薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也&高橋ヒロム、メキシコ・CMLLに感謝の気持ちを忘れない・・・|新日本プロレス


f:id:seki77:20171102200614p:plain

 

日本プロレスのユニット「ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン」の内藤哲也高橋ヒロムが、海外遠征先となるメキシコ市の中心部で日刊スポーツの取材に応じた記事が本日公開された。

 

ちなみに・・・

 

東スポ記事ではないですよ www

 

いつものファミレス談義ではないですよーーー

 

最後の「オチ」もありませんよ www

 

内藤&ヒロム、ロスインゴ創設者と再合体の意味とは

 

新日本プロレスのユニット「ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン」の内藤哲也(35)高橋ヒロム(27)がこのほど、海外遠征先となるメキシコ市の中心部で日刊スポーツの取材に応じた。同地の団体CMLLで誕生したロスインゴベルナブレス(制御不能なヤツら)。同マットで本家のルーシュ(29)と再合流し、本家が展開する新メンバー勧誘にも手を貸すなどさらなるメンバー増強の動きもみせた。


リーダーの内藤にとってユニット加入イヤーの15年以来、約2年ぶりのメキシコとなる。

 


内藤「ボクの人生を変えたリングであり、ボクの人生を変えてくれた仲間達のいるリングなので久々ではありますが、戻ってきたな、戻ってこれてうれしいなという感想ですね」。

 


武者修行から凱旋(がいせん)帰国した16年秋以来のメキシコとなった高橋も気持ちは同じだった。

 


高橋「気持ちいいですね。完全に俺の中でターニングポイントなので、メキシコにきたっていうのは。まあ相手に(メキシコ時代のライバル)ドラゴン・リーがいなかったというのは残念でしたが、本当に気持ちいいリングです」。

 

 

 

もともと内藤は高橋裕二郎と結成したユニット「NO LIMIT」として09年に約8カ月間、CMLLで暴れていた。メキシコでの認知度は高く、ファンからも大コールが起きた。

 


内藤「ボクが長期間でメキシコにいたのは09年なんですけど、その時もメキシコで一生懸命プロレスしてましたから、こうやって久々に帰っても『ナイトウ』といってもらえるのはボクの財産だと思います。そしてメキシコで生まれたロスインゴベルナブレスというチームに2年前、加入したんですけど、それがすごく大きかったなと。このロスインゴベルナブレスがあるから、ロスインゴベルナブレスに入ったから、こうやって簡単にメキシコに帰ってこれる。このCMLLのリングはホームみたいなもの。久々に実家に帰ってきたみたいな気分」。

 


CMLLマットで高橋はカマイタチのリングネームで活躍していた。

 


高橋「覚えていてくれるのはうれしいですよね。多分、カマイタチのイメージが強いんですよね。『ヒロム高橋』というのは、まだ知られていないと思うので、やっぱりプログラムにもカマイタチって書いてあるわけじゃないですか。やっぱりカマイタチっていうのはデカかったのかなって、それを見て感じました」。

 


メキシコで同ユニット創設者のルーシュと再合体した意味は大きい。

 


内藤「ボクの中での1番の目的は今日の試合に勝つこと負ける事ではなく、日本のロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとメキシコのロスインゴベルナブレス、この2つが一緒にリングに立つことが重要だったわけで、ロスインゴベルナルベスとロスインゴベルナルベス・デ・ハポンが一緒に戦ったと、そこが1番重要だった。我々の戦っている姿をお見せできたので、勝敗に関しては意識していませんでしたね。とりあえず我々の試合をメキシコのお客様に見ていただけたことが大きかった」。

 


日-墨をまたいだユニットには、さらなる強固な「橋」がかかったようだ。

 


内藤「2年前にも交流は実施しましたし、メキシコのロスインゴベルナブレスが日本に来て合体したこともありましたけど、しばらく1年近くなかった。今後の方向性とか試合以外でもいい話し合いができたら。そういう意味でたった1試合ではありますけど非常に意味のあるCMLL遠征だったなと」。

 


高橋「オレは単純に楽しむためにきたんで。ただルーシュからTシャツを受け取ったのは素直にうれしかった」。

 


地震に見舞われたメキシコのファンにもエールを忘れない。

 


高橋「楽しもうと思ってくれていることが変わらない、地震があったことを感じさせない強さっていうのは、こっちの人はありますよね。本当に地震があったのかな、と勘違いさせられるくらい1人1人みんな元気で応援も力強いじゃないですか。自分がメキシコにいた頃と何一つ変わらない声援だったので、だから好きですね。1人1人が強いな、っていうのが自分の中でのメキシコです」。

 


ユニットの発祥の地メキシコでファンからの声援を浴び、後押しの空気も感じながらエネルギー充電もできた様子。来年の1・4東京ドーム大会では、内藤がIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(30)に挑戦。高橋もIWGPジュニアヘビー級選手権試合4ウェイ戦に挑む。大舞台でのタイトル戦を備え、原点回帰した心身で再び新日本マットに戻ってくる。


引用記事:日刊スポーツ

 

スポンサーリンク
 

 


11月12日にCMLL遠征に行く前に、内藤哲也がメキシコに行く「目的」は、「ワールドタッグリーグ2017」の新パートナー探しであった。

 

puroresu.hatenablog.com

 


しかし、内藤哲也がメキシコに飛び立った直後?新日本プロレス公式にて「今年のワールドタッグリーグには、内藤哲也オカダ・カズチカ棚橋弘至ケニー・オメガは不参加」と公表された。

 

puroresu.hatenablog.com

 


正直、内藤哲也本人も驚いたことだろう。

 

puroresu.hatenablog.com

 


ただ、ファンとしては、例え、新パートナー探しがなくなったとしても「何かがある!」と楽しみに吉報を心待ちにしていたが、やはり、想像を掻き立てる話題を提供してくれた。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

・・・この一連の流れの中で、11月5日:大阪大会~「ワールドタッグリーグ2017」が始まる静寂の間、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがファンを楽しませてくれることには感謝しないといけない。

 

内藤哲也高橋ヒロムが、メキシコ・CMLLに感謝の気持ちを忘れないことと同じく・・・


これは、私的な考え方だが、内藤哲也ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの話題提供のやり方には他の選手と確実に異なる部分が存在する。

 

それは・・・


最後に、しっかりとした答えを出してくれること。


例えば、今回の新パートナー探しの件でも、内藤哲也スマホ日記で「本音と心理」が語られていた。


ファンとして話題を提供されればいろいろなことを「想像」し、そして考え、その時間こそが贅沢。


しかし、想像したことによる「答え」があるか?ないか?では、深さが違うのである。


つまり、選手側が何を考えているのか?ファンも想像がつけば「感情移入」出来ると私は思う・・・

 

今回の遠征では、内藤哲也高橋ヒロムの写真がツイッター上に上げられれば、楽しんでいるね!など表情を見ただけで私たちには伝わる。

 

また、久しぶりにルーシュと再会し、嬉しい気持ちも何となく伝わってしまう。それが、戦略ではなく心から感謝している、楽しんでいるということが伝わってしまうのが内藤哲也高橋ヒロムでありロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 


では。

 

最後に。

メキシコ・CMLL遠征に同行した高橋ヒロム

 

一体、これから何を魅せてくれるのか?

 

楽しみである・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

高橋ヒロムに関する記事一覧はこちら 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓