読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【感想】「内藤哲也&紫雷イオ」の対談、プラス材料とマイナス材料|週刊プロレス「2月1日号(vol.1887)」


スポンサーリンク

紫雷イオのロス・インゴベルナブレス・デハポン入りはアリかナシか?

 


2017.1.18に発売された週刊プロレス「2月1日号(vol.1887)」に「内藤哲也紫雷イオ」の対談が記載された。

 

週刊プロレス 2017年 2/1 号 [雑誌]

 

対談内容で気になるところは、紫雷イオがロス・インゴベルナブレス・デハポン入りを熱望していることである。


もし、加入となれば面白い展開になりそうだが問題点もある。


それは・・・

 


時代の流れをキャッチしていない頭の固い役職連中やレスラーが「女子レスラー」の絡みを承諾するかだ。

 


紫雷イオが所属するスターダムに関しては、社長自ら送迎してくれると書かれているので社長との距離も近いことを考えれば、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの加入に関しては簡単に了承してくれそうだが、問題は内藤哲也所属の新日本プロレスの頭の固い役職連中。


ココをクリアしなければ難しい。


私的には、紫雷イオが加入することでプラスしかないと思うのだが、もし、マイナスになるようならジェイ・リーサルのように追放すればいいだけの話であり、別に共闘しなくとも「ロス・インゴベルナブレス・デハポン興行」などで集結すれば、会場は瞬く間に満員御礼となりそうなので何も問題はないのでは。


後、プラス材料と言えば、女子プロレス界に「ロス・インゴベルナブレス・デハポン」の名が知られ、紫雷イオが試合終了後に、内藤哲也バリに「デハポン・コール」をすればまた面白いのではないかと思う。


内藤哲也本人は、プロレス業界の発展に関しては何の興味もないことを言及されている、なぜなら、頭の中は、ロス・インゴベルナブレス・デハポンの発展だけに集中しているからだ。


だから、「紫雷イオの加入」は新鮮だと思うのだが・・・

 

ただ、ただ、ただ、紫雷イオで検索すると「逮捕」というワードが出てくるだけに、2020年上場を目指している新日本プロレスとしてはどうするかだ。

 

 

ココからは、私的な意見になるのだが・・・

 

スポンサーリンク
 

 

今の内藤哲也は、新日本プロレスから大きな仕事を与えられているような気がしてならない。


それは、若手の教育である。


将来的な目線から言っても20代の成長はやはり重要事項。

 

その代表となる選手が、EVIL、SANADA、高橋ヒロム・・・

 

彼らは、ロス・インゴベルナブレス・デハポンのメンバーであり、将来的に新日本プロレスを支えていく選手達。


その選手の教育を任されているのが内藤哲也ではないかと思う。

 

puroresu.hatenablog.com


この仕事・・・今の新日本プロレス現役レスラーを見渡しても内藤哲也以上にこなせるレスラーは存在しない。


要は、どれだけプロレスセンスが優れていても、教育スキルというものは別のスキルが必要なのだ。


例え、オカダ・カズチカケニー・オメガ棚橋弘至でも教育となると別なのである。

 

2017.1.3 東京・ディファ有明で、“期待の大型新人” 岡倫之が新日本プロレスラーとしてデビューしたが・・・

 

http://www.njpw.co.jp/tornament/78282?showResult=1

 

棚橋弘至の「付き人」になったらしい。(Podcast)

 

決して、棚橋弘至の付き人になったから悪いとかという話ではなく、私から見て棚橋弘至というレスラーは、「見て覚えさせる」人間に見える。

 

岡倫之と言えば、「2012年全日本レスリング選手権大会フリースタイル120kg級優勝」という輝かしい成績を残していることから考えれば「見て覚える」ことに関しては優れているだろう。ただ、問題は、今時代のプロレスラーは実力があっても上には簡単に上がれないということだ。

 

では、なぜ、棚橋弘至の背中を見てきた内藤哲也新日本プロレスの中心選手になることが出来、また「商品価値」の高い選手になることが出来たのか?

 

端的に言えば、誰もやっていないことをやったからである。

 

puroresu.hatenablog.com

 

勿論、細かいことを言えば内藤哲也新日本プロレスの中心選手になることが出来た要因はもっとたくさんありますが、誰もやったことのないことをやるということは、それだけ「リスク」があること。

 

果たして・・・

 

2017.1.4 東京ドーム大会で、内藤哲也に「トドメを刺された」棚橋弘至にその「リスク」という「成功思考」を棚橋弘至が教えることが出来るのか?また、魅せることが出来るのか?安パイ、安目を教えてしまうのではないか?

 

そこが見ものであり、期待である。

 

 

・・・どれだけ強くても、実力があってもプロレスラーとしての「商品価値」が高くなければ、会社には必要とされない。

 

puroresu.hatenablog.com

 

まとめ。

 

内藤哲也紫雷イオ」の対談での収穫は、ロス・インゴベルナブレス・デハポンに加入するかしないか?だけでした。

 

収穫が少ないように感じるかもしれないが、この情報だけでもかなり貴重であり面白い話題である。

 

また、対談後の内藤哲也の徹底ぶりには頭が下がる。


対談が週刊プロレスに記載されてから、紫雷イオ内藤哲也ツイッターをフォローしリツイートまでし、更に内藤哲也のぬいぐるみまで抱えて画像をUPしているが、内藤哲也は何もしていない。

 

f:id:seki77:20170120072138p:plain



twitter.com

 

 


この徹底ぶりが今の人気につながっている要因の1つでもある。


もし、紫雷イオがロス・インゴベルナブレス・デハポン加入となれば、BUSHIの掛け声と同時にツイッターのフォローするのが想像つくので面白いとこだが www


では。

 

 

週刊プロレス 2017年 2/1 号 [雑誌]

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓