薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

天龍源一郎から学ぶ、薮田博史の社員という肩書を捨てたとき ~ 躊躇とたいしたことない。


f:id:seki77:20181224072153p:plain

 

舌悪いレジェンドレスラー天龍源一郎氏の著書「天龍源一郎の世界一滑舌の悪い人生相談」のインタビュー記事を読んで心に響いたフレーズがありましたので紹介したいと思います。

 

 

私の中での天龍源一郎氏と言えば・・・

 

ジャンボ鶴田&天龍組のタッグの印象が物凄く強い。シングル戦も見てはいますが、ジャンボ鶴田のファンだったのでタッグの記憶が強いですね。

 

近々で言えば、オカダ・カズチカとの引退試合

 

 

まぁ、詳しいことはネットや書籍などで調べてくださいね。

 

では、本題へ。

 

スポンサーリンク
 

 

「自分も相撲人生やプロレス人生のなかで、いろいろ節目はあった。踏み出す前に悩んで躊躇(ちゅうちょ)することもあったんですが、いざ歩み出すと、意外にたいしたことなかったんですよね」

 

www.hochi.co.jp

 

 

私が、天龍氏の言葉で思い出すのは、仕事を辞めて腕一本で生きていこうと決めた時。

 

あのとき、メチャクチャ悩みました。

 

自分の中では固い決意があるのですが、やはり、周りの人間は止めてくるんですよね。

 

そのたびに心がグラグラと揺れる。

 固い決意があるのになぜ?

 

辞めることへの止めが入るたびどんどん「辞めることへの恐怖感」を抱いてくる。

 

  • 辞めない方がイイよ
  • もし、失敗したらどうするの?
  • このまま続ければ出世できるし、その時また考えればイイのでは?
  • オレ・・・薮田さん辞めたら寂しいよ。
  • 再就職めんどくさくないですか?

 

・・・etc

 

心が揺れる・・・

固い決意なのに。

 

どんどん「辞めることは悪いことなんだ」と洗脳されている自分がいる。

決意は固いのに。

 

そして、私は、次第にこのようなことを求め始めてくる。

 

もっと、止めてくれ!

そしたら、辞めないかもよ。

 

もっと、薮田は必要だ!と言ってくれ!

そしたら辞めないかもよ。

 

・・・同僚に頼もうかな?

上司にこのように言ってくれって・・・

 

「薮田さん、辞めること相当悩んでいるらしいですよ」

 

でも、言えなかった・・・

いや、言ってくれなかった・・・

 

・・・いや、同僚に頼めなかった。

恥ずかしくて・・・

 

そして、退職日当日。

 

あれ?

なんだ、この気分は?

 

あれ?

なんで悩んでいたんだろう?

 

あれ?

失敗したらまた仕事探せばイイじゃん。

 

今まで、仕事=その仕事をやらなければならないとばかり思っていた。日本全国に腐るほどの会社があるのに、なぜ、その会社だけで働くことしか考えられなかったんだろう。

 

洗脳?

いや、環境がそうさせていたんだ。

 

視野が広がる。

 

そして、私は、起業家のなるために必死になった。

 

その間、何度も何度も失敗した。

 

そのたびに、派遣の仕事で食いつなぎ、計5社くらいで働いたかな?

 

けど、「社員」という肩書に縛られなくなったら、不思議と「社員」になることが、どれだけ窮屈なことであることが分かった。

 

  • 派遣から見る社員。
  • 社員から見る派遣。

 

立ち位置が違うだけで、こんなにも景色が変わる。

 

その結果私は起業家になった。

 

そして、起業家になったことを知った元同僚からこんな連絡があった。

 

「仕事辞めようと思うんだけど、今、どんな状況?」

 

そう、そうなんです。

 

あのとき、親身になって相談にのってくれた同僚から逆に相談される側に。

 

どうやら、私は、その会社を辞めた人間で成功者になった「第一人者」みたいで、かなり噂になっているみたい。どんな風に噂になっているかは分からなけど・・・

 

ここまでの話を天龍氏の言葉に乗せると・・・

 

躊躇=仕事を辞めることに悩む

意外にたいしたことなかった=社員は窮屈。新たな景色が見えるようになる。

 

最後に

これを内藤哲也に当てハメると・・・

 

躊躇・・・棚橋の次、棚橋の背中、次期エース候補、人気、ベビーフェイスでの声援・ファン、本隊でお世話になった選手たちという「財産」。

 

意外にたいしたことなかった・・・プロレスの楽しさ、自分のやりたいことが出来る、ブーイングが声援に聞こえる、棚橋を別角度から見れるようになる、人気が棚橋以上になる。自分を支持してくれるファンが少しづつ現れる、自分支持してくれる選手がいる、将来的に内藤哲也みたいな選手になりたいと思う人が現れる。

 

メリークリスマス www

 

 

・・・もし、この記事がおもしろいと思ったらツイッターのフォローお願いします。

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

⇒ 【PR】プロレスブログ運営すれば「月5万円」くらいならサクッと稼げるよ。

 

薮田博史・ビジネス論に関する記事はこちらから

 

【深読み】記事一覧はこちら

 

内藤哲也に関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。