起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

【深読み】あの温厚な後藤洋央紀がファンのツイートに対して噛みついてる・・・|新日本プロレス


スポンサーリンク

あの温厚な後藤洋央紀がファンのツイートに対して噛みついてる・・・

 

f:id:seki77:20171019181353p:plain

 

噛みついている記事はこちら・・・ 

 

あのヨシハシが帰ってくる!ってツイートしたら


あるユーザーからチャンスをモノにできないところが似てる(笑)ときた


まて まて まて

 

今までのチャンスをモノにしているからこのリングにあがっているのだ。

 

だいたい人の事を悪く言う奴にたいした奴はいない。

 

人の事を言う前に自分を見てごらん(笑)

 

だいたいそんな人間にたいした奴はいない。

 

俺はそんな人間にはなりたくないね


引用記事:後藤洋央紀アメブロ

 

スポンサーリンク
 

 

私なりの結論は・・・


素晴らしい・・・ですが、


心理を読み取ると「今の環境」がこの噛みつきという行動を犯しているようにも感じる。


今現在、後藤洋央紀の所属ユニットは「ケイオス」ですね?

 


近々のメンバーの活躍は・・・


オカダカズチカ:10月9日両国で、EVILとの「IWGPヘビー級タイトルマッチ」を行っている。また、2018年1月の東京ドームメインイベントに上がることが決まった。さらには、「G1クライマックス27」当たりから言動や行動が変化してきている。

 


石井智弘:10月9日両国で、内藤哲也と「東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦」を行った。また、内藤哲也との前哨戦では、コメント合戦を繰り広げた。

 


矢野通10月9日両国で、鈴木みのるから「NEVERベルト」を盗み、11月5日の大阪大会でタイトルマッチが組まれた。

 


YOSHI-HASHI9月26日:神戸でケニーオメガに次期チャレンジャーとして名乗りを上げ、現地時間10月15日にROHでタイトルマッチをやった。

 


ウィル・オスプレイ10月9日両国で、王者・KUSHIDAに勝利し、IWGPジュニアヘビー級を初戴冠した。そして、11月5日の大阪大会でバレットクラブ:マーティー・スカルと初防衛戦をする。

 


小松洋平田中翔ロッキー・ロメロ10月9日両国で小松洋平田中翔(YOH&SHO)が凱旋帰国。そして、IWGPジュニアタッグを戴冠。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

・・・どうですか?

 

後藤洋央紀以外・・・「今」輝いているでしょ?

 


この環境下にいる「今」の後藤洋央紀は、

何を思うのか?


きっと、自分だけ輝けていない・・・と感じるのが心理ではないか?


・・・イライラなのか?不甲斐なさからなのか?悔しい思いからなのか?・・・分かりませんが、1ファンのツイートに反応してしまった心理を問うのであればこれが正解だろう。


まぁ、でも、このブログ記事更新は価値ありますよ。だって、話題にはなりますからね。このまま突き抜けて現シリーズを戦ってもらいたい。


頑張れ!


では。

スポンサーリンク
 

 

⇒ 後藤洋央紀に関する記事一覧

 

⇒ CHAOS (ケイオス) に関する記事一覧

 

【深読み】記事一覧はこちら 

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓