薮田博史とビジネスとプロレス

薮田博史(H.N)起業家で新日本プロレスが好きです。主にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手から派生してビジネス目線で語ります。成功者はすべて「シンプル」物事を考えます。

後藤洋央紀、勝っても負けても地獄だな。|新日本プロレス


f:id:seki77:20181028073217p:plain

 

2018年10月28日:東京:後楽園ホール大会で、後藤洋央紀がタイチの持つ「NEVER 無差別級王座」にリマッチ宣言をした。

 

youtu.be

 

※タイチと後藤のマイクパフォーマンス見れるよ。

 

場所は、大阪。

 

2018年11月3日。

 

後藤「リング上で言った通り、次は俺が行かせてもらいますよ。オスプレイのケガは非常に残念だけどね。オスプレイでも何ら問題なく、アイツには勝てただろうけど、オスプレイの気持ちも背負って、彼の無念を晴らしたいと思います。アメリカではジェフ・コブの大会も控えてるし、アイツもいろいろとね、新しいベルトを獲ってるみたいだし、やっぱり俺もね、丸腰では釣り合いが取れないんで。しっかりタイチから取り返して、アメリカ、ジェフ・コブ戦に臨みたいと思います」


引用記事:新日本プロレス公式

 

 


後藤洋央紀は、「彼の無念を晴らしたい」と言ってはいるが、


正直・・・


勝っても負けても地獄


勝ったら・・・「タイチの方が面白かった」となるし、負ければ「2回連続で負けは厳しいよね」となる。


どちらにしても地獄決定ですね。


まぁ、まだ、タイトル戦は決まっていませんが、おそらく後藤洋央紀になるでしょう。


私的には、タイチ勝利を願うし、東京ドームの大舞台でタイチの姿を見てみたい。

 

スポンサーリンク
 

 

・・・何となく思い出すんですけど、

以下のときにタイチが言っていたんですよ。

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

TAKAみちのくに対して・・・


「オメーも東京ドームに上がれるかもしれないぜ」みたいな・・・


どんな前振りがあったかは「うろ覚え」でしかないけど、内藤哲也が東京ドームのメインに立ったことからこの話が膨らんでこのタイチの言葉に繋がったと思う。

 

あの時のタイチの表情や心理を【深読み】すると、東京ドームの大舞台でシングルマッチをすることは「夢物語」のように話していたのが印象的だった。


※以前、東京ドームに上がったかは知らない。


今回の後楽園でもミラノに対して「東京ドームで試合できるかもしれないよ」みたいなニュアンスで話していましたね。


タイチが次の挑戦者にミラノを指名した時のやり取り時。

 

どちらにせよ、「東京ドーム」というフレーズを出すタイチは、やはり上がりたいんだろうね、シングルマッチで。

 


だから・・・

上がらせてやりなよ。


シングルマッチで。

 


タイチの人気も上がっているし、今の新日本プロレスファンは、後藤洋央紀よりタイチの方に期待していると思うけどね。


で、

 


もし、タイチが上がったら・・・

何やらかすか分からないでしょ?

 

それがイイんだって。

 

ね?

 

でもね・・・、

1つだけ分かることがある。

 

タイチが東京ドームに上がることが決定したら。

 

 

 

それは・・・


「全力」で盛り上げること。

ツイッターを駆使し、全力で煽る。

 


これだけは、分かるんですよね。


今までのタイチの行動から考えれば・・・

 

puroresu.hatenablog.com

 

f:id:seki77:20180902151813j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

薮田博史に関する記事一覧はこちら

 

⇒ 後藤洋央紀に関する記事一覧はこちら

 

タイチに関する記事一覧はこちら

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに関する記事一覧はこちら

 

当ブログ「ツイッター」はこちら!

 

当ブログ「Facebookページ」はこちら!

 

全記事一覧はこちらから

 

【姉妹ブログ】新日本プロレスの最新ニュース・情報を当ブログ管理人の「独自の視点」を盛り込んでお伝えしてます。