起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

内藤哲也「棚橋弘至は後出しジャンケン」|新日本プロレス


スポンサーリンク

日、東スポwebから「また不満!内藤がUS王座のポイ捨て予告」という記事が公開されたました。

 

新日本プロレス内藤哲也(34)が18日、米国・ロサンゼルス大会(7月1、2日)で新設されるIWGP・USヘビー級王座の「即封印」を示唆した。自らの意思に反して初代王座決定トーナメントにエントリーされた内藤は、またもや不満爆発。創設理由が不明瞭な新王座は不要と切り捨て、トーナメント優勝後はベルトを破棄する意向を明かした。


内藤は11日の大阪城大会で棚橋弘至(40)に敗れ、IWGPインターコンチネンタル王座から陥落。要求が無視されるたびに文句をたれる悪夢のループはついに終焉した…かに思われたが、新たな問題が起こるのに時間はかからなかった。US王座の初代王者を決めるトーナメントで出場8選手の中にエントリーされたのだ。


そもそも内藤はIC王者時代にUS王座新設に疑問を呈し、ベルト過多を理由にIC封印を掲げた。そのプランが失敗した直後にこの“仕打ち”とは…。新シリーズ開幕戦となったこの日の新潟・胎内大会で内藤にUSトーナメントに関する取材を申し込むと「あれは怪文書みたいなものだから」と一蹴された。だが、公式ホームページを“再調査”した結果、やはり正式なリリースによる発表だったことがわかり「これは会社の最高レベルが言ってるの? 木谷(高明)オーナーのご意向ってこと? マッチメークがゆがめられてしまっている」と憤った。


近年起きている新日マットのベルト増加傾向を批判してきた主張は、今も変わらない。「IWGPが一番なら、他のベルトはいらないわけだからね。US王座とは一体何なのか、会社もちゃんと説明するべき。やってる側も見てる側も『?』でしかないし、モチベーションも上がりようがないでしょ」と不満を爆発させた。


出場をボイコットするのは簡単だが、それでは問題の根本的解決にならない。「出るからにはそりゃ優勝を狙うけど、その代わりベルトがどうなるかまでは保証できないよ。言っておくけど、俺がUSヘビー級王者として防衛戦をすることはないから。だっていらないんだもん。米国の川にでも投げ捨ててこようかな」と不敵な予告。US王座は新設初日に消滅という最悪の事態となる可能性まで浮上してきた。


この日は10人タッグ戦で軽快な動きを披露し、好調をアピール。ICを失ったとはいえ、制御不能男の勢いは衰えていない。


引用記事:東スポweb

 

 

・・・その他に、アメリカ大会に向けての記事及び、2017.6.11 大阪城ホール大会で負けた、棚橋弘至についてスマホ記事が公開されましたが・・・


今回の記事では、そのスマホ記事に掲載された「棚橋弘至後出しジャンケン」について書こうと思います。

 

スポンサーリンク
 

 


まず、スマホ記事を読んだ印象としては、「正論」と言うのが私の見解。


すべて、内藤哲也が発言し、それに対して棚橋弘至が反論していくという流れ。


まぁ、結果的には、日本では!?メインのオカダ・カズチカ vs ケニー・オメガより注目度が増していることから内藤哲也大阪城ホールまで盛り上げてきたことは「数字」の上でも間違ってはいない。

 

f:id:seki77:20170620064558p:plain

 

 


あと、スマホ記事を読んで「これは凄い!」と思ったのが、試合終了後、内藤哲也棚橋弘至をリング下で見ていた時のことが書かれていましたが、内藤哲也曰く「棚橋弘至は期待値を超えなかった」らしい。

 

f:id:seki77:20170620064828p:plain

 


要は、内藤哲也が投げかけるメッセージに対しての反応が、内藤哲也の思い描く通りに進行していた・・・「手のひら」と言うことですね。


何を言いたいのか?というと、


今の内藤哲也は、頭の中でいろいろな展開を予想しているのですが、結局、求めていることは、正解か期待値を超えるアクションなんですね。


もし、棚橋弘至内藤哲也の期待値を超える何かが出来たら、さらに内藤哲也は火が付くのかもしれませんが、結果、鎮火・・・


そう考えると、誰1人と内藤哲也の期待値を超える人はいないのではないか?と思ったのですが・・・


私が思うに、超えられるレスラーはやはり「オカダ・カズチカ」しかいないのではないかと思うのです。

 

puroresu.hatenablog.com

 


春の両国大会での柴田勝頼戦のメッセージのやり取りを見る限り、今のオカダ・カズチカはそれなりのアクションが取れるようになってきていますよね?


特に週刊プロレスに書かれていた記事を読むと・・・(何号か忘れましたが 汗)

 

あとは、新日本プロレスの戦略部分として、大阪城ホールで負けた内藤哲也の記事をスマホ限定にするあたりは、さすがですね。


あっ!


知っている人もいるかもしれませんが、先日のニコプロで東スポ記者岡本氏が、「ファミレス談義」を新日本プロレスに依頼しているということを言っていたので、もしかしたらそのうち動画として配信されるかもです。

 

⇒ 内藤哲也・岡本記者のファミレス談義

 

まぁ、新日本プロレスから却下される可能性もありますけど・・・www

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


棚橋弘至が、2017年6月18日(日)新潟・胎内市総合体育館(ぷれすぽ胎内)大会のバックステージで「次期チャレンジャーは俺が決めます」発言をしていましたね?

 

また、内藤哲也棚橋弘至に対して「王者としてのプランを宣言しろ」とも言っていました。


これから、チャンピオンとして棚橋弘至が盛り上げていくとは思いますが、最後には、「内藤から言われたから盛り上げようとしているわけではない!」と言いそうですね www


更に、2017年6月19日(月)茨城・古河市中央運動公園総合体育館大会のKUSHIDAのコメントを読むと・・・

 

KUSHIDA「ツッコミを言うことは誰でもできる。自分の手を汚すことなく、立場をキープしたまま、意見を言ってるふうになれますからね。でも、ツッコんでばかりの人生、最後に結局、なんにも残らないんだ、絶対。そう信じてるから。いいか、BUSHI。お前にこのベルト、渡せるわけないだろ。挑戦、大いに結構。だけど、せめて、せめて執念だけは持って来いよ。俺以上の執念ねえと、絶対、(ベルトは)獲れない。指1本、(ベルトに)触らせない。次の後楽園、監督の指示の下、NEVER(無差別級)6人タッグ、ベルト獲ります!」


引用記事:新日本プロレス公式

 


内藤哲也を意識しているような感じに聞こえませんか?

 

まぁ、前々から気付いてはいたのですが・・・入場の仕方などを見るとね www


タグチ・ジャパン、田口隆祐監督が言っていましたが「0から1を作り出すことは出来ないですが、1から2なら得意」


・・・そう言われると、内藤哲也も「蝶野正洋」なのかな?


スティーブ・ジョブズじゃあるまいし www


では。

 

スポンサーリンク
 

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓