読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業反逆者のプロレス論ブログ

プロレスの持つエンターテイメントにビジネス論を混合させた反逆者のブログ。当筆者は、起業家です。

後藤洋央紀のコスチューム「色褪せ」がひどすぎる件について・・・|新日本プロレス


スポンサーリンク

2016年のニュージャパンカップ「優勝者決定戦」がYouTube新日本プロレスワールドで「無料」公開されています。

 

youtu.be

 

対戦カードは・・・


後藤洋央紀 vs 内藤哲也


結果をあえて書かせて頂きますが、内藤哲也が勝利し2016.4.10 両国国技館オカダ・カズチカの持つ「IWGPヘビー級」への挑戦表明をした試合。

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

ただ、今回はこの試合について書きたいのではなくて、後藤洋央紀の「プロ意識の低さ」について書かせて頂きます。


2016.3.12 青森・新青森県総合運動公園マエダアリーナで行われた「ニュージャパンカップ2016 優勝者決定戦」。


この日、後藤洋央紀はケイオスに加入することを決めた日でもある。

 

f:id:seki77:20170314180110p:plain


後藤洋央紀にとって、ある意味「運命」をケイオスに託した日でもある。


それなのに、ケイオスに加入してもイマイチ「パッと」しない日々が続いている・・・


また、後藤洋央紀本人の口からは、「ケイオスに入って楽しいか?」と柴田勝頼から挑発されても「楽しい」との返答。

 

しかしですよ・・・


楽しさだけでは、お客様を満足させるプロレスなんて出来ないんだよ。

 

スポンサーリンク
 

 


2016.3.12 青森・新青森県総合運動公園マエダアリーナで行われた「ニュージャパンカップ2016 優勝者決定戦」が「無料」で公開されたことで、多くのプロレスファンが視聴するでしょう。


また、2017.3.12には、「プロレス総選挙」がテレビ朝日で放送されたことで、今の新日本プロレスを改めて見ようとする人も多いと思う。

 

sinota.hatenablog.jp

 


だから、あえて言わせてもらう・・・


後藤洋央紀・・・「ニュージャパンカップ2016 優勝者決定戦」から1年過ぎても、コスチュームを変更してないのかい?


ケイオスに所属して初めての試合、2016.3.19 愛知・愛知県体育館 の試合が新日本プロレスワールドで公開されている。


この日のコスチュームと1年後の「今」のコスチューム「色褪せ」がひどくないかい?

 

f:id:seki77:20170314175049p:plain

 

※左の画像が「2017.2.27」で右の画像が「2016.3.19」

 

【動画】2016年3月19日 愛知・愛知県体育館 オカダ・カズチカ&後藤洋央紀&石井智宏 VS 内藤哲也&BUSHI&EVIL

 

【動画】2017年2月27日 東京・後楽園ホール 【NEVER無差別級選手権試合】後藤洋央紀 VS パニッシャー・マルティネス

 


約1年間もコスチュームが同じって・・・マジで「プロ意識」に欠けていないかい?


ケイオスに所属して「楽しい」のは分かるが、プロレスはお客様の前で試合をするんだぜ。


また、新日本プロレスワールドで放送されている以上、世界配信されているんだぜ。


この「見られている」という元で、1年間コスチュームを変えないで「色褪せ」まで分からせてしまうのはどうかと思う。


せめて、色褪せがバレないようなコスチュームにするべきだと思うのだが・・・それが「プロ」だと思うのだが・・・


・・・私が、なぜ、このようなことを書くのか?それは、今現在の後藤洋央紀は「ベルト保持者」だからである。


つまり、誰よりも「輝いていないといけない存在」だからである。


巷の後藤洋央紀は、天然と言われているがコスチュームに関しては「天然」では済まされない。

 

これは、プロとして最低限のマナーでもある。

 

スポンサーリンク
 

 

後藤洋央紀に関する記事一覧

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

puroresu.hatenablog.com

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします 笑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓