね、もう遅いかもしれないですけど、来年あたり、こういう方法もあるんだよっていうのをね、是非新日本プロレスには考えていただきたいかな。まぁこの場で、棚橋が言ったら、すんなり決まるけどね。棚橋も『そうした方がいいよ』って言ったら、すんなり決まるけどね」


引用記事:新日本プロレス公式

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 


確か、2018年2月は、北海道でのビッグマッチが2日連続で行われることから内藤哲也の意見が通った可能性もある。


もし、通ったのであれば誰が「ワールドタッグリーグ2017」で優勝するか?分からなくなるため、面白くなることは間違いない。

 

 

次に・・・


今年の『WORLD TAG LEAGUE』にも秘策を練っている。

 


2016年は、内藤哲也のパートナーは「ワールドタッグリーグ2016」開幕戦当日まで「X」とされていた。


そして、登場したのは本家ロスインゴベルナブレスのルーシュ。

 

puroresu.hatenablog.com

 


確か、この時は、アベマTVでも無料配信され、新日本プロレスワールドも無料配信だった。


今年も内藤哲也が秘策を準備しているのであれば、無料放送にする可能性もある。


・・・きっと、内藤哲也なら我々ファンを「あっ!」と驚かせてくれそうな秘策をきちんと準備してくれているはずだ。期待していいと思う。

 

 

最後は・・・


大阪大会『 POWER STRUGGLE』も、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが話題を独占しますよ。


今現在、11月5日:大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)では、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンメンバーのタイトル戦は組まれていない。


この状況下の中、「話題を独占」と言っていることから何をするのか?非常に気になるところ。

 


考えられるのは、「スイッチブレード(切り裂きジャック)」の存在。

 

youtu.be

 

大方の予想ではこの人物は「ジェイ・ホワイト」とされているが・・・


もし、ジェイ・ホワイトがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関連する人物であるならば「秘策」という言葉もしっくりくるし、「話題を独占」もあり得る話。


後は、大阪大会の試合順番で「およその可能性」は分かるだろう。


2016年11月5日、時限爆弾として凱旋帰国した高橋ヒロム。登場した「前」の試合は、IWGPジュニアヘビー戦「BUSHI vs KUSHIDA」だった。

 

puroresu.hatenablog.com

 


つまり、大阪大会の組み合わせカード順番で何が起こるのか「およそ」分かるというわけだ。


ただ、最近の新日本プロレスはファンの想像を超えて演出してくる節があるので、まだまだ、読めないところ。


理由は以下の記事。

 

puroresu.hatenablog.com

 

追記記事

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

  

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓