起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

6,327人(札止め)で内藤哲也の大合唱ならず・・・|2017.7.29 愛知「G1クライマックス27」 新日本プロレス


スポンサーリンク

日 (2017.7.29) 愛知・愛知県体育館で行われた「G1クライマックス27」のメインイベント・・・

 

石井智宏 vs 内藤哲也

 

puroresu.hatenablog.com

 


最後は、垂直落下式ブレーンバスターで石井智宏勝利で終わりましたが、6,327人(札止め)という結果を見ると、やはり、内藤哲也勝利後「デ・ハ・ポン」大合唱を楽しみにしていた人も多かったのではないでしょうか?

 

sinota.hatenablog.jp

 


愛知大会が始まる前は、7月1日に行われた「初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメント」の借りを内藤哲也が返すという流れがセオリーでしたが、「たった1つ」だけ不安要素はあったのです。

 

f:id:seki77:20170730064937p:plain

 


2017年に入ってから両者のシングル対戦成績は、愛知を含めると石井智宏の2勝で、内藤哲也の0勝。


しかし、去年、2016年は、「ニュージャパンカップ2016・2回戦」と「IWGPヘビー級王座戦」で内藤哲也が2勝で石井智宏の0勝だったんです。


だから、もしかしたら、石井智宏が勝つのではないか?という予想も考えられたわけです。


でも、これで、2勝2敗の五分。

 


もし、内藤哲也が「G1クライマックス27」で優勝し権利書戦であれば3連敗はないかと。


ただ、今後の流れを想像すると、9月5日~始まるシリーズ「Road to DESTRUCTION」からロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは、CHAOSとの抗争が考えられますから、2017年8月1日鹿児島・鹿児島アリーナ大会で、後藤洋央紀に負ける可能性も。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


内藤哲也のデスティーノをカウンターのスタナーで返したシーンは、イマイチ分かりにくかったですね。誰もが「完璧」にデスティーノが決まったかと思いましたが・・・

 

f:id:seki77:20170730062942p:plain

 


マイケル・エルガン vs タマトンガでも分かりにくいシーンがありましたね。


コーナーの上から雪崩式バーニングハンマータマ・トンガがガンスタンで切り返したところ。

 

f:id:seki77:20170730062753p:plain

 

でも、試合はとても面白かったですね www。さすが、名勝負製造機といったところでしょうか?

 

これで、Aブロックは、棚橋弘至が単独首位に立ちましたね。2位以下は6人が並ぶという混戦に。

 

 

Bブロックは・・・ オカダ・カズチカが全勝で、続いてケニー・オメガとEVILが追いかける状態。

 

 

はたして、オカダ・カズチカの全勝を止めるのは誰か?私的には、8月5日のEVILに期待しているのですが・・・

 

では。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちらから

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

⇒ G1クライマックス27関連する記事はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓