薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也がクリス・ジェリコに「リベンジ宣言」|新日本プロレス


珍しいですね~、

内藤哲也が「リベンジ宣言」するなんて・・・

 


制御不能・・・ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンになってから「初」じゃないですか???

 

f:id:seki77:20180618084153p:plain

 


2018年6月17日:東京・後楽園ホール大会の試合後のコメントで、6月9日:大阪城ホール大会「インターコンチネンタル選手権試合」でクリス・ジェリコから急所蹴りで敗れた内藤哲也が「リベンジ宣言」をした。

 

内藤「俺は大阪城ホール大会、クリス・ジェリコに敗れた。急所蹴りがあったとはいえ、俺は耳元でしっかり3カウントを聞きましたよ。彼はピークを過ぎた選手でしょ? 世界的に有名なレスラーかもしれないけど、ピークを過ぎたレスラーに敗れてしまったこと、これは非常に恥ずかしいことですよ。ベルトがあるない関係なく、俺はクリス・ジェリコにリベンジしますよ。


引用記事:新日本プロレス公式

 

スポンサーリンク
 

 

 ・・・ただ、気になるのは、6月15日に公開された東スポwebの記事で「いつか、リベンジ・・・」と言いつつも、「EVILがここからどう動くのか、俺自身見たい気持ちもある。」と言及。

 

puroresu.hatenablog.com

 


なので、今までのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの流れから「見守る」を先行するかと思いきや、まさか、まさかの完全なる「リベンジ宣言」・・・

 

・・・何か、クリス・ジェリコのスケジュールに変更があったんですかね?

 


まぁ、近々のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの事情を考えると「3歩先」を歩いていた内藤哲也が他のメンバーの活躍で「2歩」に追いつかれてきた印象もある。

 

特に、高橋ヒロム

 

「ベスト・オブ・スーパージュニア25」で優勝、6月9日:大阪城ホールウィル・オスプレイを倒し「IWGPジュニア」のベルトを奪取。

 

また、昨日の後楽園ホール大会では、入場時「ヒロムコール」が鳴り・・・ちょっと焦ってきた内藤哲也も存在するのかな?

 

だから、試合後のコメントで完全なる「リベンジ宣言」をしたんですかね?

 

 

・・・ただ、

 

これはイイ傾向 www

 

これから始まる「G1クライマックス28」でEVILとSANADAが活躍すると考えれば、どんどん内藤哲也に追いついてくる。

 

⇒ 2018年「G1クライマックス28」出場選手は?サプライズ選出はあったのか?

 


そして、逃げる、突き放す内藤哲也がずぅーと存在し続ければ、ますます、チーム内で火花が散る。

 

あとは、BUSHIが何かしらのアクションを起こせば、益々盛り上がるのですが・・・


近々のBUSHI日記を読むと、悔しさ、現実逃避・・・やはり高橋ヒロムに嫉妬している感は否めない。

 

ぜひ、頑張ってほしい。


元気のないBUSHIは見たくないぞ!!!

 

スポンサーリンク
 

 

関連雑誌一覧

 

 

 

※上記掲載中の週刊プロレスを読み返したい人は「128誌前」のバックナンバーまで読める「アマゾン:Kindle Unlimited」がおススメ。30日間無料体験が可能で「月額980円」で週刊プロレス以外にも単行本、小説など「17万冊」が読み放題。

 

Amazon:Kindle Unlimited

 

 

ただし、最新号の週刊プロレスは読めませんのでご注意を。最新号をお求めの方は「楽天マガジン」がおススメ。

 

関連記事一覧

 

「G1クライマックス27」に関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

f:id:seki77:20180617180936p:plain