読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】内藤さん、もし、コケても、俺 (高橋ヒロム) が、何とかしますよ・・・|新日本プロレス


スポンサーリンク

内藤哲也アメブロを読んでいて感じたことなんだけど、やっぱり、すげ~なぁ~この人と「改めて」思いました。


タイトル:メキシコ編・最終回を最後に「1年半」ブログ更新を止め、2016.11.23に再開。

 

ameblo.jp

 


そして、再開記事のタイトルが「運命 ~DESTINO」。

 

ameblo.jp


普通に考えたら、「1年半」もブログ更新を止めることはあり得ないん話なんだけど、これって、高橋ヒロムのためだけに「演出」しているんですね。


記事を読むと分かるんですが、度々、ブログネタになるようなこと高橋ヒロムが差し出している・・・

 

  • カップラーメンとか・・・
  • 料理!?を作るとか・・・
  • 虫をプレゼントするとか・・・

 

ということは・・・


内藤哲也の頭の中では、メキシコ遠征時に「こうするんだ!」と決めての「アメブロ更新止め」だった・・・


もしくは、2人で話し合ってのことなのか?分かりませんが、とにかく、「1年半」もかけて演出というか・・・高橋ヒロムのためだけに行動する内藤哲也はやはり凄いとしか言いようがない。


・・・当たり前ですが、プロレスラーたるもの、自分の人気を第一優先に考える、だから、ブログでもなんでも露出を止める「勇気」というのか?そこまで「誰かのために」演出することって、そりゃ、内藤哲也について行く理由も分かりますわ。


また、内藤哲也がメキシコ遠征から戻る際には、「ロス・インゴベルナブレス」を日本に持ち帰ることは決めていたわけですから、ここまでの人気の予想していた!?


いや、違う。


内藤哲也が持ち帰って、もし、コケた場合の「サプライズ演出」が高橋ヒロムだったのかもしれない。


もし、コケても、俺が、何とかしますよ・・・ (深読み)

 

的なことを高橋ヒロムなら言い兼ねない。


・・・でも、高橋ヒロムが日本に戻るころには、ロス・インゴベルナブレス・デハポンが大ブレークしていた。


だから、2016.12.10 宮城大会の高橋ヒロムのロス・インゴベルナブレス・デハポン入りは「無難」に見えたのかもしれない。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

・・・まぁ、相変わらずの【深読み】ですが。

 

スポンサーリンク
 

 


それにしても、SANADAも言ってましたが、

 

内藤さんと絡むことによって可能性がいっぱいあるので。プロレス愛を感じます、内藤さんからは。自分中心のようで全体のことを見てますし、意外と。それは自分に返ってくるんで、トータル的に全部よくなるんですよ。


↑以前の記事でも書いたような 汗

 

 

内藤哲也 (スポーツアルバム No. 58)
 

 


そして、私は、内藤哲也のブログから新日本プロレスワールドに移動し、2016.12.16 後楽園ホールの「高橋ヒロム凱旋帰国初試合」動画を見てこのマイクを聞いた。

 

f:id:seki77:20170416082353p:plain

 

ヒロムを称えた内藤が、最後は「デ・ハ・ポン!」で締めくくる!!


メインイベント終了後、LOS INGOBERNABLES de JAPONメンバーのSANADA、EVIL、BUSHIがリングに登場。そこから内藤がマイクアピールを始める。


内藤「ブエナスノ~チェ~~ス、後楽園ホ~~ル!!(※大歓声)


新日本プロレスを、そして、我々LOS INGOBERNABLES de JAPONを応援して下さる後楽園ホールのお客様、“高橋ヒロム凱旋帰国試合”、彼の魅力、そして! 彼の可能性、皆様、感じていただけましたでしょうか?(※大拍手)


明日の、後楽園ホール大会、我々5人が作り出す世界、皆様、皆様方の目で、そして皆様方の耳で、明日しっかり確認して下さい(※大歓声)。


明日の後楽園ホール大会まで! トランキーロ!! あっせんなよ(※『あっせんなよ』の大合唱&大拍手)。


EVIL、BUSHI、SANADA、ヒロム、イ・内藤。ノスオトロス! ロス! インゴベルルルルルナ~ブレ~~~~~ス! デ!! ハ!! ポン!!(※『デ!! ハ!! ポン!!』の大合唱&大拍手)」

 

その直後、L・I・Jの5人はそろってポーズを決めて記念撮影に収まり、リング中央で拳を合わせる。

 

f:id:seki77:20170416082421p:plain


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

そして、2016.11.5 大阪大会、高橋ヒロムが「時限爆弾」として登場してから、5か月後・・・


これですよ・・・

 

f:id:seki77:20170416082500p:plain

 

日本一の団体、世界でも有名な新日本プロレス、そして、多くの選手がいる中、また有名な選手、人気の選手、実力のある選手が多数存在する中で・・・

 

ジュニアの高橋ヒロムがトップ選手と共に宣伝されている・・・


勿論、高橋ヒロム自身の「自己プロデュース」の力もありますが、このようになることが、もし、内藤哲也の頭の中に演出できていたのであれば、名プロデューサーとした言いようがないですね。


売上高約30億円の新日本プロレスのトップに5か月で駆け上がれた高橋ヒロムの凄さと、内藤哲也の育て方、演出にはちょっと想像以上の「センス」を感じます。


また、ここまで人気の出た高橋ヒロムがどこまで内藤哲也についていくのか?それも楽しみではあるが、おそらく、内藤哲也と同じ気持ちである・・・


新日本プロレスを盛り上げたい・・・


ココがあれば、お互いの心は通じ合っている!?そう感じますね。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也高橋ヒロム関連記事一覧

sinota.hatenablog.jp

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓