起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】内藤哲也「いまのオカダ・カズチカは“感情移入できない”スター。俺と並んだら“差”が出ますよ?」|新日本プロレス


スポンサーリンク

「いまのオカダ・カズチカは“感情移入できない”スター。俺と並んだら“差”が出ますよ?」


・・・これは、内藤哲也スマホインタービューによる記事にて言っていたことです。


私は、その通りだな・・・と心の底から思います。


勿論、オカダ・カズチカは強いし、スター性もある。身長も高く、イケメンで、プロレスラー離れした身体能力の持ち主。


でも、残念ながら「感情移入はできない」・・・

 


では、なぜ、感情移入出来ないのか?

 

いや、感情移入する人が少ないのか?

 

・・・いや、いや、


なぜ、内藤哲也に感情移入する人が多いのか?


別角度から紐解きたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

結論から言えば、地方のお客様を大事にしているところなんですけど、それが、誰でも目で確認できるものが存在します。


それは・・・

 

締めのマイクでの言葉

 

f:id:seki77:20171101194515p:plain

 


例えば、現在行われているシリーズ「パワーストラグル」で、メインを務めているロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの連勝が続いてます。


そして、当然のことながら「デ・ハ・ポン」の大合唱で占めるのですが、締めのフレーズの前にその土地の情報をしっかりとしゃべっているのです。

 


2017年10月18日:山形・山形ビッグウイングでは・・・


今年最後の山形大会のフィナーレ、そして、山形市では初めての大合唱、皆様、思う存分叫んで下さい。

 


2017年10月20日:新潟・新潟市体育館では・・・

 

2年3ヶ月ぶりの新潟市体育館大会、そして! そして、ここ新潟市では初めての大合唱、皆様、思う存分叫んで下さい。

 

 

2017年10月22日:栃木・ニューサンピア栃木では・・・

 

ここニューサンピア栃木では、何度も大会を行なってますが、今日のニューサンピア栃木、過去最高の観客動員数だったようで、皆様、グラシアス、アミーゴス!今年最後の栃木大会のフィナーレ、そして! ここ鹿沼では、初めての大合唱、皆様、思う存分、叫んで下さい。

 

 

2017年10月25日:青森・八戸市東体育館では・・・

 

約10カ月ぶりの新日本プロレス八戸大会・・・今年最初で最後の八戸大会のフィナーレ、そして、ここ八戸では初めての大合唱、皆様、思う存分、叫んで下さい。

 


2017年10月26日:秋田・秋田県立体育館では・・・

 

今年最後の東北大会でのフィナーレそしてここ秋田では初めての大合唱(※場内どよめく)、皆様、締めのフレーズはもちろんわかってますよね?(※大歓声) 我々、LOS INGOBERNABLES de JAPONを応援してくださる秋田のお客様、思う存分、叫んで下さい。

 


・・・分かりますかね?

 


内藤哲也の凄さと“感情移入出来てしまう”根拠???


自分の住んでいる都道府県でなければ何とも思わない言葉の数々ではあるのですが、地元の人間からすれば「秋田では初めての大合唱」と言われ「今日のニューサンピア栃木、過去最高の観客動員数」と言われ「2年3ヶ月ぶりの新潟市体育館大会」と・・・


その土地、土地の情報をマイクでしゃべる・・・


これがどれほど「嬉しい」ことなのか?


単純に考えてもしっかりと内藤哲也「準備」していることが分かりますよね?

 


内藤哲也は常日頃からこの言葉を言いますよね?


お客様に失礼だと思わないのかい?

 

 

これから、始まる「ワールドタッグリーグ2017」。


2018年1月:東京ドームメインに立つことの決まっている内藤哲也。・・・にもかかわらず、パートナーを探しにメキシコに行くと公言している。

 

puroresu.hatenablog.com

 


プロレスをただの「仕事」だと考えれば、もう既に東京ドームのメインに立つことが決まっているため、わざわざメキシコになんか行くことはない。


でも、内藤哲也はお客様を楽しませたいと「わざわざ」メキシコまで行くのである。


・・・ここまで出来るレスラーって他にいるのかなぁ?


あえて、名前を言わせてもらうが・・・近々で言えば・・・

 

やっぱり辞めよう。


書き始めたら止まらなくなりそうだから。

 

最後に。

オカダ・カズチカに、なぜ、“感情移入できない”か書こうと思ったが、上手いこと説明できなかったから、内藤哲也に感情移入出来る理由を「見える言葉」で書かせていただきました。


勿論、かっこいい、可愛い、面白い、おっちょこちょい、笑顔が素敵・・・などなど、いろいろな理由で好きな人もいるとは思うのですが www

 

当記事の読者様から頂いたコメント記事

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

ワールドタッグリーグ2017に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

  

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓