薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

内藤哲也「G1クライマックス」提案と問題提起|新日本プロレス


2017年7月17日~2017年8月13日まで行われた「G1クライマックス27」。


自身2度目の優勝を飾ったロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也が「一夜明け会見」の場で「G1クライマックス」改定案と問題提起を新日本プロレスに提案した。

 

f:id:seki77:20180617075932p:plain

 

まあ、この『G1 CLIMAX 27』優勝者として、ひとつ提案というか、問題提起というか、できるのであれば、ひとつ来年の参考にしていただきたいと。それは…やはり出場者の選考基準ですね。最終リーグ戦、8月11日、12日の両国大会、それぞれ5試合ずつリーグ戦が組まれたわけで。トータル10試合ですね。ただ、11日も内藤対棚橋(弘至)が(優勝決定戦進出の)決定戦だったわけですよ。
 

 

12日もオカダ(・カズチカ)対ケニー(・オメガ)が決定戦だったわけですよ。ということは、2日間で10試合中8試合はもう消化試合だったわけですよね。まあまあ、リーグ戦だからしょうがない部分はありますけど、やはり新日本プロレスとして“最後までお客様を楽しませる”と。“最後まで皆様をドキドキさせる”と。やっぱりこれはね、必要なことでしょ?

 

これは選考した選手……ほかの選手を選んでおけばよかったのか!? それとも…そもそも20人なんて必要なかったのか!? どっちなんですかねぇ~。 なんかいまの『G1 CLIMAX』、最近の『G1 CLIMAX』ですね、19大会あります、じゃあAブロック、Bブロック(に)分けて、10人ずつにすれば、リーグ戦9試合、9試合(と)、優勝決定戦、全部で19大会と。なんかこれが先に準備されてんじゃないのかな?と。
 

 

“それありき”で、あとから選手を選んでんじゃないか? と。『Aブロック、10人選ばなきゃいけない』『じゃあ、まあしょうがないけど“コイツ”入れておこうか?』みたいな。なんかそういうのを凄く感じますよね、今年の最終リーグ戦を見ても。だから『そうじゃないだろう』と(言いたい)。やはり『G1 CLIMAX』に相応しい選手をまずピックアップした上で、『じゃあ“何大会”必要だから、“G1 CLIMAX”はこれだけやりましょう』というのが、正しい『G1 CLIMAX』のあり方なのかな?と、ボクは思うんでね。

 

まあ、『G1 CLIMAX 27』優勝者として、来年、より高いレベルの『G1 CLIMAX』を皆様に提供するにあたって、ボクはひとつ提案したいなと思います。まあ、ボクの言うことは、基本的には通りませんからね。『内藤がこんなこと言ってたな』というのを、覚えておいていただけたら幸いですよ。


引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

上記の提案を簡略的にまとめると・・・


軸としては・・・

 

“最後までお客様を楽しませる”

“最後まで皆様をドキドキさせる”


その中でどーしたらいいのか?


各ブロック決勝戦の2大会の「消化試合」をどーにかする。

そのためには、「G1」に参戦する選手を厳選する。

 

 

2018年の「G1クライマックス28」は、7月14日~2018年8月12日に行われるわけだが、各ブロックの決勝戦と優勝決定戦は東京武道館で行われる。


果たして内藤哲也の提案は新日本プロレスから認められるのか?

 

2017年の「G1クライマックス27」の最終成績

youtu.be

 

Aブロック勝ち点表

 

 

Bブロック勝ち点表


優勝決定戦:内藤哲也 vs ケニー・オメガ×

34分35秒:旋回式デスティーノ⇒デスティーノ

 

スポンサーリンク
 

 

関連雑誌一覧

 

 

 

関連記事一覧

 

「G1クライマックス27」に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

f:id:seki77:20180617180936p:plain