起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】内藤哲也のインターコンチネンタル次期チャレンジャー・・・蓋を開けたら結構「恵まれている」現実|新日本プロレス


スポンサーリンク

2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザでジュース・ロビンソンとの「IWGPインターコンチネンタル選手権試合」が決まっている内藤哲也だが、蓋を開けると意外と次期チャレンジャー候補に恵まれていることが分かった。

 

 

 

まず、今回のジュース・ロビンソン戦。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

 

この試合で勝利したら、次のビックマッチはおそらく「2017.6.11 大阪・大阪城ホール」になるだろう。


対戦相手は・・・私が当初から予想しているバレットクラブの「cody」だ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 


しかし、2017.4.3に公開された東スポwebの記事で、「タイガーマスクWを戦いたい」と内藤哲也本人から希望したことで、「cody」との対戦は、大阪城ホールでは実現しないだろう。

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

以下が飯伏幸太からの返答メッセージにあたる。

 

【K―DOJO】飯伏がタイガーマスクWに内藤狩り厳命

 


また、2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザの「セミファイナル」で棚橋弘至 vs EVILが組まれていることから、メインで内藤哲也が勝利した後にリングに棚橋弘至が登場し、大阪城ホールでの対戦が予想されている。

 

sinota.hatenablog.jp

 

 


・・・ここまででも、内藤哲也の次期チャレンジャー候補は、かなり恵まれていることが分かるだろう。

 


1度整理すると・・・

 

 

 

ただ、

 

 

この記事を書いたということは、私的にはちょっと違う【深読み】があるということだ。

 


思い出してほしい・・・

 

 

大阪城ホール大会も、我々ロス・インゴベルナブレス・デハポンが熱くすることでしょう。


引用記事:新日本プロレス公式

 

 

 

このセリフは、2017.2.11 大阪・大阪府立体育会館エディオンアリーナ大阪)でマイケル・エルガンから勝利した後のマイクで話した言葉だ。


ワードとして注目してほしいポイントは「大阪城ホール」だ。

 


つまり、「大阪城ホール」をロス・インゴベルナブレス・デハポンで盛り上げると宣言しているのだから、「EVIL」とのインターコンチネンタル戦もあり得るとちょっとだけ【深読み】しているのである。

 

f:id:seki77:20170425051518p:plain

 


要は、2017.4.29 大分・別府ビーコンプラザ棚橋弘至にEVILが勝利し、内藤哲也とEVILで大阪城ホールでの対戦もあり得るということだ。

 

まぁ、codyと対戦・・・棚橋弘至と対戦・・・タイガーマスクWと対戦・・・EVILと対戦と・・・ブレブレの管理人ではあるが、「Interview with Los Ingobernables de Japon #19」内藤哲也が話していた、「ロス・インゴベルナブレス・デハポンの新たなリーダー」という課題は、「宙ぶらりん」のままだからだ。


なので、

 

内藤哲也の次期チャレンジャーに「EVIL」と・・・ちょっとだけ【深読み】したのである。

 


では。

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関連する記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓