薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

【深読み】内藤哲也の人気をおびやかすのは「今は」飯伏幸太かもしれない・・・|新日本プロレス


f:id:seki77:20180902160006p:plain

 

藤哲也を脅かす存在が高橋ヒロムである!と悟っていたが、今現在、ケガのために長期離脱している今、ほかの選手に照準を絞らないといけない。


それは、飯伏幸太である。

 


飯伏幸太の「目に見える数字」。

 


なぜか、意味不明なことばかり「つぶやいている」ように感じるのだが、つぶやくたびに高い数値を計測している。

 

 

 

別に細かいデータを掲載するつもりもない。


ただ、内藤哲也より勝っているのが気になる・・・


フォロワー数も、内藤哲也の方が多いのに「なぜ?」・・・と考えてみる。

 

 

スポンサーリンク
 

 


何の「根拠」もなく「証拠」もなく「感覚」だけで記事を書くが、飯伏幸太といえば「自由」を愛することで有名。

 


ゆえに孤独人。

 


現在、新日本プロレスのマットで闘ってはいるが、ここに来るまでには、紆余曲折の人生だったはず。


・・・もし、飯伏幸太が本物の「天才」であるならば、今のこの状況を「昔から」想像出来ていたのかもしれない。

 

「個」が活躍できる時代が来る!と。

 

だから、継続の上で獲得した数値が高い・・・


抽象的な数値で申し訳ないが、感覚的には・・・

 

  • 内藤が16万人のフォロワーに対して「約2,000~3,000」イイね。
  • 飯伏は10万人のフォロワーに対して「約3,000~4,000」イイね。

 

これだけの差がある。


やはり、継続って大事だよね。

 


勿論、個が凄くても、私は、内藤哲也を支持する。


なぜなら、個の中に「育てる」を兼ね備えているからだ。


また、しっかりとしたドラマを作り上げているから。

 

ただ、当の本人たちは今何を考えているのだろう。


この2人、同級生でお互いが意識しあっている。


そんな中、この数値の違いに気付いていないわけなどない。

 

投稿の仕方が、画像と文字なので「差」はあるが、共通点としては「想像」させているということ。

 

内藤は、画像だけで、何かを想像させる。

どこにいるのか?何のためにそこにいるのか?

 

飯伏は、文字だけで、何かを想像させている。

そこには、名言となりうるつぶやきも存在する。

 

2人とも立ち位置は違うけど、内藤哲也を脅かす存在は「今」飯伏幸太なのかもしれない。

 


あっ!そうそう。


内藤の失速って、飯伏本人がやってのけるの?


マジか・・・

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

内藤哲也:ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する雑誌一覧

 

飯伏幸太に関する記事一覧はこちら

 

【深読み】記事一覧はこちら 

↑ コチラの【深読み】記事は当ブログのおすすめコンテンツであり、たくさんの読者様から支持を受けています。選手の気持ち・心理を【深読み】し今後の展開などを予想している。

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。