起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【感想】内藤哲也 vs 飯伏幸太「G1クライマックス27・開幕戦・2017.7.17 北海道」|新日本プロレス


スポンサーリンク

日(2017.7.17)、北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる大会の「内藤哲也 vs 飯伏幸太」戦を新日本プロレスワールドで観戦しましたが、北海道のお客様は、内藤哲也の大合唱を心待ちにしていたんですね?

 


終始、内藤コールが勝り、飯伏コールをかき消すシーンが多々あった。

 


試合途中、飯伏幸太内藤哲也に何度も蹴りをするシーンがありましたが、新日本プロレスワールドで見る限り、その前のフルネルソンからジャーマンスープレックスに切り替える飯伏幸太の華麗な技のとき、自然発生で内藤コールが起きた。

 

f:id:seki77:20170717204950p:plain

 


おそらく、飯伏幸太的に、それに納得しなかったのか?また、イラついてしまったのか?レフリーの静止を無視し何度も内藤哲也を蹴った。

 

f:id:seki77:20170717205119p:plain

 


・・・これが、昔なら飯伏幸太に声援があったのかもしれない。けど、今は、内藤哲也に歓声が集まる・・・。

 


悔しかったのかもね・・・

イライラしたのかもね・・・

納得できなかったのかもね・・・

 

と、感じました。

 

試合内容としては、ベストバウト級であり、本当に面白かった。このまま、内藤哲也が独走とはいかないと思うが・・・飯伏幸太もきっとこれから勝ち星を増やしていくだろう。


感動でした、ありがとうございます。


では。では。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に。


解説の獣神サンダー・ライガー、最後は不機嫌でしたが、やはり、永田裕志真壁刀義棚橋弘至飯伏幸太?本隊勢が全敗だったからじゃないかな?と思った。


飯伏幸太の雪崩式パイルドライバーに怒っているのかな?とも思ったがしっかりと飯伏の足が最初についていて頭からは落ちていないような気がする。もちろん、危険な技であることは間違いないが・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちらから

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

⇒ G1クライマックス27関連する記事はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓