薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也を本気で焦らせる存在は凱旋帰国して約1年で「プロレスグランプリ2017」第4位の高橋ヒロムなのでは?|新日本プロレス


2017年12月19日に新日本プロレスワールドで放送された「もうすぐイッテンヨン!新日本プロレス大忘年会!」で・・・


ファンが選んだ2017年のMVPが発表された。

 

 

また、週刊プロレス発表の「プロレスグランプリ2017」で「好きなレスラー」ランキングはこちら。

 

 

 

今回、注目してほしいのは、両ランキングで第4位にランクインしている高橋ヒロムの存在だ。


これは、快挙と言っていいのではないだろうか?

 


凱旋帰国したのは2016年11月5日。


およそ、1年でここまでの人気を得た自己プロデュース力。もしかしたら、来年の東スポプロレス大賞もあり得るのではないだろうか?


その証拠に、本日更新された「闘魂ショップ」のランキングを見てほしい。

 

  • 第1位:L・I・J ライトウェイトスタジアムジャンパー(ブラック×レッド)
  • 第2位:広島東洋カープ×内藤哲也 Carp de JAPON キャップ
  • 第3位:高橋ヒロム プルオーバーパーカー
  • 第4位:内藤哲也 パーカー(ブラック×レッド)
  • 第5位:CD「LOS INGOBERNABLES de JAPON」
  • 第6位:モバイルバッテリー 内藤哲也(ピクチャーver.)
  • 第7位:モバイルバッテリー 高橋ヒロム(ピクチャーver.)
  • 第8位:ROPPONGI 3K Tシャツ
  • 第9位:L・I・J パーカー(ブラック×ライトブラウン)
  • 第10位:獣神サンダー・ライガー「THUNDERBOLT」Tシャツ

 

闘魂ショップランキング

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの商品が第1位~7位まで独占していることも凄いことなのだが、今回注目してほしいのは・・・

 

内藤哲也のパーカーより高橋ヒロムのパーカーの方がランキングが上であること。

 


更に・・・

 


内藤哲也のパーカーは11月10日に発売され・・・

高橋ヒロムのパーカーは11月30日に発売されているのである。


つまり、20日遅れで発売されたのにも関わらず、新日本プロレスNo.1の人気を誇る内藤哲也よりランキングが上。

 


・・・これ、ひょっとするとひょっとする???

 

スポンサーリンク
 

 

今年、2017年、東スポプロレス大賞週刊プロレス「グランプリ」に輝いた内藤哲也


そして、2018年1月4日は東京ドーム大会で「メインイベント」に立つ。


その後、内藤哲也を本気で焦らせてしまうのは、オカダ・カズチカでもなく、ケニー・オメガでもなく・・・


マジで、高橋ヒロムになるのでは?

 

まぁ、内藤哲也自身も以下の雑誌で・・・


「もしかしたら、高橋ヒロムが1番、俺を焦らせる存在かもしれない」

 

と、しっかりと警戒はしている・・・

 

 


また、2017年12月17日:後楽園ホール大会では、オカダ・カズチカに対して、ジャーマンスープレックスホイップ⇒ファイヤーマンズキャリー⇒ダイナマイトプランジャーと「もしかしたら!?」と言うシーンも存在した。

 

f:id:seki77:20171220195601p:plain

 


正直、東京ドーム大会でメインを飾るチャンピオンに対してここまでのシナリオを組ませるあたり・・・


会社推しもかなり考えられる。

 

もしかしたら・・・2018年本気で高橋ヒロムを推しに来るのかな?

 

スポンサーリンク
 

 

高橋ヒロムに関する記事一覧はこちら

  

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓